おりんについて

2021年05月06日 08:00

河合 邦彦
河合 邦彦

滝野店スタッフの河合です。

皆さんの家の仏壇におりんは有りますか?

仏壇の上には必ずと言っていいほどおりんが置かれています。

おりんは梵音具といいます。音を出す仏具のことをいい、木魚やお寺の鐘も梵音具に属されます。

楽器のように叩くと音が鳴りますが、おりんは楽器ではなく正式な仏具ですので、丁寧な取り扱いが必要です。

私の小さい頃はよく祖母がお勤めするのを横で真似て拝んでいました。その時に「ケンケン鳴らして」と言われていたのを思い出します。力減が解らず叩いていたので、祖母はヒヤヒヤしていた事でしょう。

家庭用のものと寺院で使用されるものは違い、寺院用のものは磬子(「けいす」または「きんす」)といわれ、色が黒く縁もとても厚くつくられています。

おりんがリーンとかわいらしい音が鳴ることに対して、磬子はゴーンと低い音が鳴ります。

もともとは禅宗で使われていた仏具ですが、現在はすべての宗派で使用されています。

 

漢字では「鈴」や「輪」と表されますが、すずと区別をつけるために「リン」や「りん」のようにカタカナやひらがなで表記されることが多いです。

名前の呼び方は宗派によって少し違いがあり、日蓮宗などは鈴(りん)、天台宗や浄土真宗では?(きん)、浄土宗では小?(しょうきん)、その他には鐘(かね)と呼ぶこともあります。

 

おりんは叩くととても澄んだ美しい音を響かせるのが特徴で、その音は極楽浄土の仏様の耳にまで届くといわれています。
また人々の邪念を払うともいわれており、仏様や先祖、故人への純粋な祈りや供養の心を、澄んだ音にのせて伝える役割を担っています。

しかし、長く使っていると当然汚れもつきますし、錆もついてきます。おりんは仏具なので、丁寧にお手入れをして大切に扱う必要があります。

表面に着色やメッキの加工がされている場合はやわらかい布でやさしく磨き、くすんできたら専用の艶出し剤を使用すると、もとの色を取り戻せます。着色やメッキの加工がないものであれば、研磨剤を使用する方法も効果的です。

金属磨き用のものか、専用のクリーナーを仏壇仏具店で購入することをおすすめします。

新聞紙ややわらかい布に研磨剤をつけ、おりん全体にまんべんなく塗ります。やさしく磨いていき、研磨剤が汚れで黒ずんできたら、乾いた布で拭き取れば完了です。

おりんが傷まないように、素材をよく確認してから研磨剤を使用してください。また、錆を落とす方法として、昔祖母から聞いた、お酢を使う方法もあります。やり方はいたって簡単で、料理用のお酢におりんを浸けておくだけです。しばらく浸けておくと錆が浮いてお酢が黒ずんでくるので、錆がとれたらよく水洗いをすれば完了です。

 

おりんの澄み渡った美しい響きは私たちの心を清らかにして、極楽浄土にいる仏様やご先祖様、故人に祈りや供養を届けてくれる大切な役割を担っています。目にする機会の多い仏具で、鳴らすと誰でも簡単に音を出すことができますが、だからこそその役割や意味をよく理解して長く大切に使っていきたいですね。

【カテゴリ】

お墓参り写真コンテストのお知らせ

2021年04月30日 08:30

アバター
垣崎 美保

こんにちは。

本店の垣崎です。

 

今年もお墓参り写真コンテストの時期がやってきました!!

お墓100年プロジェクトが主催して、今回で第10回目になります。

 

 

何気なくしているお墓参り、そこには、死者に対する思いやりと、生者に対する思いやりがあり、お墓参りを通してお互いの幸せを思い合うお墓参りというよい習慣を、未来の子供たちにも続けていってほしい。

という願いが込められています。

笑顔でお墓参りをしている様子、お墓掃除をしてる様子なんでも大丈夫です。

 

メッセージを付けてご応募下さい。

大賞は、なんと5万円!!その他にも、各賞用意されています。是非、メッセージをつけて応募してください!

応募期間は、5月1日(土)~8月31日(火)まで

応募者1人につき、応募は1点。写真は、データでも、現像したものでも可能です。

今年もお盆の期間をはさみますので、お墓参りに行かれたら写真を撮ってみてください。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

過去の素敵な受賞作品も見れます。

【カテゴリ】

埋葬墓の移動~土上げ~

2021年04月28日 08:00

眞下 尚利
眞下 尚利

滝野店・篠山店の眞下(ましも)です。

今回は埋葬墓移動のお手伝いです。移動というのは眠っておられる方のお骨の代わりに、そこの土を上げさせていただき、移動してもらいます。その土を寺墓地で、すでに建てられている石塔へ納めさせていただきました。

埋葬墓とは土葬墓とも言いますが、火葬せずに埋葬したお墓の事です。火葬になってからも、そこに納める地域もありますが、今回は、すべて土葬で納められた方々ばかりのお墓です。

今回は、17軒のお家、合計43ヶ所の埋葬墓の土上げのご依頼でした。墓地は2ヶ所ありました。

 

初めに、ご住職にお勤めされました。

 

それから、1つずつのお性根抜きがありました。

 

お性根抜きの後、ご準備した納骨袋に土を取らせていただきました。

 

2ヶ所目の墓地です。

 

午後から、副住職もお越しいただき、ご納骨とお性根入れのお勤めをしていただきました。

 

最後は雨も上がり、日が差してきました。

7月に埋葬墓の撤去作業を予定しています。

そうじの力の活動について

2021年04月27日 08:00

アバター
山末 登紀子

本店の山末です。

今日は久しぶりに「そうじの力」の活動についてお話します。

 

今日は事務所にある書類などの収納棚です。

皆さんの職場にもこのようなホワイトボードがついた大きな棚はありませんか?

こちらの写真はすでにホワイトボードが片面になっていますが、両面ついていました。

今回はこのホワイトボードを全て外してしまおうという活動です。

外したくないという意見ももちろんありました。

ですが、ホワイトボードがあることで中にある書類が取り出しにくい。

また、レールが劣化しているのか中のものを取り出すときにホワイトボードを動かしますが、

音がうるさい。近くで話をしていても「ガラガラガラ…」なんて大きい音!!電話の相手の音も聞こえません。

様々な意見がある中、試しに外してしまおう!!という事になり実現しました。

 

…ですが、その前に中身をきれいにしなくては…ということで

  

棚の中の整理整頓です。

このようにたくさんのものであふれています。

同じような書類や文房具があちこちに収納されていました。

やはり定期的な整理整頓は大事ですね。

そして外した状態がこちら

本来の棚は空いたスペースなどなくものであふれかえっていましたよ。

 

その後、ホワイトボードを取った棚の感想ですが。

・棚の中が”見える”ことでみんながちゃんと元の場所に収納することがで

きれいな状態が保たれています。

・物が取り出しやすくなりました。

 

まだまだ完成形ではありませんが、完成したときにはまた報告させていただきます。

【カテゴリ】

お墓の展示場

見学会 613日(土)~21日(日) 919日(土)~27日(日) 1114日(土)~23日(月祝) 2021年116日(土)~24日(日) 320日(土)~28日(日) 612日(土)~20日(日)

山南本店
山南本店久下小学校近く
滝野店
滝野店JR加古川線滝駅すぐ前
たんば篠山店
たんば篠山店丹南篠山IC近く