森田石材店ブログ - 石のお話 -

石の紹介「吉林白~JJホワイト~」

2019年10月24日 08:00

アバター
森田 浩介
仕入れ担当の森田です。
本日紹介する石はコチラ↓↓↓
JJホワイト.JPG
吉林白(JJホワイト)という石です。
【物性データ】
産地:中国吉林省
吸水率:0.231%
圧縮強度:109.0N/m㎡
見掛比重:2.61t/㎡
(株式会社オクノ調べ)
JJホワイトという呼び名は最近らしく、以前から吉林白と呼ばれていた石です。
この石、かれこれ7~8年前からあったのではと思います。白系の花崗岩としては見た目も品質もとてもいいです。しかし価格もそれなりだったため、いまいちブレイクしていませんでした。
それがG623やG603、G633等の福建省を代表する白系の石の在庫が乏しくなってきて価格は徐々に上昇しています。また品質も不安を感じるようになってきました。
というのは、石は在庫が豊富な時はいい材料から使います。ロスが少ないので生産効率も上がるからです。それが在庫が品薄になってくると品質にも影響が出てくるというわけです。
そんなことで、今、注目されているのがこの吉林白なのです。注目されますとこれが好循環に回ります。需要が増えますので工場もたくさん作ることができ、結果的に価格も下がってきて、ようやく使えるレベルになってきました。
丁場も大きく、最大4mの加工も可能です。大きな外柵で一本物で作りたい方におすすめです。

【カテゴリ】

高麗型朝鮮灯籠

2019年06月07日 08:00

森田 茂樹
森田 茂樹
代表の森田です。
高麗型朝鮮燈籠.jpg
この灯籠は大阪の旧家の庭にあったものですが、家を取り壊されるために弊社で引き取らせていただきました。
高麗型朝鮮灯籠はあまり見かけない形ですが、元来石灯籠は朝鮮半島から伝わったものなので、石灯籠の元祖とも言えます。
この形は、王朝時代の王様の墓地の灯りとして使われていますが、京都の有名寺院の庭にもあると聞いています。
作品としては戦後の昭和20年代、愛知県岡崎市の白石といわれる石で、岡崎の職人さんがすべて手作りされたものです。汚れや錆びた感じが侘び寂びを引き出しています。
新しい嫁入り先が見つかりましたので、新たな庭を何十年、何百年と引き立ててほしいと思います。

【カテゴリ】

平成~令和のGW♪

2019年04月27日 08:00

アバター
滝野店事務スタッフ

こんにちは♪

滝野店スタッフです。
いよいよ今日からゴールデンウィークですね(^^)
10連休の方も多いのではないでしょうか?
連休に帰省して、お墓参りをしてご先祖さまに元気な姿を見せてから、ご実家でゆっくり英気を養ったり、旅行に出掛けて産地を堪能したり・・・
南無妙法蓮華経の碑修正.jpg
私も一足先にお休みを堪能してきました♪
南無妙法蓮華経の碑2修正.jpg
登別地獄谷より
“題目石”
明治4年(1871年)、伊達市妙栄寺を開いた僧・日進上人が、お台を墨で書き上げた自然石。
昔は水をかけると「南無妙法蓮華経」の文字が浮かび上がったそうです。
※写真看板に明記あり
記念碑修正.jpg
皆様それぞれの時間を楽しめるといいですね(*^-^*)
お墓参りをされて気になる事があったり、足らないものがございましたらいつでもお立寄りくださいませ。
ゴールデンウィーク中も営業しております!

【カテゴリ】

万成石の自然石

2019年03月31日 08:00

森田 茂樹
森田 茂樹
代表の森田です。

万成石は岡山県産のピンク色の(桜みかげ石)として墓石にもよく使われていますが、今回は自然石を探しに行きました。

万成丁場3.jpg
たくさんの自然石が積み重なっています。「気になる石があれば出しますよ」っと言われ石を探していると巨大なバックホーが登場しました。
大きなハサミが付いていて・・・何と12トンまで掴むらしいです。巨大な石をあっという間に除けていただき、気になる石を2~3個出してもらいました。
万成丁場4.jpg
この石が第一候補です。約3トンの重さです。お客様に気に入ってもらえたら購入します。

【カテゴリ】

1 2 3 15

お墓の展示場

見学会 118日(土)~26日(日)

山南本店
山南本店久下小学校近く
滝野店
滝野店JR加古川線滝駅すぐ前
たんば篠山店
たんば篠山店丹南篠山IC近く