HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

旅立ちまであと少し

上山 典之
上山 典之
こんにちは、篠山店の上山です。

毎日暑い日が続きますが、皆様体調はいかがですか?
弊社施工部もお盆前のこの時期休日返上で頑張っています。 感謝。

突然ですが、この写真何かわかりますか?こんな処にこんなものが。

キセキレイ3.JPG

これは、施工部が墓石工事の時に積み込んでいく出荷待ち商品棚です、そしてこの中にこんなものが。

キセキレイ2.JPG

この墓石の納骨堂の中です。よく見ると5羽の雛がいました。雨風はしのげますが入口が広いので外敵が見つけられそうですが、工場敷地内であるためか無事にすくすくと育っています。

キセキレイ1.JPG

わかり難いですが親鳥も餌を運んでいます。
キセキレイ4.JPG

鮮やかな胸の黄色が特徴のキセキレイという鳥です。

キセキレイ5.jpg

墓石の出荷日までに無事巣立ってくれますように。
2018年7月14日 08:00

お位牌の手入れ

義積 由香里
義積 由香里
こんにちは、本店の義積です。
先日の大雨では、日本各地に大きな爪痕を残しました。私が住んでいる丹波市でも山崩れや床下浸水など大変な状況になり、私が住んでいる自治会も避難勧告が出るのかもしれないととても不安な毎日でした。ふと避難場所に持って行くものを考えていると、お位牌が浮かびました。ご先祖様と両親の位牌、これは絶対だと思いました。昔子供の頃にテレビで、おばあさんが避難しないといけない時に位牌を風呂敷に包む姿がとても印象的でした。お位牌は、魂が入ったものであり、代々受け継がれていく大切なものだと子供心に思いました。

さて、お盆も近いので仏壇や仏具には普段よりも目に付く機会が多いと思います。仏壇に納めてあるお位牌の手入れをしようと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、お位牌は繊細なものですので、そっとしないと表面に傷が残ったりするので注意が必要です。
kouya39.jpg
このような位牌は表面に金箔が貼られていたり、金粉が施されているお位牌です。表面を強く拭くと金が剥がれてしまったり、下地の面が出てきてまだらになるのでご注意ください。


20180713位牌.jpg

こちらの位牌はほこりを払う程度で良いです。どうしても拭きたい場合は仏壇仏具用の柔らかい布で拭いてください。水分があるとお位牌の表面が浮いてきたりする事もありますのでご注意ください。

どのようなお位牌もできる限り素手で触る事は避け、柔らかい手袋をしてください。手の皮脂が付いて跡が残ってしまうこともあります。手袋はホームセンターや百円均一の店で購入できます。

20180712位牌手入れ (2).JPG

20180712位牌手入れ.JPG

仏壇・仏具・お位牌にはこのようなクロスがおススメです。当社の各店で販売しております。

2018年7月13日 08:00

社屋玄関の石張り工事

森田 茂樹
森田 茂樹
代表の森田です。

先日、社屋玄関の石張り工事をしました。
側面は本磨き、歩く面はジェットバーナー仕上げ(滑らない加工)でインパラブラック(南アフリカ産)の黒色の石を貼りました。

1.壁側に石材専用接着剤を5点ほど付けます。

IMG_6849.JPG

2.高さを調整しながら20ミリ厚の石を貼り付けます

IMG_6850.JPG

4.基礎コンクリートと接着するために「とろセメント」を流す。

IMG_6921.JPG

4.空練りのモルタル(セメントと砂を混ぜ合わせたものを均す)

IMG_6925.JPG


5.もう一度その上から「とろセメント」を流す。

IMG_6926.JPG

5.板石25ミリ厚の石を貼り付ける

IMG_6929.JPG

6.完成です

IMG_7015.JPG

同じ石でも、磨くと叩くではこんなに色合いが違います。

綺麗な仕上がりになっていますので、一度御覧ください。

2018年7月12日 08:00

お好みのお線香を・・・

山崎 倫子
本店 山崎です。

今日はお線香についてです。仏壇でもお墓参りでも用いるお線香。私たちにとっては、一番身近な仏具の一つです。そして、お線香に似た「お香」も最近では、雑貨屋さんなどでもよく見かけるようになりました。さて、では「お線香」と「お香」の違いとは何でしょうか?・・・実は、この2つは、原料や作り方など基本的なことはまったく同じです。ただ、「お線香」は仏事に用いるもの、「お香」はその香りを楽しむもの、として区別されていますが、好みの香りで「お線香」を「お香」として、「お香」を「お線香」として使用する事もできます。

そもそも「お線香」は仏教伝来の頃に用いられるようになったと言われています。今回調べてみて初めて知ったのですが、「日本書記」によると淡路島に漂着した「香木」を島の人達はただの流木と思いかまどで燃やしたところ大変に良い香りが立ち上り、これに驚きこの香木を朝廷に献上したそうです。これが線香のルーツだそうです。

仏壇やお墓にお線香をあげるという事は、我々の習慣になっていますが、お線香はご先祖様にとって食事の役目でもあります。亡くなった故人が仏の世界に行くまでの間、お線香の香りがあれば空腹を抑え無事にたどり着くと言われているのです。また、故人のためだけでなく自分の心を清める事も出来るという意味合いもあります。最近は、様々な香りの線香もありますので、自分の好みのもの、また故人様の好きだった香り・・・そんな事を思いながらお線香を選ぶのも良い供養になると思います(^^)
お線香.JPG

2018年7月11日 08:00

くれぐれもお気を付け下さい。

福島正弘
福島正弘
滝野店の福島です。

週末は記録的な大雨となりましたが、皆様のお住いの地域では被害の方は無かったでしょうか?

私共の本社があります丹波市では大きな被害が出ておりました、被害にあわれた方におかれましては心よりお見舞い申し上げます。

地域にもよると思いますが、元々は山だった場所を開いて、山裾に墓地を作られている所が私の担当させて頂いております地区にも沢山あります。

そういった場所は雨が止んだからといっても地盤がゆるんでいる可能性がありますので十分な注意が必要です。近くで土砂災害があったような地域は尚更です。降雨量なども大差ないと思いますし、地形や地質も同じようになっていると思いますので危険性は高まります。

「お墓のことが気になる」と言われるお気持ちはわかりますが、なるべく危険な場所には近づかないでいただければと思います。

もし石塔の傾きや、倒壊などありましたらご自身達でご無理はなさらず私どもまでご相談下さい。




2018年7月10日 08:00
前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~19時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方