HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

表面文字はお墓の顔です。

上山 典之
上山 典之
こんにちは、篠山店の上山です。

弊社では、表面文字は基本的には義積書体を使うことが数多いです。

義積書体と言うのは、亡くなられて数十年になる丹波市の書家の先生で、書かれた文字を彫刻出来る文字に微修正しオリジナル書体として使っております。

  <義積書体>
義積4.JPG義積2.JPG

他には、揮毫(きごう)の文字で岡田書体も使っておりました、この先生も一昨年にお亡くなりになり、もう書いていただく事も出来なくなりました。

  <岡田書体>
岡田1.JPG岡田2.JPG
岡田3.JPG

先生は亡くなられても書はお墓として末代まで残る、どちらの書体もお墓の顔として良い文字で自信を持って勧められます、元工場長の私としては、彫刻文字の彫りの深さにも気を配り満足して頂けるお墓になる事と思います。
2018年3月 8日 08:00

嬉しい知らせ

義積 由香里
義積 由香里
こんにちは、本店の義積です。

先日カメラ友達と美山町の方へでかけましたら、寒々しい枯れ木色の土手の中から小さな土筆(つくし)や、ふきのとうを見つけました。寒い冬も終わり、少しづつ春がやってきたと感じました。

さて、今日は私の元へ嬉しい知らせが届きました。
以前、このブログで「お墓ディレクター試験」の勉強をしていると、ご紹介していました。その結果がさきほど判明しました。

合格です\(^o^)/\(^o^)/

お正月も一人黙々と勉強した甲斐がありました。お墓に関する正しい知識・情報をお客様に提供するのがお墓ディレクターです。少しでもこの知識をみなさまのお墓づくりのお手伝いができるように、頑張ります。

P1018164.JPG



2018年3月 7日 08:00

修繕鳥居の設置

森田 茂樹
森田 茂樹
前回、台風で倒れた鳥居の修繕をご紹介しましたが、その鳥居を設置しました。

この鳥居は「明神鳥居(八幡鳥居)」と言います。全国的にもこの形が一番多く目にします。

鳥居の施工で一番難しいところは、左右の柱の転け(傾き)です。柱の転けと笠の大きさが絶妙に計算されたバランスになっています。

見た目は不安定な感じですが、実際施工をしてみると簡単には転けない重量バランスを感じます。

217年もの間、この住吉神社の「神域と人間が住む俗界」を区画する門(鳥居)が再び立ち上がりました。これからも100年.200年と元気で建っていることを願います。


IMG_6028.JPG


2018年3月 6日 19:39

仏教における五供(ごくう)

山崎 倫子
本店の山崎です。
仏教では、五供をお供えして、手を合わすことが供養の基本であるとされています。
では、その五供とは・・・

①お香(線香を供える)
→仏様は香を召し上がります。線香の香りで「悟りの世界」へ導かれます。我々の心が清められます。

②お花を供える
→前回も書きましたが、故人様への供養はもちろんのこと、供える者にとっても心を穏やかにする意味があります。

③灯燭(ろうそくに火を灯す)
→灯は世の中の全てを照らす光です。煩悩を振り払い、悟りに至った者を称えるという意味もあります。お仏壇にはローソクを供えますが、お墓では灯籠がその変わりになるとされています。実際には、火を灯さなくても、その役割を果たします。

④浄水(水を供える)
→清らかなお水をお供えすることで、私たちの心が洗われることを意味します

⑤飲食(おんじき)
→仏膳にご飯を供えます。お墓では、果物やお菓子などを供えます。

以上の5つで、五供とされています
こうやって見ると、五供とは、亡くなった方のためでもあり、残された私たちのためでもあるものだと思います。宗派によって多少の違いはありますが、やはり基本は故人様を思う気持ちだと思います。
ぜひ、故人様を思いながらお参りしてください。
2018年3月 5日 08:00

追善供養のご準備に

福島正弘
福島正弘
滝野店の福島です。

追善供養に欠かせない物として「卒塔婆(そとば)」があります。
「卒塔婆」という言葉の由来は、サンスクリット語の「ストゥーパ」だと言われています。
 仏教の開祖・シャカが入滅すると、その遺骨は8つの部族に分け与えられました。このとき遺骨を納めるために建てられた塔が「ストゥーパ」です。

卒塔婆を建てるタイミングに厳密な決まりはありませんが、基本的には以下のような供養の節目に建てられます。
•法要(49日、100ヵ日、1周忌、3回忌、7回忌など)
•祥月命日(故人の亡くなった月日)
•盂蘭盆会(うらぼんえ)や彼岸会(ひがんえ)施餓鬼会(せがきえ)など、お盆やお彼岸で実施される法要

一口に卒塔婆といっても様々な種類があり、大きさや形も異なります。
当店にも各種用意しておりますので、ご不明な点などあればお気軽にお問い合わせ下さい。
KIMG8035.jpg
2018年3月 4日 08:00
前へ 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~19時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方