HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

新しい年を迎え

上山 典之
上山 典之
こんにちは、篠山店の上山です。

昨日に引き続いてお位牌の話です。

新しい元号"令和"を機にお位牌を承りました。

7月の年忌法要に併せて沢山あったお位牌を過去帳に纏められました。

過去帳位牌1.JPG

大きいほうが8寸のお寺用、総高さ55cmかなり大きい位牌になります、小さいほうは5寸で自宅仏壇で祀られるもの

過去帳位牌2.JPG

過去帳は先にお渡ししておいて、住職様に法要に間に合うようにお願いして頂きました。

ご自宅用の過去帳は日付入りなので、毎朝その日の月命日のご先祖様がわかるようになり、今まで以上に出会ったことの無いご先祖様にも親近感が沸くようになったようで、お仏壇もすっきりし良い年が迎えられると思います。
2019年5月23日 08:00

古いお位牌がたくさんある場合

義積 由香里
義積 由香里
本店の義積です。

先日、大阪の「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」の世界遺産への登録に向けてほぼ確定しました。
この古墳群のには、仁徳天皇陵がある有名な古墳があります。古墳といえば古い時代の高貴な方々のお墓ですが、お墓が注目されてちょっと喜んでいます。

先日お客様のお宅でお仏壇を見る機会がありました。お仏壇の奥には年代が経ち、戒名すら見えにくいものが数本ありました。
お話を伺うと「毎年お盆前にお位牌の掃除をするけど、たくさんあって大変やたからまとめたいとずっと思っている。」とのこと。

お位牌をまとめる方法はいくつかあります。

その1 大きな位牌にまとめる
大きなお位牌なので、複数の方を彫刻することができます。
20190522過去帳位牌 (2).png

その2 過去帳が入る位牌にまとめる   

20190522過去帳位牌 (1).png

その3 繰り出し位牌にまとめる
台座に戒名を記す札板が8〜10枚入ります。その板を命日の順に入れていきます。

20190522回出位牌.jpg

このように様々な形でまとめることができます。

今回のお客様の古いお位牌は、先代さんが戦争時代に縁のあった方々の分だったので誰のものかよく分からなく法要もしたことがない方ばかり、ということで一本のお位牌にまとめ「◯◯家先祖代々之霊位」と彫刻して納品いたしました。お位牌の中がスッキリしたと喜んでおられました。

20190522総金位牌.jpg
2019年5月22日 08:00

地神様のお引越し

森田 茂樹
森田 茂樹
代表の森田です。

前回、建立した「お社」に神様が引越しをされました。

地神様ビフォー.jpg

この様な形で何百年もお祭りをされていました。中に見える「五輪塔の擬宝珠(ギボシ)」が地神様です。

この様に五輪塔の擬宝珠が神様としてお祭りがされている形をちょくちょく見かけますが、本来は神様として作られたものではないと思います。

当時の人がシンボルとして置かれたと推測しますが、手を合わしたくなりますね。

写真では見づらいですが、擬宝珠の横に娘さんが小学生の時に石に顔を書いた「お地蔵さん」も隣に置いてありましたので、一緒に引越しをいたしました。

地神様アフター.jpg

新しいお社の中で、引続き「五穀豊穣」「家内安全」をお守りくださいませ。

2019年5月21日 08:00

お参りのしやすいお墓~外柵・墓石建立編~

藤井勇輔

滝野店の藤井です。


今回は外柵・墓石建立編です。


早速工事の様子を紹介していきます。

外柵据付け.JPG

モルタルを敷いた上に外柵を据えていきます。
外柵は接続部分が固定されるように金具をつけていきます。

金具.JPG

金具の部分にはモルタルを塗り上げることでより強度を上げます。

塗り上げ.JPG

外柵の中に砕石を入れて転圧をしていきます。

転圧.JPG


その上に墓石を据えていきます。その際には地震に耐えるお墓にするために免震施工をしていきます。

免震施工.JPG

申し訳ありませんが、そこに関しては企業秘密なのでお見せできません。
墓石建立.JPG

1番下の段の下台と2段目の上台の間と、上台と1番上の竿石の間に免震施工をして
墓石の建立までが終了しました。

次回はファイバーレジンと舞台のコンクリート打ちの様子を紹介していきます。

2019年5月20日 08:00カテゴリお客様とお墓づくり

シダレザクラと標柱

山崎 倫子
本店 山崎です。

先日、このブログで「令和第一号」について記載しましたが、
実はその1号というのは、「ささやま桜協会」が主催されたシダレザクラの植樹の横に建てられた標柱に彫刻するものでした。

その事が、新聞に掲載されていましたのでご紹介します。

新聞記事.jpg


篠山市は、改元に合わせた5月1日より、「丹波篠山市」へと市名が変わりました。その祝いも兼ねられているそうです。
標柱には
石井造園緑化.jpg

3面にこのように彫刻しています。「丹波篠山市」の誕生、そして「令和」という時代の始まり・・桜と共に多くの方の目にとまる事でしょう。
その記念のお手伝いが出来てうれしく思います。また綺麗な桜が咲く頃に是非見に行きたいものです。
2019年5月19日 08:00
前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方