【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

こんなにキレイになりました~色んな洗浄~

眞下 尚利
眞下 尚利
篠山店の眞下(ましも)です。
先日、お手伝いした洗浄の話です。

ご不幸があり、追加の彫刻と洗浄をお手伝いしました。
職人が頑張ってくれてキレイになりました。

20191223洗浄 (1).JPG

20191223洗浄 (4).JPG



20191223洗浄 (2).JPG

20191223洗浄 (3).JPG



20191223洗浄 (6).JPG

20191223洗浄 (5).JPG
虫が巣を作っていた跡もキレイになりました。

少し早いですが、来年もよろしくお願いいたします。
2019年12月23日 08:00

日本石材工業新聞インタビュー

植木芳匡
篠山店の植木です。

今回は、11月に日本石材工業新聞様にインタビューをうけたお話です。

インタビューを受けたのは、私と滝野店の藤井さんです。私と藤井さんは、実家が石材店で勉強のために森田石材店で修行をさせていただいております。そのことについてインタビューを受けさせていただきました。

20191222写真1.JPG

20191222写真2.JPG

20191222写真3.JPG

人生で初めてのインタビューでしたので、緊張していて上手く話すことはできませんでしたが、自分の目標やどうして石材店を継ごうと思ったのか、などの質問に声に出して答えることで、今までとはまた違った気持ちでお仕事に取り組んでいます。

このインタビューを経て私は、自分の目標や意思を声に出して言うことの大切さを身に染みて感じました。心の中の思いを誰かに伝えることで、その思いに「覚悟」と「責任」が乗り移りました。この「覚悟」と「責任」をいいプレッシャーに変換し、これからのお仕事に取り組んでいきます。

貴重な体験をさせていただいたお話でした。

2019年12月22日 08:00

最後まで自分らしく!

滝野店事務スタッフ
滝野店スタッフです(*^-^)/


数日前の神戸新聞に気になる記事が搭載されていました。
抵抗がある「終活」・・・でもとても大事なことだと思って実践されている方が48%

約半数の方が実践されていると知って少し安堵しました。

神戸新聞.JPG


エンディングノート
何度か耳にしたことはあるけど、何を書けば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか?


遺言書や遺書と何が違うの?

遺言書は財産を誰にどれだけ渡すか、不動産等の管理を誰に託すかを生前に取り決め
民法の規定に従って書面に残したものであり

遺書は大切な人に伝えたい言葉や心情を書き記したものだとすれば
遺言書も遺書も死後伝わるものですよね。
その時に聞きたくても話したくても本人は何も答えてくれません。


エンディングノートは人生の記録
ノートという形はあるけれど、書く人によって様々な形に成ります。

自分の人生を振り返って新たに見えてくるもの、今だから感じることがあるかもしれません。
家族と話すきっかけにもなります。

言葉じゃうまく伝えられないけど、書くときは素直な気持ちで感謝を伝えれて
そのノートが後々大切な人の力になったり助けになることもあります。

一言にエンディングノートと言っても遺言書や遺書に近い財産のこと、感情や想い、心残りになりそうなことを託すお願い
葬儀の内容、お墓の管理など内容は様々です。


弊社でも【お墓のエンディングノート】がございます。
詳細はこちらのブログを御覧ください。

自分にとってより良い人生のエンディングを見つめるきっかけになれれば幸いです。
2019年12月21日 08:00

狛狐(きつね)

中道 祥貴
中道 祥貴
本店の中道です。

先日氷上町の神社で狛犬ならぬ狛狐(きつね)を建てさせて頂きました。

台座には明治三十二年と彫刻されていましたので、今から120年前にこの神社の神域を守る守護獣として置かれた事になります。

120年の間、風雨にさらされており、顔?(頭?)のカケ、鼻・耳など激しく傷んでおりましたので、今回新しく建立される運びとなりました。

神社は急な階段の上にあります。
20191220狛狐1.jpg

20191220狛狐2.jpg

鼻も耳のカケているお狐さま
20191220狛狐4.jpg

20191220狛狐3.jpg

20191220狛狐5.jpg

新たに建立した狛狐
20191220狛狐6.JPG

20191220狛狐7.JPG

20191220狛狐8.JPG

20191220狛狐9.JPG

氏子の皆様にも大変喜んでいただけました。
2019年12月20日 08:00

忌中が明けたら

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。

ご不幸があってから忌中の間は、新仏さまを白木の仮祭壇でお祀りします。
忌中が明けますとお家のお仏壇へお引越し致します。

仏壇①.jpeg

今までにご先祖様が居られないお家はご覧のように壇(段)だけがあり、空の状態が殆どだと思います。

ここに新仏さまを移動させる際には、その宗旨宗派のシンボルとなるものを祀ることが一般的になります。

そして、その他には具足と呼ばれるもの(ローソク立や香炉、花立等)やおリン、お供え物置き等も必要な物とされます。

仏壇②.jpeg

新仏さまをお迎えすべく、きれいに飾られたお仏壇は華やかで、ご供養をされる上では、より良いおもてなしですね。
2019年12月19日 08:00
前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11