HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

森田の基礎工事

中道 祥貴
中道 祥貴
本店の中道です。

お墓の外柵(区画)の工事には、一般的には基礎の工事が必要です。不必要な場合や、新たに基礎工事をしない場合もありますが、ほとんどの場合には、鉄筋入りの基礎ベース(コンクリート)をします。

基礎工事には大きく分けると 杭打ち基礎と直接基礎の2種類のに分けられます。杭打ち基礎は名前のごとく、地盤に杭を打ち、その上に基礎のコンクリートをします。直接基礎には 独立基礎・布基礎・ベタ基礎 といった、3種類の施工方法があります。

今回は 森田のベタ基礎がどの様に行われているのか ご案内したいと思います。


まずは 施工前、これから工事が始まります。
4.17基礎 1.JPG


ユンボを使ったり、手作業で掘り方をします。
4.17基礎 2.jpg

根掘りの完成です。
4.17基礎 3.JPG

次に、ランマー(転圧機)を使って 丁寧に地盤を締め固めます。
4.17基礎 4.JPG

充分に締め固まった地盤に、三分鉄筋を敷き詰めます。
4.17基礎 6.JPG

コンクリートを流し込みます。
※中央部分は 納骨堂の位置なので、土の状態を残します。
4.17基礎 7.JPG

ベタ基礎の基礎工事の完成です。
4.17基礎 8.JPG

2018年4月17日 08:00

生まれ変わった数珠

義積 由香里
義積 由香里
こんにちは、本店の義積です。

先日、本社の近くの正覚寺様より、数珠をいただきました。木目が美しくとても素敵なものでした。

20180416-1.jpg

20180416-2.jpg

触ると木の感触が心地よく、房も落ち着いた色で老若男女どなたでも使用できそうです。そして数珠には、一文が一緒に添えてありました。

P1018297.JPG

正覚寺様は最近地蔵堂の改修をされました。その改修のされる前の古材を使用して数珠は作られたものでした。

古いものを処分する事は単ですが、長年使用したものをまた別の形に残す事で何年も残されていきます。古い物は捨てるしかないことはありません。お墓を建てる時にも、古いお墓を全て処分される場合と、使用出来るものは使用される事もあります。足りない部分は新しい石で補足されることもあります。お墓は単なる石ではなく、ご先祖様の家でもあるので、なおさらですね。

正覚寺様、素敵な数珠をありがとうございました(^-^)
2018年4月16日 08:00

お仏壇を入替えました

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。

今までのお仏壇から新しいお仏壇に入替をしてきました。

IMG_0723.jpg

引取りさせて頂きましたこれまでのお仏壇は、亡くなられた仏様のない新宅家でしたのでお母様が信仰されておられた日連系の仏教をお祀りされていました。

この度、お母様が新仏としてお亡くなりになられた為、本来の宗派でお仏壇も新調させて頂きました。

20180402-2.JPG

浄土真宗でございます。

やはりこの大きさの金仏壇になると装飾品も大きくなり迫力も出てきます。中央の須弥壇に鎮座する阿弥陀如来像は香木を使用しました。

これからはお母様に代わってお父様や息子様でご供養を維持されて下さい。
2018年4月15日 08:00

古い石積みを積み直す

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

お客様のご要望は、今にもぐすれそうな石積みをきっちりして、新しくお墓を建てたいと。
20180414-1.JPG

自分のところだけ新しくするのは、抵抗があり今ある石積みをきれいに積み直して欲しいとの事でした。

20180414-2.JPG

この緑のテープは、積み直しをする石の印。

20180414-2-2.jpg

同じ石を同じ場所に積まなければならないので、積み直しをする石に番号をつけて、記録メモに書いて作業を行います。解体後、メモに従って石を積み直し、動かないように固定作業を行います。

20180414-2-3.JPG

後ろの列は、赤印のところでは、1段しか見えませんが、よくよく見ると、下の黒矢印のところにもう1段あります。

20180414-3-1.JPG

通路を掘り起こして下の段も固定します。

20180414-3-2.JPG

同じ石が同じ場所にもどり、しっかり固定されたのでこれで安心です。

20180414-5-1.JPG

これで、古い石を使った石積み直しの完了です。

20180414-5.JPG

お墓を建てから20~30年数が経つと、お墓が傾いたり、石積みや延石がズレたりそんな事が出てきます。今あるお墓を出来るだけ修復し長持ちさせることで、きっとお参りしやすいお墓に出来ますよ。
2018年4月14日 08:00

墓地の地盤調査

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

先日、墓地の補修にあたり地盤調査をいたしました。地盤調査といいましてもボーリング調査(標準貫入試験)やスウェーデン式サウンディング試験など色々とありますが、この度は、一般的によく採用されるスウェーデン式サウンディング試験での調査です。

杉本家サウジング.png

都合4箇所で調査を実施し、その結果がこれです。

無題.png

ここの墓地は、3mの高さの重量式擁壁を施工し造成した墓地で、約50年前に造成されております。造成後、25年経過してから墓石を建立されましたが、傾きがありますので補修にあたり、調査を実施いたしました。

結果を見ると、「無回転急速」の層が不規則にあり、また「急速自沈」を示す層も有り、緩く不安定な状況です。地盤改良の方法も、表層改良工法・柱状改良工法・シート工法など色々とありますが、不安定な層の深さの事もあり、お施主様と協議しながら進めていきたいと思います。

このように地盤調査をしたうえでの、御提案もさせていただいております。
2018年4月13日 08:00
前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~19時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方