森田石材店ブログ - お墓のQ&A -

蓋がない理由

2021年10月22日 08:00

髙梨 剛
髙梨 剛

本店の髙梨です。

昔、こんなこと聞かれたことはありませんか?

「お茶入れるときは縁起悪いから急須の蓋はちゃんとしなさい!」

この理由を、この仕事に就いてから知りました。

 

お墓参りしたときに水汲み場に手桶と共に、よく「やかん」を見かけませんか?

しかも蓋がないやかんばかりを。

これはお墓(仏様、故人様)には浄い水をお供えしないといけないという仏教の考え方で、仏教における浄い水とは「天から授かる水」、つまり雨水のことです。

この水をお墓にお供えするということが根本になっていて、蓋のない器を置き、それに雨水を溜めていたようです。

それがお通夜の夜や葬儀時には通例のようになり「蓋のない急須でお茶を注ぐのは縁起悪い」となったようです(諸説あります)。

その他に「逆手でお茶を酌んではならない」はお墓への供え水は逆手で。という(葬儀時も同じ)仏教の考えからのようです。

【カテゴリ】

墓じまいは親の仕事?

2021年10月19日 08:00

森田 浩介
森田 浩介

仕入れ担当の森田です。

 

先日、ちょっとした食事の席でとある先輩から、

「もう年やから、そろそろ息子らのためにも墓じまいしといたらなあかんなあ」

とお聞きました。

事情をお伺いすると、息子さんは東京にお住まいで、もうこっちに帰ってくることもないとのこと(息子さんに確認したわけではないそうです)。

このままお墓を建てたままにしていたら、息子が迷惑すると言われるのです。

いつものように

「それって息子さんにはお話されたのですか?」

と質問すると、いつもどおり

「いや、本人にはしてない。」

「それなら息子さんに聞いてからでもいいんじゃないんですか。」

という話になりました。

 

やっぱり親心と言いますか、お墓を片付けるのもお金がかかるのでということなのでしょう。

「それはご主人が考えることではありません。息子さんを信用して全部任せてはどうですか」

とお答えしました。

 

この場合も、息子さんの年齢は50代でした。

親が亡くなった後のことをするのは子の大事な仕事です。

面倒でもその経験が通過儀礼になります。

くれぐれも、大切な機会をなくさないようにしてください。

【カテゴリ】

地蔵盆って何ですか?

2021年08月24日 08:00

森田 浩介
森田 浩介

仕入れ担当の森田です。

お盆も過ぎ、朝夕も少し過ごしやすくなってまいりました。

今年も盆踊りや夏祭りなどお祭りというお祭りがなくなってしまい寂しい限りです。

そんな夏のお祭りの中でも、夏休みの終わりの方にあった地蔵盆は、子供の頃から大好きでした。

 

地蔵盆って何ですか?

そのルーツは平安時代にさかのぼります。

地蔵信仰が盛んになり、庶民の間で広まったお祭りなのだそうです。

平安時代以降に庶民の間では阿弥陀信仰が広まりました。

なぜ阿弥陀信仰が広まったのかいうと臨終に南無阿弥陀仏を唱えると極楽浄土へ行けるとされたからです。

これで死後もいいところへ行けることになったのです。

しかしそれを知らない子供は臨終に唱えることができません。

唱えられなければ、三途の川のほとりにある賽(さい)の河原で石を積んで石塔をつくっています。

そこにお迎えに来て極楽浄土へ導いてくれるのがお地蔵様(地蔵菩薩)なのです。

これが地蔵信仰となります。

 

地蔵盆は京都が発祥で主に近畿地方のみの行事です。

お地蔵様だけに、主役は子供という地域が多く、お地蔵さん巡りをしてお菓子をもらう(お接待)地域もあるそうです。

 

子供の供養にお地蔵様を建てられるのも、地蔵菩薩に導いていただくためなんですね。

【カテゴリ】

Q.離婚して違う姓なのですが、実家のお墓に入れますか?

2021年06月03日 08:00

森田 浩介
森田 浩介

仕入れ担当の森田です。

今回は久しぶりのQ&Aです。

そのご質問は、

 

Q.離婚して違う姓なのですが、実家のお墓に入れますか?

 

A.入れます。但し、いくつか条件はあります。

 

ご相談者は10年前に離婚をされていて姓はそのまま。

違う苗字だと実家のお墓には入れないの?というご相談でした。

 

実家のお墓は兄ご夫妻が継承されているとのこと。

兄夫妻の了解を得られれば、そのお墓に入ることは可能です。

墓誌に名前も刻めますとお答えしました。

 

Q.じゃあ息子夫婦も将来はそのお墓に入れますか?

と想定外の質問。

「ええ~」(私の心の声)

この場合は話は全く別になります。

 

話を整理します。

お子さんがおられない場合は、このまま実家のお墓で問題ありません。

お子さんが娘さんばかりで、すでに嫁いでおられる場合も、実家のお墓を使うことは問題ないでしょう。

③息子さんがおられる場合は息子さんが親のお墓を建てることが自然です。

ですから始めの話とは違ってきます。

この場合は息子さんがお母さんのお墓を建ててあげてください。

 

さらに息子夫妻がこのお墓に入ることは基本NGです。

ここは完全に別世帯になります。

 

実の兄さんが了解してくれそうとおっしゃるのは分かりますが、兄の奥さんは気持ちよく了解してくれるでしょうか。

おそらく「息子が親の面倒をみるべきでは」と思われることでしょう。

次に兄夫婦が仮に了解をされたとします。

では次の世代になるとどうでしょう。

従兄弟(いとこ)夫婦が自分のお墓を使うという複雑な関係になります。

 

さらに次の世代になれば・・・、全くの他人と使っている様な事になりかねません。

 

お墓は何代にも渡って長く使うものですから、ほんの少しのことでも将来のトラブルの種になってしまうことがあります。

通常と違うことをする場合は慎重にしてください。

【カテゴリ】

1 2 3 16

お墓の展示場

見学会 918日(土)~26日(日) 1113日(土)~21日(日) 115日(土)~23日(日) 319日(土)~27日(日) 611日(土)~19日(日)

山南本店
山南本店久下小学校近く
滝野店
滝野店JR加古川線滝駅すぐ前
たんば篠山店
たんば篠山店丹南篠山IC近く