HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

あると便利なお墓参り用品

井上
こんにちは(^-^*)/
篠山店スタッフです☆彡

10月に入り、篠山店周辺はすっかり食欲の秋モード一色です。
さて、9月のお彼岸はお墓参りされましたでしょうか?
先日、お墓参りする時ように小さなおりんがほしい。とご来店がありました。

20181005_orin03.JPG

お墓=りん、といえば、ご住職が持ってらっしゃるのを見かけますね。
これはお寺様用の特別なもの?と思われがちですが・・・

20181005_orin01.JPG
実は、あります。携帯用りん。
持ち手があって、ステンレス製のリン棒付。
意外と響きもいいです!
こちらは小さくて軽いので、巡礼の際にも使うことができます。
が、ご希望されてた方は、安くていいので・・・。とのことでしたので。
20181005_orin02.JPG
こちらの、りんセットをご案内。
台素材:ABS、りん棒素材:PP製、そして軽いので外の持ち運びに最適です。
お値段もお手頃だったので、こちらをご購入いただきました。

お墓参りで、自宅にあるりんを持っていくのはちょっと面倒だったりします。
携帯用の小さなりんも、いろいろ種類がありますので、お気軽にお声掛けください。
2018年10月 5日 08:00

屋根を透き抜けるクレーン。

髙橋 圭司
髙橋 圭司
本店の高橋です。

どの集落にも地元のお宮さんがあると思います。そばには必ず手を洗う水場がありますよね。
今回は石製の洗い場、「手水鉢」のお手伝いです。

手水鉢完成.JPG

上の写真が完成です。本体は250㎏ほどの重量があります。
もちろん私どもは石材店ですので1000㎏を超える重たいものでも慣れた仕事であります。
しかし今回は下の写真のように屋根が・・・。

手水鉢完成引きの写真.JPG

2本の柱から屋根部分をごっそり外して作業をと思いましたが、どうもそんな構造ではありませんでした。
ならばと4分割になっている屋根のアクリル板だけを外す事になりました。
骨組みは残ります。「手水鉢」本体はそこより大きいので通りません。
クレーンのフックだけを通して吊り上げながら少しずつ移動して据え付けることになりました。

屋根からクレーン.JPG

次の升からクレーン.JPG

骨組みの間からクレーンを通す作業を3回繰り返して完了となりました。
ちなみにここの水は地下水で、とても美味しく近所の方がよく汲みに来られてるそうです。
2018年10月 4日 08:00

大阿闍梨にお会いしました

森田 浩介
仕入担当の森田です。

先日、仙台市の郊外にある慈眼寺というお寺に行ってまいりました。そこで、ある方のご紹介で塩沼亮潤さんとお会いすることができました。

塩沼亮潤さんとは、奈良の吉野にある大峯山で千日回峰行という凄まじく凄い修行をされた方です。どれぐらい凄いかというと、1300年の歴史の中で成功した人が2人なのだそうです。
詳しくはこちらのサイト

塩沼亮潤大阿闍梨.png

いったん始めると途中で辞めることは許されない修行で、断念する時には自分の短刀で腹を切らねばならないらしいのです。

有名なのは比叡山の千日回峰行ですが、大峯山でのチャレンジは大変珍しいそうです。
この究極の修行をやりきった人に与えられる称号が『大阿闍梨(だいあじゃり)』です。


そして午後から、護摩修法に参加しました。
私も護摩祈祷は知識では知っていたのですが、実際にこの目で見たことはありませんでした。初めてだったので大変楽しみにしておりました。

始まると、これが大迫力です。
太鼓の音、鐘の音、真言と般若心経が重なり合います。
火が点火されると一気に煙が立ち込めます。
そして目の前に大きな火の柱ができ、そこに祈願が書かれた護摩木がお焚きあげされます。

shionuma-ryojun07_l.jpg
(こちらが公式サイトにある写真です)

約1時間近く続きました。
私が書いた護摩木もあの中にあったのでしょう。

何ともピーンとした空気の中で、とても素晴らしい時間でした。
きっと昔も今も、祈りに対する気持ちは一緒なのでしょうね。

そして、護摩修法が終わると、大阿闍梨の法話があり、ありがたく拝聴させて頂きました。
2018年10月 3日 08:00

お供えの品

上山 典之
上山 典之
こんにちは、篠山店の上山です。

先日、ユーザー様の奥様がお供えの品を見に来られました。

お友達が亡くなられお供えに何が良いかということで、お話を伺うと長い闘病中は食事も制限されておられた様でした。

お勧めしたのが「好物キャンドル」

好物.JPG
好物1.jpg

我慢されていた大好きな甘い物で、ショートケーキ、お団子、コーヒーを選んで頂きました。

好物3.jpg
好物4.jpg
好物2.jpg

お仏壇には、もちろん本物がお供えされているようですが、ローソクなので火を灯して語りかける「どうぞめしあがれ」少しずつ無くなっていくので「まるで本当に食べてくれているみたい」

お友達ならではのお供えができたのではないかと思います。
2018年10月 2日 08:00

娘を想う父が作ったお墓

義積 由香里
義積 由香里
みなさん、こんにちは本店の義積です。
秋は台風の季節ですね。このブログを書いている今も台風が日本を縦断しています。被害が少ない事を祈るばかりです。

私は昨日ニュースでこのようなお墓を見ました。
参考のサイトはこちら
20181001アイフォン墓.jpg

これはロシアで亡くなったアイフォン好きの娘のために父が建てたアイフォン型のお墓です。高さは1.5mもあるそうです。私の身長とほぼ同じですので大きいですね。周囲の墓と比べても個性的なので、お墓を訪れる人は驚かれているそうです。

正直な感想は、本当にアイフォン好きだからと言ってアイフォンのお墓にして欲しかったのか?違うんじゃないか?と少し思ってしまいました。

日本でも亡くなった方が好きっだった物の形にするお墓を建てられることは皆無ではありません。ただ、その方だけのお墓であれば問題はなさそうですが、先祖代々のこれから何人も入られるお墓であれば、これからそのお墓に入る方の事も考えてしないといけないと思います。


話は少し変わりますが、最近では、女優の樹木希林さんが、お亡くなりになりました。飾らない性格で、大好きな女優さんでした。彼女の宝島社の新聞広告も話題となりました。

死ぬときぐらい 好きにさせてよ
「死を疎むことなく、死を焦るこもなく。ひとつひとつの欲を手放して、身じまいをしていきたいと思うのです」

というメッセージと共に、有名絵画をモチーフにした小川の中で横たわるものでした。
参考にしたサイトはこちらです。

20181001宝島社.jpg

彼女は生前終活をされていたそうです。終活は、死後の財産などの手続きをはじめ、葬儀や臓器提供の意志などたくさんあります。突然なくなったり将来寝たきりや意志表示ができない本人と、ご家族の思いが食い違い、思っていた通りにできないこともあります。お墓のこともその一つです。

今回のアイフォンのお墓の詳しいいきさつや内容は分かりませんが、娘さんを亡くされたお父様が娘を想って建てられたということは分かります。お墓を建てる気持ちは皆同じですね。
2018年10月 1日 08:00
前へ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方