HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

万成石の採石場視察

森田 茂樹
森田 茂樹
代表の森田です。

先日、形のいい石を見つけるために、岡山市で採石されている万成石の丁場にお伺いしました。

万成石は岡山県で採掘されています。歴史は1830年ごろがスタートなのだそうです。本格的な採掘は昭和に入ってからで、11ヶ所の丁場が出来て、主に建築材として使用されていました。現在は2ヶ所の丁場で、主に墓石材料を採石されています。

万成丁場1.jpg

岡山市内が見渡せる景色。周囲には数多くに原石が積み上げられていました。

万成丁場2.jpg

岩盤に数多くの穴を開けて、その穴に発破(火薬を詰めて爆破)して原石を取り出します。

見た目は「茶色い・錆色」ですが、割った中は「ピンク色」です。私達は「桜みかげ」と言っています。

万成墓石5.jpg

とても綺麗な色合いで、本御影石ともよく似ています。


2019年2月25日 08:00

彫刻の良し悪しを決めるのは...

藤井勇輔
滝野店の藤井です。


突然ですが、お墓に刻まれている文字ってどうやって彫っているか知っていますか?

実は
砂.jpg

砂なんです。


彫刻 機械.jpg

この機械から圧縮した空気で砂を飛ばすことで字を彫っていきます。


この砂をあてる際に文字の一画の真ん中に一定に当てていくことが、綺麗な文字を彫刻していくのに必要不可欠です。
そういった彫り方のことを薬研彫りといいます。

薬研彫り.jpg

真ん中に白い線のようなものが見えませんか?
この線が文字の中心に来ているかどうかがいい彫刻がされているかの1つの目安です。

1度お家のお墓はどんな彫刻がされているのか見てみるのもいいかもしれないですね。
2019年2月24日 08:00

素敵な仏具

山崎 倫子
本店 山崎です。

仏具の中で欠かす事の出来ないものの一つに、「りん」があります。
「りん」は鳴らす事によって、人々の邪気を払うとされています。また、供養や祈りをその音に乗せて、極楽浄土へ届けるとも言われます。

そんな「りん」にもこんな素敵な物があります。
20190222リンセット.JPG

ちょうど今からの季節にもぴったりな桜の絵柄がのったものです。本体にも台にも絵柄がついています。
とてもかわいらしいですね。
気に入った「リンセット」で毎日のお参りをするのも素敵ですね。
2019年2月23日 08:00

墓石にも保証書

福島正弘
福島正弘

滝野店の福島です。

電化製品などを購入した際「保証書」を受け取られると思いますが、当社ではお墓を建立させていただいたお客様に「お墓の記録」と一緒に「墓石保証書」をお渡ししております。


DSC_2206.jpg

この保証書をお渡しする際、一緒にご説明させていただく事がいくつかございます。

建立されてからではわからない途中の様々な工程や写真、お墓参りの際に気を付けて頂きたい事などなど一冊のファイルにまとめてお渡しします。

墓石は自然の物ですので100%大丈夫ですとは言い切れませんが、出来る限り100%に近づくように各工程において厳しく検査や確認作業をしております。

お墓のお引渡しが終り、この記録をお渡しすることで「当社に任せて良かった」、「安心しました」と喜んでいただいております。

2019年2月22日 08:00

急勾配な敷地のお墓②

中村 淳
中村 淳
滝野店の中村です。

前回の続きになります。

仮設通路を作り、既存墓石を撤去した後、コンクリートを打設する場所を掘ります。

ねほりk.JPG

続いて掘った所を転圧していきます。

転圧1k.JPG

転圧後、鉄筋を組みコンクリートを打設してベースの完成です。

ベース1k.JPG

養生した後、1段目の間知積み階段部分を作っていきます。

間知積みk.JPG

間知石に裏込め(裏側にコンクリートを詰めます)をして1段目完成です。

1段目完成k.JPG

本日はここまで。
次回は2段目の完了までを報告致します。

2019年2月21日 08:00
前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方