HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

お参りのしやすいお墓~ブロック・外柵基礎ベース編~

藤井勇輔

滝野店の藤井です。


今回のご紹介させていただくのは


①足が不自由ためお参りのしやすいお墓にしてほしい。
②草が生えないように防草対策をしてほしい。

というご要望のお墓の工事についてです。


工事の様子をご紹介します。


ユンボで掘削.jpg
まずは墓地の地盤が高いところをユンボで掘削していきます。

転圧.jpg
ランマーで電圧することで地盤を締め固めていきます。

ベース鉄筋.jpg

生コン.JPG
鉄筋を敷きつめたところにコンクリートを流し込み基礎を作っていきます。

ブロック.JPG
出来あがったベースにブロックを積んでいきます

区画内ベース鉄筋.JPG
今度はブロックで囲んだ区画内に据える外柵の基礎を作ります。
ここにももちろん鉄筋を敷いていき基礎の強度を高めます。

基礎完成.JPG
基礎が完成しました。


次回は外柵と墓石が建つまでの様子を紹介していきます。
2019年5月 3日 08:00

癒しの空間~お香~

山崎 倫子
本店山崎です。

お香と言っても、その種類は様々です
お香は本来は、伽羅・沈香・白檀などの天然香木の香りのことをいいます。お線香も同じです。
現代では、お香はその香りを楽しむもの、癒しを得るもの。また消臭・芳香などに使用されています。

お香といっても、棒状の「スティックタイプ」三角円錐形の「コーンタイプ」渦巻の「コイルタイプ」など様々です。

「スティックタイプ」は、燃える面積が一定のため、香りが均等に広がります。

「コーンタイプ」は△の先端に火をつけて、その火は外側へ広がり、その面積がだんだんと広がっていくため香りがだんだんと強くなっていきます。
スティックタイプと違い、倒れる心配もないため安心です。

「コイルタイプ」は燃焼時間が長いため、長時間楽しみたい方にお勧めです。

香立ても様々なものがありますので、お気に入りのものを見つけて楽しんでみてください(^^)
20190502香立.JPG

2019年5月 2日 08:00

「令和元日」時代の変化にあわせて

福島正弘
福島正弘
滝野店の福島です。

昨日のブログにもありましたが、本日より元号も改まり「令和」となりました。
20190501福島①

私はまだ社歴が浅いですが、お墓を取り巻く環境も変化しております。
従来の和型のお墓から、洋風のデザイン墓が増えてきたり
20190501福島②

従来の和型タイプではありますが、機能面やデザインに変化があるものなど
20190501福島③のサムネイル画像

災害の多かった平成ですが、地震対策として全てのお墓に「免震施工」を施したり、また、オプションではありますが、防草対策としてすっかりおなじにみになった「ファイバーレジン」が増えてきたりと。

20190501

「お墓って昔から変わってないんじゃないの?」と思われる方もおられるかもしれませんが、お客様からの声や、社会環境の変化にあわせて少しづつ変わってきているのが現状です。

新しく迎える「令和」の時代にはどの様に変わっていくのか、しっかりと変化に対応していくべく勉強していきます。
2019年5月 1日 08:00

ファイバーレジン施工⑤

中村 淳
中村 淳
滝野店の中村です。

平成も本日で終わります。
前回と違い今回の改元は明るいムードの中での改元で、なかなか貴重な体験であるとともにこういうのもいいなぁと個人的には思います。

平成の時代は戦争はなかったものの、大きな災害が非常に多い時代でもありました。
令和の時代が心穏やかに過ごせる時代であることを望むばかりです。


さて、平成最後の記事はお馴染み『ファイバーレジン施工』になります。
今や防草対策のエースで、新規建立はもちろんリフォーム工事でも非常に多くのお客様にご依頼頂いております。

理由は様々ですが、私の担当させて頂いたお客様の中で採用の理由が一番多いのは

「仏さんが息できるから」

です。
防草対策として一番確実なのはやはり「張石施工」です。
しかし、高価なのに加え何より「仏さんが息できへん」という理由で敬遠される方が多いように思われます。
対策として下の写真のように空気抜きの部分を作ったりしていますが、それでも気になる方が多いのも事実です。

hy1.JPG

今回のお客様も同様に防草対策をしたいけど仏さんが息できないのは避けたいというご依頼でした。

過去のファイバーレジン施工の記事はこちらです。

施工前の状況がこちらです。

hy2.jpg

当初お客様は区画内の真砂土をすきとり、玉砂利仕上げをご希望されていました。
しかし玉砂利を敷くだけでは防草対策にはならない事を説明し、ファイバーレジン施工を提案致しました。
敷地面積が広い墓地なので、当初のご予算よりもはるかに高額でしたがご採用頂きました。

まず敷地内の真砂土をすきとります。

hy4.JPG

一部傾いている墓石がありましたので傾き直しをします。
次に砕石を入れて転圧します。

hy5.JPG

最後にファイバーレジン施工をして完成です。

hy6.JPG

当初の予算とは随分高額になりましたが、「これで草引きから解放される!言ってもらってよかったわ!」と言って頂き嬉しい限りです。

2019年4月30日 08:00

ローソク立ガラス交換

眞下 尚利
眞下 尚利
篠山店の真下(ましも)です。
今回はローソク立のガラス交換のお話をさせていただきます。

三田市のお墓です。
当社建立させていただいたお墓でご不幸があり、霊標への追加字彫りをさせていただきました。
その際に、右側のローソク立のガラスが割れたので、交換してほしいとの依頼も頂戴しました。

ガラスだけの交換はできないタイプなので、縁の金具からの交換になります。

20190429ローソク立ガラス交換 (1).JPG


20190429ローソク立ガラス交換 (2).JPG
わかりにくいかもしれませんが、上から左にかけて、ヒビが入っていました。

20190429ローソク立ガラス交換 (3).JPG
まず、金具を外しました。

20190429ローソク立ガラス交換 (4).JPG
せっかくなので、水洗いで洗浄しました。

20190429ローソク立ガラス交換 (5).JPG
取付完了です。

昨日、納骨のお手伝いもしました。
喪主様のお話では、倒れたわけでもなく、扉の閉めが甘く、風などで扉が動いて割れたのではとの事でした。
いつもは、私が現地確認した際に気付いて、ご提案することが多くあります。
今回は現地を見に行くまでに、喪主様からのご相談で交換させていただきました。
それだけ、気になっておられたのかなと感じました。
ちょっとしたことかもしれませんが、お手伝いできて良かったです。
2019年4月29日 08:00
前へ 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方