HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

またきてね

中道 祥貴
中道 祥貴
本店の中道です。

先日建立したお客さまの墓石に「ありがとう」の文字を台石に刻みました。

「ありがとう」「感謝」などは多くの方にに人気の言葉で、私も大変好きな言葉です。彫刻する書体も文字CAD(パソコンの文字)で出力した文字では何か味気ないのでサンプルをさがすのですが、比較的沢山のデータがあり、探しやすいです。

今回はお客様の要望で「またきてね」のことばの彫刻でした。これはサンプルも何もありません。ここで、今回書家の先生になったのが、うちの社長です。

「ありがとう」の書体に合わせて、一肌ならぬ、ひと筆書いてもらいました。

これには、お客様も大変感動して頂き、とても喜んで頂きました。
20190131ありがとう.JPG

20190131ありがとう2.JPG
2019年1月31日 08:00

神殿をあたらしく②

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。

さて今回は工事の前半をお伝えいたします。

前回、修祓の御祈祷をして頂きました祠はご神体もなく、言わば「ただの木箱」状態になってしまいました。

これをクレーンで一気に撤去します。

神殿①.JPG

クレーンが使える現場であればこその方法です。

撤去した後の設置面はレベル(平ら)が出ていなかったため、モルタルで平らにします。

神殿②.jpeg

その上にお社を建てていきます。

神殿③.JPG

接着する部分によってコーキングボンドとエポキシ樹脂系2液性の接着剤を使い分けます(エポキシ系は硬化すると二度と外せない程の強度です)。

次回は屋根工事からをお知らせ致します。
2019年1月30日 08:00

三回忌の法事を機に...

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

今回のご紹介は、三回忌の法事を機に、新しく代々墓をする話です。

お墓を触る事って、生涯でそうそうあることではないですよね。それを機に、今まで気になっていたところを直し、きれいにした様子をご紹介致します。

20190129_Before01.JPG

新しくなる前がこちらです。
五輪塔とお地蔵さまはそのまま使用し、夫婦墓を代々墓と霊標にまとめます。

20190129_Before03.JPG

お客様が気になっていたのがこの階段です。

20190129_Before04.JPG

段差があり年配のお母様が登るのにはちょっと高いのと、落ち葉の掃除が大変とのことでした。

20190129_After03.JPG

そこで、階段を一段増やすことで、段差を低くしました。
また、階段の表面をコンクリートで仕上げをすることで、たくさんの落ち葉をほうきで掃けるようになりました。

20190129_After01.JPG

区画内も同じように、たくさんの落ち葉が降り注ぎます。こちらは、お馴染みファイバーレジンで対処し、落ち葉も簡単に掃き出せます。

20190129_Before05.JPG

延石のズレが気になる継目には、ステレスの金具を入れ固定します。

20190129_Before06.JPG

きれいにしたのは、五輪塔とお地蔵様です。
既存の五輪塔前には、簡易な花立が据付られています。

20190129_After02.JPG 20190129_After06.JPG

五輪塔は、新規の花立にし、新たに水鉢台・供物台を取り付けました。
また、五輪塔もお地蔵さんも洗浄をし、薄くなっている文字を再ペイントすることで、新品かと見間違うような五輪塔とお地蔵さんになりました。

今回のリフォームで、階段の上り下りが楽になり、ファイバーレジンでお掃除も楽になったこと、大変喜んでいただけました。

このように、少し手を加えることで今まで不安だったことが解消します。
2019年1月29日 08:00

オーダーメイドのお地蔵さま2

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

前回に引き続き「オーダーメイドのお地蔵さま」です。

幾つかの作品例の中から気になるお地蔵さまを選んでいただき打ち合わせの上、最終のラフ画が完成しました。

お地蔵様ラフ案.jpg

やさしい顔立ちのお地蔵さまで、たまごのような殻に守られています。

特にお客様は、この殻に守られているイメージが気に入られています。
40数センチの全高で、よく使う舟型地蔵さまと同じくらいの高さですが、たまご型ですので、左右前後のボリュームはあります。

このラフ画を基に、これから製作に取掛かります。そして、製作途中の確認を経て、「オーダーメイドのお地蔵さま」の完成・納品となります。
2019年1月28日 08:00

1つで3役の三尊仏掛軸

井上
こんちは(^-^*)/
篠山店スタッフです☆彡

皆さんのお宅には仏壇ありますか?

昔ながらの大きな仏壇には真ん中に「ご本尊」、左右に「脇侍(きょうじ・わきじ)」があると思います。
ご本尊の両脇で本尊の補佐をする仏のこと
20190127_kake3.JPG

大きな仏壇では、仏像でお祀りされていると思いますが、このような掛軸タイプでも問題はありません。
住宅事情により、仏壇も小さなものが増えてきています。
小さな仏壇の場合には、スペースも限られるので仏像より掛軸タイプスタンドタイプが多く使われます。

20190127_sanzon01.JPGのサムネイル画像 20190127_sanzon02.JPG

今回ご紹介するのは、さらにスペースの有効活用ができる掛軸とスタンドです。
よく見ていただけると分かりますが、1つに3体の仏様が入っています。
これが「三尊仏」掛軸スタンドです。
これにより、さらに省スペースでも本格的に祀ることが可能です。

小さい仏壇でシンプルにお祀りされたい方に、おすすめです☆
2019年1月27日 08:00
前へ 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方