『2017年1月』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

大島石の話

森田 浩介
森田 浩介
仕入れ担当の森田です。
今日は大島石についてお話します。

大島石とは?
愛媛県今治市の沖にある大島から産出されます。
その採石の歴史は古く、大阪城の築城資材に用いられた記録があります。

お墓に使用する石で、最もお墓らしい石
とてもオーソドックスな見た目で、昔から関西地方では高級墓石材といえば大島石でした。
現在、一般に流通している外国産墓石材(関西向け)は、そのほとんどが大島石に似ている
という理由で採用されています。

大島石とひと言では・・・
ひと口に大島石と言っても、石の種類は相当数に上ります。
大島が採石される場所は主に3つ、
「余所国」「宮窪」「カレイ」と分かれています。
その中に各丁場があり、その数は30以上になります。

さらにランク分けされています
丁場から出てくる石も均一ではありません。
色の濃淡や目合の違いなど、丁場によっておおよその特徴がありますが、
その中でもいいもの、少し劣るもの、墓石には使えないものに分けられます。
この無数にあるランクの中から、今、調子がいい石は何かを私たちは考えています。

たくさん流通している大島石の悩み
一般に流通している大島石のすべてが厳選された大島石ではありません。
大島石には錆(サビ)の部分や油が含まれる場所があります。
これを外しながら製品を作るわけですが、それが薬品等で誤魔化されている場合があります。
私たち石材店でも、その見極めはとても難しいものです。
不自然に安い価格の石は要注意でしょう。

加工も大切な大島石
また大島石には天目合わせという石の取り方があります。
大島石は石の目が横に流れているため、特定の方向に合わせれば少し目が細く見えます。
少し歩留まりは悪くなりますが、こうすることで正面から見てキレイな石塔が出来上がります。
石を取り出すところから加工に至るまで、信頼関係で成り立っている石なのです。

信用できる大島石を見つけるには
どんな石もそうですが、信頼できる石屋さんを見つけることです。
特に普段から大島石をそれなりに使用している小売店であればベストです。
いつも馴染みの石を扱っていれば、石の良し悪しがよく分かるからです。
ぜひ参考になさって下さい。
2017年1月11日 08:00

寒い朝

滝野店事務スタッフ
滝野店の下中です。

弊社は毎朝、社員全員で
就業前に社内の清掃を行います。
展示場や事務所、大勢で行うと
短時間でもとても綺麗になります。

私はトイレと玄関付近を毎日行います。
その他の場所は日により
することを決めて掃除をしています。

外の展示場を掃除するのは、
冬場は石は冷たいですし
寒い朝には石が凍っているので大変です。
外掃除担当の方に感謝です。

お墓そうじといえば冬場のお墓も寒いですね。
花筒が凍っていたり、水汲み場の蛇口が凍っていたりしています。
そのような時は、湯があれば助かりますよ。
冬場の墓詣りにはお湯を持って行くととっても便利です。

KIMG0069.JPG

KIMG0070.JPG



2017年1月10日 08:00

お位牌の彫刻をしています

義積 由香里
義積 由香里
本店の義積です。
弊社では、お位牌を販売しております。

お位牌は様々な種類がありますが、
共通する点では葬儀が終わり49日に、
白木のお位牌から本位牌(塗位牌)にします。

お位牌がないお宅であれば新しいお位牌を購入されます。
御夫婦でお一人が既にお亡くなりになられている場合は、
追加彫刻として空けてあるスペースに彫刻します。

お位牌を彫刻する必要なものは
①戒名(法名) ②没年月日 ③俗名 ④お亡くなりになられた年齢
などがあります。
仏壇に他のお位牌がある時は、
そのお位牌を参考にする場合が多いです。

さて、このお位牌を彫刻する機械が弊社にあります。
名前は「ロダン」というしゃれた名前が付いています。(笑)
私はこのロダン君を使いお位牌を彫刻していきます。

位牌2.jpg

↑↑これで彫刻していきます。

パソコンにお位牌のサイズや彫刻内容、位置などを入力し、
字の間違いがないかチェックをしたら
ボタンを押せば、後はロダン君が一生懸命彫刻してくれます。

彫りの深さは私の判断で少しづつ彫り進めます。
小さな字は特に注意します。
深く彫り過ぎると彫刻してできる溝の部分が太くなり
彫刻しなくてよい部分が無くなる場合があります。
彫刻するごとに表面を見てまだ彫刻するか判断します。

また、金箔が表面に施されたものも注意が必要です。
まれに金箔がはがれてしまう事があります。
そのような場合は、ロダン君の彫刻する針の回転数を下げます。
位牌により少しずつ彫りの深さなどを調整しながら
最適なものをできるように行っています。

彫り終わると指定された色を入れていきます。
塗りムラや、塗り残しがないように
ルーペを使い私の細い目を更に細めて入念にチェックして完成です!

余談ですが、私は先月に父を亡くし
両親の位牌に父の名前を刻みます。
まさか自分の親の位牌を彫刻するとはおもいませんでした。
きっと父も喜んでくれると思います。

お位牌は普段目にする機会が多い
故人を拝む対象の一つですね。
皆様の大切なお位牌を心を込めて彫刻致します。

位牌1.jpg


2017年1月 9日 08:00

お墓に影彫りをしています

園中 憲二
園中 憲二
こんにちは篠山店の園中です

先日、あるお客様から
「亡くなったお父さんが撮った写真をお墓のどこかに反映させたい」
とのご依頼がありました。

写真が趣味のお父様が撮られた写真がこちらです。

1 水仙写真.jpg


今回は、お父様が撮られた水仙の写真を黒御影石へ影彫りにしました。
そして、その黒御影石のプレートをお墓に取り付け致しました。

2 IMG_2048.JPG

影彫りとは磨いた石の表面にノミで点を打ち込む技法です。
点で削られた部分は白く、残った部分は黒く、そのコントラストで写真の花を
点刻の明暗で浮び上がらせて写真をそのまま写し出すことができます。

3 IMG_20522.jpg

好きだった植物や思い出の風景、家族の写真をそのまま加工が可能です。
故人の思い出をこんな形で残されるのはいかがでしょうか?


2017年1月 8日 08:00

クリスマスにお地蔵さま

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

昨年のクリスマスに合わせて、
かわいいお地蔵さまのいるお墓を建てさせていただきました。

生まれて間もなくお亡くなりになったそうです。

このお地蔵さまは、宮城県在住の作家 平泉正司さんの作品です。
愛知県産の白みかげ石に、独自の方法で味わい深く作られています。
ひとつひとつが手作りのため、表情がみんな微妙に違いますが、
どれもかわいいお地蔵さまです。

完成した後、お客様から
「月に一度はお参りに来ます。かわいいお墓を作っていただきありがとうございました。」
と喜んでいただきホッとしました。

ご供養のお手伝いをさせていただき、ありがとうございました。

CIMG9051.JPG

2017年1月 7日 08:00
前へ 1  2  3  4  5  6  7

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方