新しいお墓参りの形

2021年05月12日 08:00

義積 由香里
義積 由香里

本店の義積です。

5月になり、田んぼに水が入り、田んぼに映りこむ風景が昼も夕方も楽しませくれる季節となりました。私の好きな季節がやってきました。

 

さて、先日ネットを見ていますと「宅墓」という文字を見つけました。宅墓は「たくぼ」と言われ自宅用の小さな「墓石」がでご自宅に小さな墓を置きお参りできるという内容でした。日常生活の中で、大きな負担なく身近に故人をしのぶ。そんな新しい供養が広がっているというような内容でした。

 

お墓でなくても、お骨壷に入ったご遺骨を納骨をせずにご自宅に置かれている方もいらっしゃいます。

家に置いて置いたままでも良いの?と驚かれるかたもいらっしゃいますが、そもそも納骨の時期に期限はありません。

よって納骨をせずに自宅に遺骨を半永久的に保管しておいても法律には違反しません(自宅の敷地内に遺骨を埋葬することは禁止されております)。

 

納骨をされない理由のひとつに、まだ気持ちの整理が付かないがあります。骨壷自体を置かれる方や、手元供養と呼ばれる器にお骨や遺品を入れられる方など様々です。

手元供養の商品は、たくさんの商品が販売されています。

 

コロナ禍で遠方のお墓参りを控える方もいらっしゃいますので、これからの時代はこのような形も増えて来るのかもしれません。

【カテゴリ】

お墓の敷石の仕上げって何がいいの?

2021年05月11日 08:00

森田 茂樹
森田 茂樹

代表の森田です。

人が歩く所は、石の仕上げは屋内であれば「本磨き」、屋外であれば「Jバーナー仕上げ」が基本とされています。屋外は雨などの時、滑りやすいので「ザラザラの仕上げ」滑らない加工が使われます。

当然、お墓も屋外なので「滑らない加工(ザラザラした仕上げ)」、Jバーナー仕上げを提案しているのですが、ザラザラしているので汚れが付着しやすく、またこの汚れを落とすのに苦労します。

お客様からも「汚れを取る方法教えて・・・」と言う問い合わせもあります。一番取りやすい方法は「高圧洗浄機で洗う」または「サンポールなど」で洗うことです。

最近はお墓のリフォームやメンテナンスをお請けすることが多いのですが、お客様から「磨いた石に変更してほしい」という要望もあります。

よくよく考えてみたら、雨降りにお墓参りは行かないな?何回お墓参りに行くかな?「お彼岸2回、お盆、お正月」としたら4回。平均こんな感じですね。そうすると掃除のしやすい「本磨き仕上げ」の方が良いな。と思ってきました。

実は私のお墓も昨年リフォームしましたが、敷石も「本磨き」にしました。

今後お墓のリフォームをお考えの際は、メンテナンス(お掃除)のことも考えながら進めてください。

【カテゴリ】

便利な仏具~線香差し~

2021年05月10日 08:00

山崎 倫子
山崎 倫子

本店 山崎です。

線香差しとは、その名の通り、線香を差して置いておくものです。なくても問題はないのですが、毎日の供養の時、お仏壇に箱のままの線香を置いておくよりは、見た目もすっきりとして綺麗です。また、箱をあけて取り出すより、サッと取ることができ、所作も美しくなりますし、来客時にも、すぐ手にとってお供えして頂けます。箱の中だと、あとどれくらい線香が残っているかは確認しないとわかりませんが、線香差しに立てておくと一目でわかります。
線香差しには、どのように選ぶのかといったルール、また宗派で違うという事もありません。ですから、お仏壇に合わせて選んで問題ありません。
線香差し1.JPG
本店にはこのような、線香差しを置いています。落ち着いた色合いで、どんな仏壇にでも合うと思います。
線香差し2.JPG
このように柄がついたものもあります。
他にも今は、モダン仏壇などに合わせることができるオシャレな物もあります。色も豊富です。お仏壇の色や材質、予算に合わせてお選びください。

【カテゴリ】

ファイバーレジン施工⑨~竹の根が・・・~

2021年05月07日 08:00

中村 淳
中村 淳

滝野店の中村です。

本日はファイバーレジン施工のご紹介です。

過去の施工はこちらです。
今回のお客様のご依頼は「山の中の墓地」の防草対策でした。
墓地をご案内頂くと辺りは竹藪でした。
ご案内頂いた時は対処された後だったのでわかりませんでしたが、区画内から度々竹が出現して、酷い時には墓石を傾けさせてしまうとの事でした。
草だけでなく笹の葉もたくさん落ちてきてお墓の管理が重労働になり、将来的に不安との事で今回ご相談いただきました。
ファイバーレジンは防草対策や、落ち葉の掃除は確かに大変楽になります。
しかし残念ながら、竹や笹の根には太刀打ちできません。
30mm程の板石なら割って出てきている例もありました。
竹や笹の根の対処法としては
①基礎をベタ基礎に打ち直す
②ベースを深く打つ(300mm以上)
のが一般的です。
ということで、現状のお墓を全て解体して基礎から打ち直す事になりました。
施主様の区画の前には土葬の後に建てられていたので陥没ありましたので、やはりベースの打ち直しは必要でした。
他にも気になったのがお墓の本数です。
現在10本もあるので、掃除と花の管理も大変との事でした。
聞くところによると施主様のお家は墓地の中でも2番目に古いお家だそうです。
歴史のあるお家なので既存の墓石を全て撤去処分というのも忍びないので、何件かのお家がしているように既存墓石は竿石(戒名が彫刻してある部分)のみ残して、五輪塔でお祀りすることをご提案しました。
五輪塔もせっかくなので今ある夫婦墓をリメイクして使う事をオススメしました。
また24㎡の区画は一人で管理するには大変との事で、延石をカットして6㎡の区画にリメイクしました。
完成がこちらです。
五輪塔の竿石から上の部材と既存墓石を並べる板石以外はすべて元からあるものを使用しております。
ビフォーアフターを比べるとこのようになります。
施主様からは管理が楽になったと大変喜んでいただきました。
ご住職からはまとめ方が理想的ですねと大変お褒めいただきました。

【カテゴリ】

1 2 3 407

お墓の展示場

見学会 613日(土)~21日(日) 919日(土)~27日(日) 1114日(土)~23日(月祝) 2021年116日(土)~24日(日) 320日(土)~28日(日) 612日(土)~20日(日)

山南本店
山南本店久下小学校近く
滝野店
滝野店JR加古川線滝駅すぐ前
たんば篠山店
たんば篠山店丹南篠山IC近く