HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

狛犬の工事

中道 祥貴
中道 祥貴
本店の中道です。

先日氷上町の神社で狛犬を建てさせて頂きました。

和泉石で造られた狛犬の台座には明治三十三年庚子九月と彫刻され118年の間神社の守護獣として置かれておりましたが、
風化により顔がはがれ落ちてしまい、今回新しく建立される運びとなりました。


和泉石で造られた狛犬
20181127狛犬 1.jpg


右の『阿・像』の顔がはがれおちています。
20181127狛犬 2.jpg


クレーンで撤去。
20181127狛犬 3.JPG


台座を水平に据え付けます。
20181127狛犬 4.JPG


新しく据付られた狛犬。
20181127狛犬 5.jpg

20181127狛犬 6.jpg


後日神主さまに祝詞をあげていただきました。
20181127狛犬 7.JPG



2018年11月27日 08:00

枯れない花

義積 由香里
義積 由香里
本店の義積です。11月23日の夜のにはとても綺麗な満月を見ることができました。この満月は平安時代の貴族・藤原道長が「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の欠けたることもなしと思へば」という有名な句を詠んでから1000年目の年ということで話題になっていました。2018年に見る事ができて良かったです。

さて、11月は私事ですが父の三回忌を迎えます。法事の準備としてお墓の掃除に行きました。お彼岸に行ったのですが、草が生え花が枯れととても残念な気持ちになりました。花は枯れ、雑草だけは元気に成長しますね・・。

今日はどんな天気でも左右されない造花を紹介します。

20181126造花(4).JPG

20181126造花1 (1).JPG

小ぶりですが、お墓や仏壇の花筒にぴったりのサイズです。これなら厚い季節も寒い季節も枯れることがありません。造花でも十分綺麗ですので最近は、お墓に造花をされる方を見かけます。

20181126造花1 (2).JPG

デザイン仏壇には、このようなシャープな感じの造花もよく似合います。

花もちの悪い季節は造花、花もちがよい季節な生の花と使い分けても良いですね。


2018年11月26日 08:00

こんなところで冬眠中でした

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。

ユーザー様よりお電話を頂戴した時の話です。

「なんか字の所が穴開いて欠けとるんやけど。」との事で即、拝見しにお伺いしました。

「ああー、これね。」 一目見て理解しました。

巣2.JPG

この場合、まずは水を掛けて少し軟らかくします。

次に、軟らかくなったら細い棒状のものでゴリゴリします。
※この時、彫刻が欠けないように注意してください。

巣3.JPG

すると、中からこの穴の原因が出てきました。

巣4.JPG

そう、幼虫です。おそらく蜂の一種だとは思われますが・・・。

あとは文字の中を毛先の長い、柔らかいブラシなどで洗い流して下さい。

巣5.JPG

きれいに元通りになります。
2018年11月25日 08:00

安全で掃除もしやすいお墓

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

今回はお母さんの一回忌の法事までにお墓を建てるお話です。
打ち合わせに際して、いくつか建てるにあたり心配な事をお聞きました。

20181124_kukaku.JPG

①後ろの土が崩れ落ちないか
②お参りの時にひっくり返って落ちはしないか
③石垣が崩れそう
④すぐ草が生えそう

20181124_kansei.JPG

限られたスペースですが、上記ご要望を組み込み完成したのはこちら。

20181124_back.JPG

①野面石を積み土が崩れのを防ぎます。

20181124_kansei02.JPG

②お墓を後ろに建て、前のスペースを出来るだけ確保しました。

20181124_side01.JPG

③石垣はコンクリートで固めてぐらつきをなくました。
④ファイバーレジンで表面を固め、草が生えるのを防ぎました。

一番喜んで頂いたのは、ファイバーレジンです。お墓の周りにたくさんの木の葉が舞い落ちて来ます。それをホウキでサッサと掃き出せるからです。
こんな簡単にそうじが出来ると思っていなかったと、満足して頂きました。

2018年11月24日 08:00

羅漢彫

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

滝野店にある数珠のお話しです。男性用の18玉片手数珠で羅漢彫という数珠がございます。写真の数珠は、正絹の紐房で親玉・二天玉にはアベンチュリンを使用しており、遠目にはわかりにくいのですが、近くで見ると一珠一珠に四人の「羅漢さん」が彫ってあります。
羅漢彫1.JPG羅漢彫2.JPG
「羅漢」とは、阿羅漢(お釈迦様の直弟子のうちの位の高いもの)といい悟りを開いた者という意味があり、有り難い数珠としてお守りがわりに持たれている方もいらっしゃいます。またこの数珠に使用しているアベンチュリンは、パワーストーンとしても人気があります。一般的には、写真の数珠は浄土真宗の男性用ともいわれますが、その限りではありません。
2018年11月23日 09:00
前へ 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方