HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

草の生えない墓地(ファイバーレジンその⑤)

髙橋 圭司
髙橋 圭司
本店の高橋です。

先月に引き続き、またファイバーレジンの紹介です。
先月は、お客様がご近所の施工例をご覧になられて「うちも同じ様にして欲しい。」との事で1軒ずつ合計3軒になったお話でした。
今回は同時に9軒のお客様の墓地に施工させて頂きました。

ことしの春に1軒がファイバーレジン施工をされました。同じ墓地のご親類の皆様が「あれが良い。」とおっしゃって頂き、気が付けば9軒様の同時工事となりました。

ファイバーレジン1列目修正.JPG


ファイバーレジン2列目修正.JPG


ファイバーレジン3列目修正.JPG

ファイバーレジンの人気はまだまだ続きそうです。
良いお手伝いが出来ました。
2018年12月 7日 08:00

先のことを考えたら墓じまいした方がいいの?

森田 浩介
仕入担当の森田です。

今日は、
『先のことを考えたら墓じまいした方がいいの?』
というお話です。


2ヶ月ほど前にあるところで「お墓相談」の相談員として数人の方のご質問を受けました。

20181014お墓なんでも相談室_181201_0027.jpg
↑↑↑相談会の様子です。この方はすでにお墓もあり安泰な方でした。

最近のお悩みで多いのが『跡継ぎがいない』という問題です。「先のことを考えたら、今のうちに・・・」なんて悲しいご相談が多いこの頃です。

しかしこれにもいくつかのパターンがあります。

①子供もいない。頼れる親戚もいない。
②子供はいるが娘ばかり。また息子がいても遠方に住んでいる。
③自分たちはいいが孫がいない(女の子ばかり)。

いつもご相談を受けながら話を整理するわけですが、このうち本当にお墓の継承を心配しないといけないのは①の方だけです。あとの②③については次の世代の問題です。

この様にお伝えすると「子供たちに迷惑をかけたくない」とおっしゃる方も多いです。
そんな時に私は
「息子さん(娘さん)もいい大人として、きっとお考えをお持ちです。いつまでも子供扱いせずに、先のことは安心してお任せされたらどうですか」
とお答えします。

では、問題の①の場合はどうすればいいのでしょうか。
この解決策として最近注目されているのが『お墓のみとり®』というサービスです。分かりやすく言えば、墓じまいの生前予約サービスです。

詳しい説明は以前のブログをご覧ください。


お墓のみとり全体の流れol.jpg

この仕組みを使えば、最後にお亡くなりの方も同じお墓に埋葬され、一定期間(一周忌~七回忌)はお墓で供養され、その後、お墓は撤去され、納骨堂や永代供養にされることになります。

これを事前に司法書士等に依頼して書類をつくり、公正証書にしておきます。そして掛かる費用を先に支払いを済ませておけば安心です。少し手間はかかりますが、元気なうちに準備される方にはおすすめです。
2018年12月 6日 08:00

大國寺様の永代供養塔

上山 典之
上山 典之
こんにちは、篠山店の上山です。

篠山のお寺でも最近増えてきた永代供養塔の工事の様子を紹介します。
このお寺では墓地の最後列の山際の窪地に位置付けしました。

大國寺1.JPG

山際の為、①お参りのし易い、②笹などの繁茂を防ぐ、③維持管理に労を要さない等を考慮し施工しました。
 
大國寺2.JPG

大國寺3.JPG

大國寺5.JPG

大國寺6.JPG

納骨室の上には宝塔を配置しました。

大國寺8.JPG

宝塔とは、弘法大師空海が伝えたといわれ、金剛界大日如来をかたどったものとされ、宝形(ほうぎょう)の基壇に伏鉢(ふくばち)形の塔身を置き、宝形の屋根を載せた塔です。

大國寺.JPG

ここのお寺も12月に入り紅葉も終わりを迎え冬支度に入ります。
2018年12月 5日 08:00

ペットの骨壺

義積 由香里
義積 由香里
本店の義積です。

12月になり、今年もあと1ケ月になりました。ショッピングセンターや、テレビなどはすっかりクリスマス色ですね。この時期はイルミネーションをされる場所が増え、ワクワクした気持ちになります。

朝通勤していると、犬の散歩をしている風景に出会います。犬や猫にも服を着せたり、家の中で飼う方が多くなりました。ペットは単なる動物ではなく、家族というニュアンスが昔よりも強くなっているみたいですね。

ペットと死別する時には、棺に入れて斎場に行き、焼骨は骨箱に入れるという方もいらっしゃいます。今回は大切な家族であるペットの骨箱をご紹介します。

20181204ペット骨壺.JPG

写真の左が猫用で、右側が犬用です。高さ約11センチあり、手のひらに乗るほどの大きさです。

20181204ペット骨壺2.JPG

蓋は耳の形になっており、花のイラストが描かれています。

20181204ペット骨壺4.JPG


20181204ペット骨壺3.JPG

本体の裏はしっぽがあしらわれています。

この骨壺は本店のみ取り扱っています。

丹波市のペットの火葬は柏原斎場つつじ苑で行われています。火葬を行うためには市長の許可書が必要です。丹波市柏原斎場つつじ苑では人体の火葬を優先するため、ペットの火葬は原則午前中に行われます。

丹波市の小動物の火葬の案内
2018年12月 4日 08:00

小面磨き

森田 茂樹
森田 茂樹
代表の森田です。

IMG_8049.JPG

小面とは赤色の印が付いている面です。この板石は室内の足元に貼り付ける「巾木」として使用します。
赤印の面も本磨きで加工メーカーに指示をしていたのですが・・・

磨き忘れで届いてしまった。その数160枚・・・どひゃ~


どうせ磨きなら磨き方をご紹介しようと思います。

厚み15ミリの石なので35枚ほど並べます。

IMG_8052.JPG

並べた石を「万力」ではさみ固定します。

この様にすると大きな石面になるので、研磨機が使えます。

IMG_8054.JPG

粒子の粗い50番から200番・400番・800番・1500番・3000番と6回の工程で磨きます。

*何といっても大事なのが最初の50番・200番です。この番手でしっかりと磨かないと艶が出ません。

IMG_8057.JPG

完成しました。最初はグレーの色だったのが、磨くと黒く光りました。

160枚の石は、35枚を5回行なって完了しました。
2018年12月 3日 08:00
前へ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方