森田石材店ブログ - 石のお話 -

石の紹介「カラハリ」

2020年03月23日 08:00

アバター
森田 浩介

仕入れ担当の森田です。

本日紹介する石はコチラ↓↓↓

カラハリサンプル

カラハリという石です。

 

どんな石?

原産はインドで古くから原石で日本に入っていました。上の写真をご覧になると一目瞭然ですが、色も深く少し青みがあり、とても目が細い良質な石です。
写真は幅15X高10cmにしていただくと実際の大きさになります。

 

物性データのご紹介

産地:インド(タミルナドゥ州)
吸水率:0.142%
圧縮強度:118.42N/m㎡
見掛比重:2.66t/㎡
(日本石材産業協会発行の「墓石用石材規格カタログ」より)

 

細目の石のいいところ

まず見た目に上品できれいです(個人的な主観ですが)。特に加工した部分はとてもシャープな仕上がりになります。

もちろん文字を彫ってもくっきりと仕上がります。文字の底も滑らかに仕上がるので垢抜けたイメージになります。

 

いつも使っていた石がなくなった

当社では細目の石はポルトガルのSPIという石を長年使用してきました。墓石から外柵までとても活躍してくれました。しかし数年前から原石がもう入らなくなってきたと聞いておりました。そんなことから、細目のいい石をいろいろと試した結果、このカラハリに落ち着いたということなのです。

左がSPI、右がカラハリです。

 

これでお墓を建てるのが楽しみです。

このあたりでは、元々大島石が基準の地域ですから、中目の青みのある石が人気があります。しかし庵治石は細目でも人気があります。ということは細目に高いという印象があるのかもしれません。まあ安い石では決してありませんが、まったく手が届かないというレベルの石でもありません。そんな意味ではいい石ですね。

すでに数件のお客様のお墓をこの石でさせていただきましたが、とてもキレイです。また展示品でも置いておりますので、ぜひ現物を見てやってください。

【カテゴリ】

手水舎の紹介

2020年02月20日 08:00

森田 茂樹
森田 茂樹

代表の森田です。

私は仕事柄、神社仏閣に出向くことが多く、その都度写真もたくさん撮っています。写真と言っても「石畳」や「石階段」「手水舎」などもっぱら石ばかりです。

その中でも特に好きなのが「手水舎」です。

こちらは長谷寺の手水舎です。長方形のシンプルな形で手水舎の中では一番多い形だとと思います。水が足元に掛からないように衝立がついています。

こちらは紀三井寺の手水舎です。蓮の形で作られていて、四方どこからでもお清めが出来るようになっています。この写真のものは石造りですが、粉河寺の手水舎は鋳物でつくられていました。

こちらは四国のあるお寺の戦没者慰霊塔に作られていた手水舎です。手水舎というよりは水鉢のようですね。

私の推測では、もともとは水鉢ではなくて、この上に観音様のような仏像が建っていたか?ご寺院様のお墓(さつまいもの様な形)が建っていたか?その蓮華台部分の中を削り取って水鉢にしたのではないかと思いました。
この様な慰霊碑とか小宮さんとかこんな水鉢も似合うと思います。

お正月前にお清めの作法をテレビでやっていましたのでご紹介します。

左手→右手→左手で口を清めて→左手→尺の柄

この様な手順で清めてください。

【カテゴリ】

圓教寺の五輪塔

2020年01月27日 08:00

義積 由香里
義積 由香里

本店の義積です。

先日姫路市書写山の圓教寺にお参りに行きました。

書写山は西国三十三所の札所で、山の上にある大きなお寺です。大講堂の東南の隅に土塀で囲まれた姫路城城主本多家の墓所がありました。お墓は、全て五輪塔です。

その全てに家のような囲い(廟屋というそうです。)があり、江戸初期から中期にわたる廟屋の建築として県下でも例のない珍しいものだそうです。柵があり近くに寄れなかったのですが、遠目に見ても立派な五輪塔でした。

私は、この会社に入り初めて五輪塔を知りました。丸や三角など合わさった形に、不思議なお墓だと思いました。多くの方がイメージする和墓は江戸時代中期から広がったもので、それ以前の鎌倉時代、室町時代は五輪塔が大半を占めていたそうです。

五輪塔を広めたといわれているのは真言宗の中興の祖「覚鑁(かくばん)上人」といわれています。高野山を拠点として全国活動をした高野聖でしたが、当時は木製で建てた五輪塔が全国普及のきっかけになりました。「五輪塔を建立し供養を行うと故人が成仏し、往生できる。」という教えを説いたと言われます。

どの時代でも、どのような形でも亡くなった方が成仏を願う気持ちは変わらないですね。

書写山のふもとには早咲きの菜の花畑がひろがっていました。少し早い春の風景に出会えました(*´ω`*)

📷義積

【カテゴリ】

石の紹介「吉林白~JJホワイト~」

2019年10月24日 08:00

アバター
森田 浩介
仕入れ担当の森田です。
本日紹介する石はコチラ↓↓↓
JJホワイト.JPG
吉林白(JJホワイト)という石です。
【物性データ】
産地:中国吉林省
吸水率:0.231%
圧縮強度:109.0N/m㎡
見掛比重:2.61t/㎡
(株式会社オクノ調べ)
JJホワイトという呼び名は最近らしく、以前から吉林白と呼ばれていた石です。
この石、かれこれ7~8年前からあったのではと思います。白系の花崗岩としては見た目も品質もとてもいいです。しかし価格もそれなりだったため、いまいちブレイクしていませんでした。
それがG623やG603、G633等の福建省を代表する白系の石の在庫が乏しくなってきて価格は徐々に上昇しています。また品質も不安を感じるようになってきました。
というのは、石は在庫が豊富な時はいい材料から使います。ロスが少ないので生産効率も上がるからです。それが在庫が品薄になってくると品質にも影響が出てくるというわけです。
そんなことで、今、注目されているのがこの吉林白なのです。注目されますとこれが好循環に回ります。需要が増えますので工場もたくさん作ることができ、結果的に価格も下がってきて、ようやく使えるレベルになってきました。
丁場も大きく、最大4mの加工も可能です。大きな外柵で一本物で作りたい方におすすめです。

【カテゴリ】

1 2 3 16

お墓の展示場

見学会 320日(金)~29日(日) 613日(土)~21日(日)

山南本店
山南本店久下小学校近く
滝野店
滝野店JR加古川線滝駅すぐ前
たんば篠山店
たんば篠山店丹南篠山IC近く