HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

もうすぐ春のお彼岸です

山崎 倫子
本店 山崎です。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、だんだんと寒さも和らいできました。彼岸がくると季節の変わり目を感じますね。そして、彼岸=お墓参りへ行く日と考えられる方も少なくないと思います。

一般的にお彼岸は春分の日の前後3日を合わせた7日間のことです。祝日法により、春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」。秋分の日は「先祖をうやまい、亡くなった人々をしのぶ日」と定められています。

また春分の日と秋分の日は昼と夜の長さがほとんど同じで、太陽が真西の方角に沈みます。仏教の考え方では、西にあの世が存在する場所があるとされています。そのため、春分の日と秋分の日は、あの世と最も距離が近くなる日と考えられました。ですから、自然とお墓へ参るという行為が行われるようになったのでしょうね。

お彼岸のお供え物は、これも皆さんご存知でしょうが、春は「ぼたもち」秋は「おはぎ」を供える事が一般的です。ぼたもちもおはぎも、実は同じものですが、季節によって「牡丹」と「萩」にちなんで名付けられています。

ぼたもちを供えて手を合わせたいですね。(お墓へ供える際は、持ち帰ってくださいね!)


この頃は、だんたんと暖かい日も増えてきて、そろそろ桜も咲くかなぁ~と出かけるのにもよい時期ではありますが、時間を見つけお墓やご仏壇にお参りするというお彼岸本来の目的も果たしたいものです。

私も先日、スーパーに立ち寄った時、普段ならあまり通らない和菓子のコーナーで、「あぁ、おばあちゃんがこの大福好きだったな~」とふと思い出しました。そろそろお参りに来てよと、言ってるのかもしれません(^^)

teoke1.gif

2019年3月12日 08:00

仮埋葬のお手伝い

福島正弘
福島正弘
滝野店の福島です。

先日、あるお客様から「仮埋葬」のご依頼をいただきました。

DSC_2437.jpg

地域、宗派にもよりますがこの辺りでは35日や49日の満中陰の際にご納骨をなさるのが一般的です。

ご納骨出来るお墓がある方はそちらの方へご納骨なさるのですが、まだ納骨が出来るお墓がない方のために当社ではこの「仮埋葬」をご案内しております。

20190310ブログ.jpg

満中陰のご法事までに私どもで穴を掘り、写真のようなケースを設置しておき、ご遺骨は綺麗な骨壺のまま納めさせていただきます。
当日は私どもの方で納骨のお手伝いにうかがいますのご安心ください。


この「仮埋葬」をご案内する利点として
①法事までバタバタしており穴を掘る時間も無い
②仏事はわからないことも多く、寺院や参列者様への気遣いもあり大変
③土をさわるので礼服が汚れてしまう

といった事からご案内し、沢山の方にご利用いただいております。
2019年3月11日 08:00

急勾配な敷地のお墓③

中村 淳
中村 淳
滝野店の中村です。

前回からの続きです。


前回で1段目が完成しました。

1段目完成k.JPG

次にこの上に乗せる延石や間知石の為のベースを打ち、中に砕石を詰めていきます。

2段目ベースk.JPG

延石などはしっかりと金具で固定していきます。

金具1k.JPG

金具2k.JPG

次に延石や間知石を据え付けて、建前です。

のべ間知k.JPG

建前k.JPG

本日はここまでです。
次回いよいよ完成です!

2019年3月10日 08:00

リフォームあれこれPart6~軍碑~

眞下 尚利
眞下 尚利
篠山店の真下(ましも)です。
前回に続き、リフォーム工事のお手伝いです。

三田市のお客様で、昨年リフォーム工事をさせていただきました。
その続きで、昨年リフォーム工事したお墓の向かい側にある、軍碑のリフォームです。

20190309リフォーム工事⑥ (1).JPG

背の高い軍碑です。
花立は塩ビパイプで、取り外しができませんでした。
ですので、最近はその前に竹を設置して、花筒としてお使いになっていました。

線香立はなく、石の上に寝かせて置いておられたようです。
(すいません、お客様にこんな感じで線香立と花立設置しますと打ち合わせした写真しか残っていませんでした。)

20190309リフォーム工事⑥ (2).JPG

石塔と巻石の間のコンクリートも長年の汚れが付き、苔も生えています。

20190309リフォーム工事⑥ (3).JPG

完成後です。

取り外しができる線香立と花立を設置しました。

20190309リフォーム工事⑥ (4).JPG

石塔と巻石の間のコンクリートを塗り直しました。
解りづらいかもしれませんが、石塔と巻石の洗浄もしました。

家族の為、国民の為に戦地で亡くなられた方のお墓がキレイにすることができてありがたく感じました。
また、同時に同じ墓地の2軒のお家のリフォーム工事もお手伝いさせていただきました。

ご紹介いただき、ありがとうございました。
2019年3月 9日 08:00

Q.何代前まで戒名を入れればいいですか?

森田 浩介
仕入担当の森田です。

今日はお墓づくりの中でよくある質問です。


Q.何代前まで戒名を入れればいいですか?

A.できるだけ遡るのが本来ですが、現在では分家されたところから入れるのが普通です。


一般的には・・・
お墓を建てるときには戒名・法名が彫られます。さてどこから遡るべきなのでしょうか?いつもながら、お墓のことについては明確なルールが存在しないのですが、一般的にされているのは分家初代からが多いです。つまり分家される前の人は(分家初代から見れば親)別のお墓に彫られているからです。


まずは先祖に感謝
お墓の建て方として、分家するにあたりそれまでのご先祖様をお祀りする方法があります。それが五輪塔です。五輪塔はお墓ですが、このように供養塔として用いられることも多々ございます。その場合、五輪塔にできるだけ遡って戒名・法名を彫る場合もありますし、先代のみを彫る場合もあります。


もっと簡単にできないの?
そんな面倒なことは考えていないという方も多いでしょう。一般的な先祖代々のお墓と霊標の場合には、分家された方を先頭に彫っていきます。先ほどのそれまでの方をお祀りする方法として、霊標の一行目に「◯◯家先祖代々諸精霊」とまとめて彫る方法もあります。


彫る彫らないに関わらず
お墓づくりは、多くの人が一生に一度あるかないかの大仕事です。ですから、せっかくお墓を新たにお建てになる時には、ぜひともご先祖様を遡っていただきたいと私は思っています。それは、彫る彫らないに関わらず、ご家族のルーツとして知っておくことはおすすめです。


ご先祖様の調べ方
ご先祖さまを調べるには戸籍謄本やお寺の過去帳などが手がかりになります。戸籍謄本は役所に行けば調べられますし、離れたところでも郵送で対処してくれます。こちらで家計のつながりがよくわかります。

また菩提寺に行けば過去帳がございます。お寺が出来てからのものは残っているはずですが、昔は火災が多かったために歴史の途中で焼失してしまっていることもよくあるようです。ぜひトライしてみてください。


調べることで
ご先祖様を調べることで、その中に自分と似たような人がいたり、中興の祖とも呼べるような人が出てきたりします。実際に調べた方は、とてもいい体験になったとおっしゃいます。


まとめ
今回は戒名・法名の遡りについてお話しました。
少し話はそれましたが、
①できるだけ遡る
②分家初代から
③先代から
以上の3通りが一般的です。
2019年3月 8日 08:00
前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方