森田石材店ブログ - お客様とお墓づくり -

かたちあるもの

2021年04月19日 08:00

上山 典之
上山 典之

こんにちは、篠山店の上山です。

朝夕はまだまだ寒い日が続きファンヒータはまだ片付けられません、日課の夜の散歩もフード付きジャンパーで元気な相方のお供です。

さて、最近完成したお墓です、お隣の京都の山中にある小さなたくさんのお墓も移したい、処分するのは簡単な話ですが顔も知らない先祖が大変な思いをして建ててくれたお墓、かたちあるものは我が家の歴史として残したいという希望でした。

移設先の墓地は巻石がズレているため基礎からやり直します、解体してみるとコンクリートベースが殆ど無い状態、これでは沈下しますね。

小さいお墓は一列ですべて見えるように配置しました。

目には見えない魂、かたちとして残っている小さなお墓。

これからも末永くお祀りください。

 

お地蔵さんについて考えました

2021年04月12日 08:00

河合 邦彦
河合 邦彦

なぜそこに立っているのだろう?どういう意味があるのだろう?と考えたことはありませんか?

身近なようで、意外に知らないお地蔵さんについて考えていきます。

お地蔵さんと言っても、いくつかの種類があります。

まずは、六地蔵と呼ばれるのは、六体のお地蔵さんが並んでいるものです。

お墓の入り口などに並んでいることが多いです。

なぜ一体だけではなく、六体なのでしょうか?

それは、仏教には六道と呼ばれるものがあり、この苦しみを救うために建てられているのが、六地蔵と言われています。

 

また、この六地蔵のお地蔵さんは、赤い前掛けや赤い帽子などを被っていることがあります。

なぜ、このお地蔵さんは赤い物を身にまとっているのかと言うと、赤ちゃんの赤という意味合いがあるようです。

お地蔵さんは、赤ちゃん、子供を守るものとも言われていますので、そこからきているようです。

 

道端などでよく見かけるのは、道祖神と呼ばれるお地蔵さんです。

道祖神は、道端に立っていて、集落の境などにあります。

色々な由来がありますが、その集落に厄災が入りこまないようにと願いを込められたと言われています。

他には、子孫繁栄、交通安全等としても信仰されています。

 

他には、水子地蔵は、この世に生まれてこられなかった命を供養するための作られたお地蔵さんのことです。

お寺などに立っていることが多いですが、お墓として購入する方もいらっしゃいます。

また、交通事故で亡くなられた方の供養のために事故現場に立っているお地蔵さんもいます。

 

お地蔵さんは、困っている人を救うためのものであったり、または亡くなられた方を供養するために立てられているのです。

お地蔵さんの前に来たら、お願い事をしてみたり、または亡くなった方が供養出来るように祈ってみましょう。

当店にも可愛らしいお地蔵さんがいらっしゃいます。ご自身の願掛けや家内安全等の為に、マイお地蔵さんを置かれるのも良いかもしれませんね。

西国三十三ヵ所:二十六番札所「一乗寺」

2021年04月01日 08:00

アバター
井上

こんちは(^-^*)/
篠山店スタッフです☆彡

今日から4月、桜や花々がが咲きとても気持ちの良い季節になりました。

春は、、、といえば

「春はあけぼの」と出てくる方も多いかもしれませんが、私の場合は「春ははな」です。

今回は推し歌のお寺へ出かけてきました。

西国三十三ヵ所:二十六番札所「一乗寺」

 春は花 夏は橘 秋は菊いつも 妙なる法の華山

創建白雉元(650)年。

幼いころから歌っている御詠歌の中で、なんだかゴロもよく覚えやすて想像もしやすいこの歌が好きです。

一度は行ってみたい、行くなら春に行きたいと思っていました。

橘の木もありました。開花時期は5月~7月。白い花が咲きます。

西国三十三ヵ所巡礼では、西国三十三所草創1300年記念事業を行っており令和4年3月31日まで期間延長が決定しました。

特別拝観等のイベントや特別印などあります。

歌の内容を思いながら風景を見るのも楽しいと思います。

コロナ禍の入院・介護・看取り

2021年03月31日 08:00

森田 浩介
森田 浩介

仕入れ担当の森田です。

先日発売されました「終活読本 ソナエ Vol.32」では、

コロナ禍の入院・介護・看取り

というタイトルで特集がされていました。

今までは当たり前だった入院された方へのお見舞いが自由に行けないというのは、考えてみれば本当に不便です。

特に家族に自由に会えないということは、多大なストレスだと感じます。

 

特集の中では、様々な問題が指摘されています。

特に認知症がこれを期に進んでしまうようなことが起こりますと、何とも言えず残念です。

こんな時だからこそ自宅で看取るという選択をされている方もおられるようで、ここでもコロナによる未来の前倒しが始まっているのかなあと思ったりします。

詳しくは本編をご覧ください。

 

さて先日、ある友人と話していたら「弟がガンで大変だ」という話を聞きました。

数年前から入退院をされているようなのですが、今回の入院はコロナの影響で面会もなかなか難しいとのことでした。

しかも病状は少し悪化しているもよう。

病院のような管理の厳しいところではなく、最後はもう少し家族と一緒にいられるホスピスを検討しているとのことでした。

 

確かに最後の看取りにおいて、スマホの画面越しではやりきれません。

友人にとって、とてもいい選択のように思えました。

1 2 3 31

お墓の展示場

見学会 613日(土)~21日(日) 919日(土)~27日(日) 1114日(土)~23日(月祝) 2021年116日(土)~24日(日) 320日(土)~28日(日) 612日(土)~20日(日)

山南本店
山南本店久下小学校近く
滝野店
滝野店JR加古川線滝駅すぐ前
たんば篠山店
たんば篠山店丹南篠山IC近く