森田石材店ブログ - 石工のひとりごと -

自然石の文字彫刻

2019年12月11日 08:00

森田 茂樹
森田 茂樹
自然石彫刻1.jpg
代表の森田です。この自然石は何に見えるでしょうか?
涅槃像のイメージの石です。
右側が頭と思って見てもらうとなんとなくイメージがつくと思いますが、お寺の庭に設置致します。
真ん中に◎が彫ってあるのが、禅における書画のひとつで一筆で描いた「円相」(一円相)とも言われます。悟りや真理、仏性、宇宙全体などを円形で象徴を表現したものとされるが、その解釈は見る人に任せる・・・と言われています。
禅宗(臨済宗・曹洞宗など)のお墓や位牌の頭の部分にも彫られています。
今回は円相の部分をサンドブラストで彫った跡をさらに綺麗に仕上げるために手加工を加えました。
自然石彫刻2.jpg
自然石彫刻3.jpg
コンプレッサー蚤で細かく突っつく様に加工します。
自然石彫刻4.jpg
近々設置しますので、据付の風景や完成を紹介したいと思います。

【カテゴリ】

箱庭づくり

2019年11月24日 08:00

森田 茂樹
森田 茂樹

代表の森田です。

before .jpg
この写真は、本社の玄関なのですが、昨年リフォームをしてから何も手をつけていなく適当に植木や石の置物を置いていただけでずっと気になっていました。
天気も良くて日曜日に一人でコツコツと箱庭を作りました。
箱庭作業1.jpg
適当な栗石と大きな石を持ってきてコンクリートでガタツキが無いように据え付け
箱庭作業2.jpg
石と石の間にコンクリートを詰めて刷毛でチョンチョンと叩くようにしながら石より少し低めで仕上げます。
IMG_0041.JPG
完成です。最初に「雪見灯籠」を活かしたいなと思って、台石探しをしてこの様なイメージで作りました。作業時間は約6時間ほどです。

【カテゴリ】

リスを使った記念碑

2019年10月21日 08:00

森田 茂樹
森田 茂樹

代表の森田です。

先日、久しぶりに記念碑のご依頼をいただきました。ご依頼をいただいた会社は、10年前にも50周年事業で記念碑をお世話になりました。
さて、今回はどんな形にしようか?コンセプトは何か?と現在、試行錯誤しております。
メインは「リス」の石彫りを置く形で決まったのですが、イメージは「リスがくるみを食べている感じ・・・」。
くるみ作成1.jpg
加工作業開始。
そんなに難しくないなと思ったのですが・・・
くるみ作成2.jpg
いざ、作り始めると・・・なかなか、くるみに見えません。
実物ばかり見ながら作っても上手く作れないので、イラストをインターネットで探して、それも参考にして作りました。
くるみ作成3.jpg
完成です。
くるみを食べているように見えるでしょうか?
単純な形の物ほど難しいということが良くわかりました。
書道でも画数の多い文字はそれなりに形になりますが、画数の少ない文字はカッコよく書くのが難しいものです。どんな仕事も同じですね。

【カテゴリ】

武田双雲書の記念碑

2019年07月28日 08:00

森田 茂樹
森田 茂樹

代表の森田です。

久しぶりにお電話をいただき、神戸のT会社に訪問しました。

早いもので、はじめてご縁をいただいたのが10年前でした。自分の感覚では5~6年前のような気がするのですが、時の速さに驚くばかりです。
さて、その時に作らせてもらったのが会社創立50周年の記念碑でした。
久しぶりに、この記念碑を見るのも楽しみでした。
武田双雲書記念碑.jpg

力強い「開」の文字は「武田双雲先生の書」です。
この文字はサンドブラストで粗彫りをしてからノミで文字の底を強弱をつけて仕上げていきました。
石材も本御影石で希少価値の高い石のため、失敗しないように緊張感バリバリで彫ったので、自身の思い出深い作品です。
10年ぶりに観て、景観にとても馴染んでいました。特に文字は長年の水垢が浸透してとても自然な色合いになっていて嬉しくなりました。
自然の石は年月が経つほど良いですね。これから益々貫禄がでると思います。

【カテゴリ】

1 2 3 17

お墓の展示場

見学会 118日(土)~26日(日)

山南本店
山南本店久下小学校近く
滝野店
滝野店JR加古川線滝駅すぐ前
たんば篠山店
たんば篠山店丹南篠山IC近く