HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

神前灯籠

森田 茂樹
森田 茂樹
代表の森田です。

神前灯籠は名前のごとく、神様の前を灯す明かり(献灯)です。

灯籠は、奈良時代が始まりで、室内の明かりや灯台・・・現在に至っています。種類や形、素材も様々で、鉄製、木製、石製などがあります。神社仏閣はもちろんのこと、庭園などは観賞用として花崗岩がよく使われます。

さて、今年の台風20号と21号では、関西も大きな被害がありました。この会社でも、社内でお祭りされている「稲荷神社」に風で飛ばされた看板があたり、灯籠が壊れてしまいました。そしてこの度、新しく灯籠を新調されました。


神灯籠.JPG

以前の灯籠はコンクリート製でしたが、今回はみかげ石で作成。

高さは1.6mで、柱の中心部分に穴が貫通していて電線が通っています。夕刻になるとタイマーで明かりが付きます。
2018年10月16日 08:00

お墓の「丸布団」

山崎 倫子
本店 山崎です。

一般的なお墓の蓮華については、以前のブログでも紹介しました。では、このような形は見られたことはありますか?
丸布団.JPG
これは、弊社では「丸布団」や「スリン」と呼んでいます。蓮華台と違って、少しスッキリとしたイメージです。蓮の花はお釈迦様が故人を極楽浄土へ連れて行く時に乗せる台と考えられてきました。そして、この蓮華台と同じ位置になる「スリン」も、本来は蓮華台であり、それが簡略化されたものと言われています。

これがあると、背が一段高くなり高級感が増します。シンプルなデザインを蓮華台として採用する方もおられます。

「蓮華台」も「スリン」も、どちらも故人の極楽浄土への旅立を願って作られているのです。
2018年10月15日 08:00

展示場を見るメリット

福島正弘
福島正弘
滝野店の福島です。

お墓を建てようと考えたり、リフォームなど建て替えを検討されている方は、どのような石で、どのようなデザインにすれば良いのか悩まれると思います。
インターネットやチラシ、カタログなどで検討する方も多いかと思いますが、私どもからのご提案としましては展示場の見学をお薦めします。

展示場を見るメリットとして・・・

①実物大のお墓が見れます
インターネットの画面やカタログでは、表示されている寸法から大きさをイメージするしかありませんが、展示場には実物大のお墓があります。やはり実物サイズの物を見るとイメージもしやすく、デザインもしっかりと確認する事ができます。

デザインの種類は、インターネットやカタログの方が多いかもしれませんが、実物のデザインで比較すると違いもはっきりと理解する事ができると思います。ご自身の体型と比較して段差やお墓の大きさが確認できますし、お花の交換やお掃除の時に手が届く位置など細かな部分も確認できるのが実物大の魅力です。


②実際の石で色や石目が確認できます
石材の種類はたくさんあります。もちろん全ての石を確認できるわけではありませんが、実物で確認することにより、カタログより鮮明に色や石目を見ることができます。同色系の石の微妙な色目の違いなども実物で比較しないとわからない部分です。

同じ石でも形状によって見え方が変わったり、光の当たり具合で見え方に変化がある事もあります。


③お墓の構造が理解できます
ひとくちにお墓と言っても、構造によって使用方法(特に納骨方法)が違います。実際に墓地に建てられるお墓と同じ構造が見れるわけですから、カタログなどでは分かりにくい部分も、しっかりと確認する事ができますし、不明な点も確認する事ができます。

カタログなどでは見れない裏側や内部が見れるのも展示品の魅力のひとつだと思います。天候も良いこの時期にご家族で展示場見学などいかがでしょう?

福島20181014①.jpgのサムネイル画像

福島20181014③.jpg



2018年10月14日 08:00

区画の敷地面積広すぎる場合のお墓

中村 淳
中村 淳
滝野店の中村です。

滝野店のエリアでは非常に敷地面積の広い墓地がよくあります。
従来お墓はご夫婦ごと若しくは個人ごとに建てられていました。
ですので公営墓地や民間墓地は別として、村の墓地は非常に広く割り当てられています。
10㎡前後の区画なんてざらにあります。

しかし最近の建て方として、「先祖代々のお墓と霊標(墓誌、法名碑)」といったセットの建て方が主流となっております。
建て替え(既に何基か墓石がある場合)はいいのですが、ご新宅の場合ですと広い敷地にポツンと墓石が建つことになります。
また、広い敷地を全て巻石で囲ったりすると予算的にも高額になります。
そして何より敷地が広い分、草引きなどお手入れも大変です。

そこで、
「お墓は建てたい。。。でも敷地が広くて・・・。」
とお墓づくりを躊躇される場合もよくあります。

この対策として方法はいくつかあります。
ひとつはその区画を返して新たに狭い区画を確保し直す方法です。
しかしこれは墓地規約によって制限されていたり、そもそも狭い区画がない場合もあります。

今回担当したお客様はまさにそのようなお客様でした。
もうとにかく広い区画しかないのです。

施工前KM.jpg

3.6m×3.1mの11㎡です。

このお客様は、お子様が女性ばかりなのでひょっとしたら今回建てるお墓を使うのは自分たちで最後かもしれないという思いから代々墓のみの建立をご希望でした。
その他デザイン墓をご希望で敷地が広いので草の手入れを簡単にして欲しいとのことでした。

ご要望を踏まえて完成したお墓がこちらです。

斜め前KM.jpg

区画全てを同じデザインのもので囲うではなく部分的に変えることによって墓石がポツンとなる事もなく、コストも抑えることができます。
また犬走りや張石、ファイバーレジンを使い防草対策もバッチリです!

犬走りKM.jpg

FBKM.jpg

今回は2種類の外柵を使う事で、広い敷地で墓石が不自然にならない建て方をご紹介しました。
他にもこういった施工例がありますのでまたご紹介します。
2018年10月13日 08:00

大きなお墓①

眞下 尚利
眞下 尚利
篠山店の眞下です。

現在、工事させていただいている、お墓づくりの話です。
現場は三木市吉川町で、「大きいお墓」というのは、墓地の大きさです。

20181012大きなお墓 (1).JPG
間口5.5メートル、奥行き8.1メートルで44平方メートルの墓地の大きさです。

20181012大きなお墓 (2).JPG
私もこんな大きな墓地のお手伝いをさせていただくには初めてです。
墓地が低い所にあり、土が墓地内に流入しています。
上の写真でもわかるように墓地の周りを囲んでいる巻石が見えなくなっている所があるのがわかると思います。

工事初日は既存碑と巻石の解体と2日目に基礎ベースをする為の土出しの作業です。

20181012大きなお墓 (3).JPG
土に埋まっている巻石を掘り出していきます。

20181012大きなお墓 (4).JPG

20181012大きなお墓 (5).JPG

20181012大きなお墓 (6).JPG
出できました。

20181012大きなお墓 (7).JPG
巻石は元の所に据え直すのでナンバリングして、一旦墓地の外に出します。
また、この巻石の上に玉垣を据えるので、洗う作業も必要です。

20181012大きなお墓 (8).JPG

20181012大きなお墓 (9).JPG
工事初日は終了です。2日目に巻石の下に基礎コンクリートをして、養生の為に約10日後に工事再開です。
次回も続きます。
2018年10月12日 08:00
前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方