HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

お墓の新しい形式

髙橋 圭司
髙橋 圭司
本店の高橋です。

前回のお手伝いは夫婦墓を建てるという比較的数が少ない伝統的な形式でした。今回は今最も多い形式のご紹介です。

20191128-1.JPG

ご覧のように昔からあるご夫婦ごとのお墓です。右端にはもっと古いご先祖様の戒名が五輪塔に刻まれています。私共の地域で一番良く見かけるお墓です。

左の前に木製の墓標が建っています。まだ墓石として供養されていません。今回はこの仏様の為の工事となります。

これまでの形式を継承するならば、もう1本夫婦墓を建てることになります。しかしこの形式を続ける限り墓石が増え続けることになってしまいます。スペース的にもお墓の管理においても大変です。

「◯◯家之墓」と刻んだ代々墓と戒名を刻む霊標を建てれば、もう新しい墓石を建てなくとも大丈夫です。私共のお手伝いで一番多い工事の形式です。

20191128-2.JPG

まずは全て解体します。
右端にあった五輪塔は残し、2基あった夫婦墓はその戒名を五輪塔に刻み墓石は処分します。

石井貴美子家転圧.JPG

墓石を建てるところを良く転圧します。
白い石で組んである四角いのは納骨室です。

20191128-3.JPG

綺麗に出来上がりました。
今回も良いお手伝いが出来ました。
2019年11月28日 08:00

お墓のエンディングノート

森田 浩介
森田 浩介
仕入れ担当の森田です。

今日は「お墓のエンディングノート」をご紹介します。

お墓のエンディングノート.jpg

エンディングノートは皆さんご存知のことと思います。この「お墓のエンディングノート」はお墓に特化したエンディングノートで、お墓の先々のことのために書き残しておくべき項目が用意されています。

大きさはA5サイズです。

内容はと申しますと、

  • お墓の所在地
  • お寺さんや霊園とのおつきあい
  • 家系図
  • お墓に関する希望や石材店のこと
  • 改葬の手続き

などが網羅されています。

これは「お墓のみとり®」(お墓じまいの生前予約サービス)の一環で作られたものです。

エンディングノートも実際に書ける人はほんの一握りといわれています。おそらくこの「お墓のエンディングノート」も書こうとするとなかなか筆が進まないものと思われます。

できれば、新しくした時やリフォームのタイミングで石材店が一緒になってお手伝いするのがいいかもしれません。
2019年11月27日 08:00

大正九年六月

上山 典之
上山 典之
こんにちは、篠山店の上山です。

朝の凛とした空気の中、鳥居再建の工事に伴う安全祈願祭に参列しました。

ann4.JPG

今年7月の台風で右後方にある大杉の御神木から折れた枝(といっても大人のウエスト位ありました)による被害を受けた鳥居です、貫(ぬき)の左側が危険な状態です。

ann1.JPG

ann2.JPG

この鳥居は大正九年六月建立で今年で99歳を迎えます。

ann3.JPG

今後のことも考えて後ろにある御神木3本も根元から切り倒されます、おそらく1番大きな御神木は鳥居よりも以前からあったと思われます。

ann5.JPG

それに伴い鳥居の撤去をしましたが、何か残せるものはないか。

ann7.jpg

長年慣れ親しんだ額(がく)の文字は新しい鳥居の額に写し彫刻して残していきます。

ann6.JPG

今年99歳という事は、来年は100歳、なにか運命的なものをを感じます。
99歳の鳥居、もっと年長の御神木、長い間お疲れさまでした、ありがとうございました。

2019年11月26日 08:00

看護学生の企業見学

義積 由香里
義積 由香里
本店の義積です。

朝には霧が出る日が増え晩秋を感じるようになりました。私は先日播州の清水寺に行ってきました、西国25番札所のお寺で紅葉が有名です。

ライトアップが幻想的な紅葉を見ることができました。

1574493506276.jpg
※義積撮影

さて先日、本社には企業見学に4名の看護学生が来られました。丹波市看護専門学校の生徒さんです。目的は「労働者に対する保健活動」についてです。

いくつかの質問を受けました。質問の内容は仕事をするのにあたり、体に及ぼす影響や、健康診断などの内容でした。

防じんマスクや、ヘルメット着用や安全靴、グリップ手袋をはめケガの防止を行うことを説明しました。私の言葉のひとつひとつを熱心にメモに取られるので、なんだか緊張する~(笑)

20191115看護学生1.JPG

展示場で話をし、そのあと工場見学をしました。工場では石に文字を彫刻する機械(サンドドラスト)、道具や長靴などの置き場などを案内しました。

20191115看護学生3.JPG

ブログでもご紹介している「そうじの力」のおかげで、工場内が整理できており、ここは見られたら恥ずかしい、と思う箇所がありませんでした(良かった!)。

少し時間がありましたので、展示場のお墓についての説明をし、見学終了しました。みなさん、お疲れ様でした(^^)


学生の方以外でも、見学はいつでもできますので、是非お越しください!
2019年11月25日 08:00

箱庭づくり

森田 茂樹
森田 茂樹
代表の森田です。

before .jpg

この写真は、本社の玄関なのですが、昨年リフォームをしてから何も手をつけていなく適当に植木や石の置物を置いていただけでずっと気になっていました。
天気も良くて日曜日に一人でコツコツと箱庭を作りました。

箱庭作業1.jpg

適当な栗石と大きな石を持ってきてコンクリートでガタツキが無いように据え付け

箱庭作業2.jpg

石と石の間にコンクリートを詰めて刷毛でチョンチョンと叩くようにしながら石より少し低めで仕上げます。

IMG_0041.JPG

完成です。最初に「雪見灯籠」を活かしたいなと思って、台石探しをしてこの様なイメージで作りました。作業時間は約6時間ほどです。

2019年11月24日 08:00
前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方