森田石材店ブログ - お客様とお墓づくり -

土葬墓地に代々墓~「埋め墓」と「参り墓」

2020年09月18日 08:00

眞下 尚利
眞下 尚利

たんば篠山店・滝野店の真下(ましも)です。

今回は、土葬墓地に代々墓を建てさせていただきました。

 

こちらの地区は、火葬になった現在でも、もともと土葬されている所に納骨されています。こちらを一般的に「埋め墓」と言う事が多いです。

一方、お参りしやすい場所に納骨しないお墓が別にあります。こちらは一般的に「参り墓・詣り墓(まいりはか)」と言う事が多く、この地区では「無所」と言うそうです。

このような、お墓の事を「両墓制」と言います。

 

「埋め墓」の施工前です。

 

左にあるお地蔵様です。こちらのお地蔵様を「参り墓」に移動します。

 

火葬のお骨と土を取らせていただき、納めました。

 

皆様が今後入っていただく、お墓ができました。

 

こちらが「参り墓」です。

 

「参り墓」のお手伝いは、霊標の彫刻、洗浄、色入れ、石の隙間の目地入れ、灯籠のグラつき直し、そしてお地蔵様の移設です。

 

 

キレイになりました。

 

目地を入れました。

 

お地蔵様を移設しました。洗浄しましたので、とてもキレイになったと思います。

【カテゴリ】

お客様と鍬入れ

2020年09月10日 08:00

吉田 正和
吉田 正和

滝野店の吉田です。

先日、新規墓石を建立するにあたり「墓地のお清めと鍬入れ」をお母様と2人の息子様との3人でさせていただきました。

この墓地は、お墓が建っていたわけではないのですが、返還墓地でしたので良い日を選び「お清めと鍬入れ」をすることにしました。

まず、お塩とお酒で墓地を清めます。

そして、次は工事のかかり初めとして皆様に「鍬入れ」をしていただきました。

お彼岸前に工事も完了し、彼岸明け早々に開眼・納骨式の運びとなっております。良いお手伝いが出来ればと思っております。

【カテゴリ】

草がすごい

2020年09月07日 08:00

上山 典之
上山 典之

こんにちは、篠山店の上山です。

先月に完成したお墓づくりです。

お客様からのご希望は「草の対策とお参りしやすいお墓を、でも周りとの兼ね合いもあるので、出来る限り現状の部材を使ってほしい」でした。

数十年前に造成された墓地ですが、確かに草がすごい、ススキ?シバ?茅(かや)?に周りから攻められています。

区画内の真砂土には長年の草たちの根がはびこり放題です。

ベタ基礎は必須です、少しの隙間でも突き抜けてきそうな草たちです。

拝み場は石張り、墓所はファイバーレジン施工

周りにお墓が建ち始めると、だいぶ雰囲気が変ってくると思うのですが…

頑張って営業していく必要がありますね。

【カテゴリ】

1700年前から使われている石の納骨堂

2020年09月01日 08:00

中村 淳
中村 淳

滝野店の中村です。

 

今回お世話になったお客様は夫婦墓を建立されました。

当初国産石材での墓石建立を検討されていましたが、ご予算の都合上かないませんでした。

 

しかし、

 

「墓石本体は外国産でも、直接ご遺骨を収める部分の納骨堂(カロート)を国産にされてはいかがでしょうか?」

という私の提案に賛同いただき、納骨堂を国産石材に致しました。

 

納骨堂に採用した石は「竜山石」という石です。

 

竜山石は地元兵庫県の高砂市(宝殿)で採掘される石です。

 

この石、実は1700年前から石の棺として使われている日本で最も歴史のある石です。

古墳時代には権力者の石の棺のほとんどにこの石が使われた為、「大王の石」とも呼ばれています。

私の住んでいる丹波篠山市の雲部車塚古墳の石棺もこの竜山石が使われています。

 

竜山石の特徴は、均質で粘りがあり、細かい加工が可能です。耐火性に富み、風化しにくい石です。

石色も青色・黄色・赤色(希少)の3色があり、水磨きをする事でやさしい肌ざわりを得ることができます。

今回制作した竜山石の納骨堂(カロート)がこちらです。

温かみのある黄色を採用しました。

納骨堂(カロート)は地中にある為、見た目では全く分からないですが、是非こだわって欲しいところです。

1 2 3 62

お墓の展示場

見学会 613日(土)~21日(日) 919日(土)~27日(日) 1114日(土)~23日(月祝) 2021年116日(土)~24日(日) 320日(土)~28日(日) 612日(土)~20日(日)

山南本店
山南本店久下小学校近く
滝野店
滝野店JR加古川線滝駅すぐ前
たんば篠山店
たんば篠山店丹南篠山IC近く