『2017年5月』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

衣替えの季節です

井上
こんにちは(^-^*)/
篠山店スタッフです☆彡

明日から6月。6月というと、衣替の季節です。
子供達や会社員の制服はもちろん、着物(住職の袈裟も)等も
涼やかな色合い生地のものに変わります。
koromagae_hansode.pngのサムネイル画像
それと同じように、実は、お仏壇の中にも冬用→夏用、夏用→冬用と季節により
変わるものがあります。

それは、『打敷(うちしき)』です。
打敷の由来はこちら↓↓↓↓↓↓

20170526_133941.jpg

なるほど~。
御先祖様を心地よくお迎えするアイテムなんですね。___φ(゚ー゚*) フムフム

この中にもあるように、季節に応じて仏壇の打敷も冬物から夏物、
夏物から冬物へと取り替える。とあります。

では、その取り替える時期は?

【冬用】
9月彼岸入り~5月頃まで使用。
色目もはっきりとしており、刺繍が施され厚手の木地で華やかな打敷です。
20170507_144010.jpg


【夏用】
5月頃~9月彼岸入り以前まで使用。
色目も薄く爽やかな色合い。正絹紗などで作られており薄手の打敷です。
20170507_144338.jpg


色々な意味合いがありますが、
必ずしも打敷がないといけないわけではありません。
打敷をすることにより、仏壇の中が華やかになったり、仏具によるキズが付きにくいというメリットもあります。
大切なお仏壇をキレイにお使いいただくためのアイテムとしておすすめです。

造り付け仏壇の場合は、サイズオーダーとなります。
お気軽にお問合せください☆彡

2017年5月31日 08:00

草の生えない墓地

髙橋 圭司
髙橋 圭司
本店の高橋です。

今年の三月に「お墓のマイブーム」と題して、墓地全体の三分の二を張り石で覆った墓地の事を書きました。
「草引きが大変だから」というご要望からのものでした。
今度は「全面石で覆って欲しい」というご要望でした。まあ納骨室の床だけは土のままですので、三分の二が百分の十にとその割合が変わっただけで本質は同じなのかも。
しかも三月、四月と続いて二軒のお手伝いをさせて頂きました。


三月がこれ


KIMG1170修正.jpg


KIMG1148.JPG


四月がこちらです。



KIMG3368修正.jpg


KIMG3370.jpg


どちらも納骨室以外は全て石を張っています。
こういう設計ですと草は生えませんし、石に勾配をつけることによって雨水もたまりません。ほうきでさっと掃くだけです。

そして今現在、他のあるお客様から同じ様なリクエストを頂いております。この三軒はそれぞれ別の地域ですので、前述の「お墓のマイブーム」の状況とは全く違います。やはりお墓にとって草は邪魔者なのでしょうか。
従来お墓参りにいくと草引きが大変で足が遠のいていたのが、楽になってお墓参りの回数が増えるのであれば、それはそれで万々歳ですね。
2017年5月30日 08:00

墓地を選ぶ時の注意点とは?

森田 浩介
仕入れ担当の森田です。

5月から6月にかけて多いのが、市営霊園の募集です。
人気のある区画は抽選になることもあります。
今回は、市営や民間を問わず、墓地を選ぶ時にどこを注意してみればよいかをお話します。


【墓地を選ぶ時の注意点とは?】
墓地には大きく分けて3種類あります。
①公営霊園...地方自治体が管理しています。
②民間霊園...お寺さんが経営主体となっている寺院墓地と呼ばれるものが多いです。
③共同墓地...元々の地域に昔からある墓地です。

まず公営霊園は、地方自治体が管理しているため安心感があります。宗旨宗派も問いません。お墓に関しては、大きさや土台の高さ、時にはデザインまで細かく規定されている事があります。立地は、大型の霊園なので郊外にあり、少し遠くなってしまいます。平米あたりの価格は低めですが、3㎡以上の広めが多くなっています。

次に民間霊園ですが、経営主体となっているお寺さんによって管理方法が異なりますので、十分に比較検討されることが必要です。宗旨宗派についても確認が必要です。お墓に関しては、公営霊園に比べ自由度が高いようです。お寺に隣接することが多く、便利な場所にあることも多いです。価格は公営に比べ少し高めですが、狭い区画であれば価格差をあまり感じません。中には石材店が指定されている霊園もございますので、必ず事前に十分ご確認下さい。

最後に共同墓地ですが、地域の人で管理しているのが一般的です。定められた規則も少なめです。近隣の便利な場所にあることが多いです。価格も低めな所が多いようですが、新たに拡張していない限り、ほとんど募集はしていません。ということは、空きができて募集をしているという時にはチャンスです。早めに確保されることをお勧めします。

とは言うものの、上の情報以外に何を基準に選べばいいのでしょうか?
それが次の3点です。

①必ず現地へ行って確認しましょう。雨の日の水はけも重要です。
現地に行けば、周囲の雰囲気や見晴らしがよく分かります。しかし出来れば雨の日もチェックしたいところです。水はけは特に大事で、水はけが悪いと様々な問題が起こる可能性があります。

②宗旨宗派に制限はないか、気に入った石材店に工事を任せられるか。
「宗旨宗派問わず」と言っても、実際には多少の制限がある場合もあります。それも現地で墓地を見る際に必ず確認しましょう。そして重要なのが指定業者制度です。契約した後に墓石店が選べないということは、時には大変なことになります。もし決まっている場合には、その業者が信頼できるところかどうかを調べるのが、墓地選びには欠かせません.
お墓は建てて終わりではなく、次に誰かが亡くなれば追加彫刻もしなければなりませんので、長くおつきあいできる墓石店をお選びください。

③永代使用料だけでなく、年間管理費なども必ず確認しましょう。
墓地の代金といえば「永代使用料」に目が行ってしまいますが、実は年間の管理費も重要です。共同墓地は比較的安いところが多いです。但し、年に1回はそうじに出るルールがあるところもあります。キレイな所ほど維持には費用がかかりますので、それなりの金額になっているようです。

長々と書きましたが、みなさんの参考になればと思います。
当社では、こんな冊子も作っています。
三田市の失敗しない墓地選び(表紙)ol.jpg

2017年5月29日 08:00

土間打ち

上山 典之
上山 典之
こんにちは、篠山店の上山です。

昨日のブログに引き続いて墓地造成工事の土間打ち(コンクリート舗装)の話をします。

かなり広いのでポンプ車を使用しての工事になります。
コン1.JPG
コン5.JPG
コン6.JPG

もちろん墓石、巻石等には養生をして。
コン2.JPG

不思議な事にこのスリッパを履くと生コンの上も歩けるんです。
コン3.JPG
コン4.JPG

この機械はトロウェルという物で表面を均一に押さえる。
トロウェル.JPG

幸い、良いお天気にも恵まれ無事終了。
コン8.JPG
コン9.JPG

後はゆっくり乾いてくれるのを待つだけ、完成間近です。


2017年5月28日 08:00

石碑が続々と・・

義積 由香里
義積 由香里

こんにちは、本店の義積です。

弊社は現在篠山市西岡屋の造成工事の仕事を受けています。現地では着々と工事が進んでいます。今まで建っていた石碑は一旦丹波市にある本店に集められています。先日会社の一角に、続々と石碑がトラックから降ろされています。石碑は他の家のものと混ざらないように名前が貼られ、紐がけされてます。石は、かなり重いのでトラックに付いているクレーンでゆっくりと落さないように降ろします。


20170527-2.jpg

20170527.jpg
技術部のメンバーが慣れた手つきでどんどんと降ろしていきます。
(私は技術部のメンバーが作業していく姿がかっこよくて好きです。)

P1017204.JPG
この石碑は、それぞれの新しい区画の工事が始まる時まで保管されます。

西岡屋の新しい墓地がどのように生まれ変わるか楽しみです(^-^)




2017年5月27日 08:00
1  2  3  4  5  6  7

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~19時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方