『2017年7月』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

お盆参りで使えるワザ~供花~

福島正弘
福島正弘
滝野店の福島です。

いよいよ今日で7月も終わり、明日からは8月です。8月にはお盆があります。

私は京都にお墓があり、毎年お盆にはお墓参りに行きます。お線香やローソク、お供え・供花を持ち掃除道具を抱えてお墓に向かいます。
そんなお墓参りですが、今日は「供花」について書きたいと思います。

「供花」と言いましても地域やお家によって様々な種類があります。基本的には故人の好きだった花や、色を基準に選ばれれば良いのではないでしょうか?
せっかくのお供えなので、お花が長持ちする為にひと工夫してみましょう。

◯水切り
水を張ったバケツの中で茎を切ります。水中で茎を切ることで茎にある導管が空気にふれることが無く、水の吸い上げが良くなります。その際には、なるべくよく切れるハサミで切り口を斜めにしましょう。切り口がつぶれると導管がふさがり吸い上げが悪くなります。

◯お水
お水には少量の塩素系漂白剤とお砂糖を入れると良いです。漂白剤には水中の雑菌繁殖を抑える効果があり、お砂糖には養分を補う働きがあります。

私たちも連日の暑さでまいってしまいます、少しの工夫で綺麗なお花を長持ちさせてあげましょう。   




2017年7月31日 08:00

お墓を建てるときのポイント~あせらないで~

中村 淳
中村 淳
滝野店の中村です。

先日、私がご契約頂いたお客様の開眼式をさせて頂きました。
やはり自分のお客様の開眼式は、ご供養のお手伝いが出来た事の喜びで格別です。
また参列された方々の「よい墓が出来たなあ」というお言葉は、自分のことのように嬉しかったです。

私事で恐縮ですが、父が6年前に他界し墓石を建立しました。
残念ながら、その時は森田石材店を知らずに他の石屋さんでつくりました。
今から思えば「とにかく早くお墓を建てなければ」という思いが強すぎ、少々焦り過ぎたと思っています。

弊社に入社して、弊社の施工したお墓を見れば見るほど「ああすれば良かった、こうすれば良かった」と後悔しております。
それと同時にもう少し業者の方にはアドバイスして欲しかったなとも思いました。

例えば墓石の形について。
ひとくちに和風の墓石と言っても、兵庫県に多い神戸型、大阪に多い大阪型、京都に多い京都型など様々です。
我が家は新宅で、父の実家も他府県にあるので形はあまり関係ないと言えば関係ないのですが、そのような説明は一切ありませんでした。

その他、線香立てや水鉢などの細部においても特に話はなく、石の種類についても説明がありませんでした。
私の勉強不足と言えばそれまでですが、大半の方は当時の私のように墓石に特別な知識もなく、説明がなければ恐らく一生知らないままだと思います。

また建てた後のアフターフォローも無く、「建てたら終わり」といった感じが拭えません。

弊社では「建ててからが本当のおつきあい」です。お墓の保証は10年。保証期間内であれば、ご希望により無料点検も実施しております。
その他お墓を建ててからもずっとお客様のお役に立てるように、ご縁のあったお客様には機関紙「石の上にも三年」をお送りしております。

お墓は本当に一軒一軒違います。そのお家の歴史や想いがよくわかります。判で押したような対応でなく、それぞれのお客様の想いに寄り添ったご提案が出来ればと、自らの体験、また先輩方の仕事を見て痛切に思う今日この頃です。
2017年7月30日 08:00

大川瀬中野霊園に手桶

眞下 尚利
眞下 尚利
篠山店の眞下(ましも)です。

先日、入口の看板を設置しました(その時のブログはこちら)大川瀬中野霊園で物置小屋が新設されました。
P1350165.JPG

そこで、当社からその記念に手桶をプレゼントさせていただきました。

せっかくプレゼントするならと「大川瀬中野霊園」のロゴを入れました。
お墓参りにお越しのお客様が、この手桶でお盆のお墓参りしてもらえたらうれしいなと思います。
P1350168.JPG

P1350169.JPG

P1350167.JPG
墓地委員長の福井様と私(眞下)で記念写真をパチリ

この墓地では、私が2家族に墓地のご紹介をし、墓石の建立もさせていただきました。
他に、もう一軒も先日、墓地からご紹介させてもらい、10月工事予定です。

大川瀬中野霊園の区画付の墓地は残り1区画になりました。三田市で墓地をお探しの方は一度ご見学下さい。
詳しくはこちらをご覧ください。

P1350173.JPG

2017年7月29日 08:00

表札の大入れ加工

中道 祥貴
中道 祥貴
本店の中道です。

先日、松の木が門柱につかえて門柱をカットした現場で、今度は その門柱に看板を取り付けました。看板といっても ある宗派の教会名の表札です。

もともと門柱には木の表札が掛けてありましたが、字が消えかけで 本体も老朽化していたため、今回、石の表札にかえてほしいとの事です。

下の写真、上の方のフックに表札が掛けてありました。↓↓↓

7.28 表札 1.JPG

既存の門柱はノミ切り仕上げになっていて、接着面が凹凸でそのままボンドで接着したのでは不安定な為、大入れ加工で表札をはめ込みます。

7.28 表札 2.JPG

門柱の表面をダイヤモンドカッターで表札のやや大きめの切り込みを入れます。
そして一定の深さになったら、キレイに底を均します。

7.28 表札 3.JPG

次にボンドで接着します。
今回使用するボンドはエポキシ系接着剤という大変強力なボンドです。2つの溶剤を混合すると硬化を始めます。どれぐらい強力かというと、おそらく固まると石を割らない限り外れないぐらいです。

7.28 表札 4.JPG
最後に石のプレートをはめ込みました。
あの松の木もなくなり、見違えるようになりました。
2017年7月28日 08:00

生まれかわるお墓 ~2~

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店 髙梨です。

前回の「生まれかわるお墓」では、第一工程の切削(せっさく:石を切ったり削ったりすること)までご紹介しました。
本日はその後の工程をご紹介します。

まずは第二工程の研磨加工です。
009.JPG
弊社には自動研磨機があります。四角いものや平らな面はこの機械を使うと、とても仕上がりがキレイになります。
ということで自動研磨機による作業です。
切削面(切ったままの状態)に対して、目の粗い砥石から順番に細かい砥石までかけ、最後の仕上げのバフまで合計8種類の砥石で仕上げてくれます。

012.JPG
ご覧の通りのピカピカの仕上がりです(とりあえず天場一面のみ仕上げています)。

この工程を各面も同じ様に繰り返し行います。
R面や小さな面はもちろん手磨きになります。

最後に色入れをして完成です。

KIMG1656.JPG
そして新区画に組まれた外柵の据付しました。
生まれかわる前は従来の工法で据付けられていましたが、今回は弊社標準の免震施工も施しました。
これでリフォーム工事完成。

末代までしっかりご供養していただけます。
2017年7月27日 08:00
1  2  3  4  5  6  7

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~19時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方