『ちょっと考えてみました』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

寿陵墓って縁起が悪い?

義積 由香里
義積 由香里
本店の義積です。

本日10月22日は「即位礼正殿の日」です。

「即位礼正殿の儀」というのは皇太子さまの即位を国内外に示す儀式で、国内はもちろん国外からも国家元首や首脳が参列されます。

31年前昭和から平成になった時、私は社会人になった年でした。昭和天皇が崩御されての天皇の交代でしたので、今年に入ってからのお祝いムード一色とは少し違っていたようにい思います。

平成元年に、昭和天皇がお亡くなりになったあと、東京都八王子市にある武蔵野陵に埋葬されました。実際に見たことはありませんが、ニュースなどで見るととても大きな御陵(天皇のお墓)です。

これはお亡くなりになる前から造られていたそうです。当時の私なら「亡くなる前からお墓を作るなんて不謹慎だ。」と言っていたはずです。

20191022.jpg

しかし寿陵という存在を知り、不謹慎とは思わなくなりました。寿陵は、歴史を遡るとあの聖徳太子が生前にお墓を建てたという話があるそうです。そのような昔から寿陵の風習があったのですね。

古代中国では、寿陵を建てることが長寿につながるとされていたため、寿陵は縁起が良いものとして伝わってきました。長寿の他にも、子孫繁栄や家庭円満が訪れると言われています。

寿陵墓のメリット①
生きている間に建てるのであれば、自分の思う墓地を購入し、自分好みのものを時間をかけてゆっくり作ることができます。

寿陵墓のメリット②
お墓は相続税の非課税財産なので、相続税を節約できます。遺族の負担が少なくなります。

最近は終活というのが浸透してきまして、自分の死後の事と考えるという方も増えてきました。生きている間に少しづつ考えていくと心配事が減って行くのではないでしょうか。
2019年10月22日 08:00

お墓にも備えを

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。

明日、台風19号が最接近するとの予報の中で書いております。
「石は重たい。だから台風とか大丈夫やろ。」と思われますよね。

一般的な御影石の重さの目安は30cm×30cm×30cmの直方体の大きさで約70kgで計算を致します。
例えば一般的な9寸角の竿石(◯◯家之墓と彫る部分)で約130kg、一般的な霊標板(戒名等を彫る部分)で約110kgあります。
意外と重たいでしょ?

けれどもそんな重たい石でも自然は簡単に倒していきます。

台風1.JPG

この写真は昨年の台風で当社の展示品が倒れた一枚です。
「展示品だから・・・」と安易に考えておりましたので、簡易的な固定だけでした。
ですから、見事に吹っ飛びました。

台風2.JPG

風を受ける面積が小さければとも思っていましたが、こちらの写真はアルミ製の塔婆立が正面から風を受けて石を破壊して後方へ飛んでしまった時の一枚です。
製品も施工も問題はなかったのですが、自然の脅威にやられました。

地震に備えては免震施工がございます。
最近は「お墓の保険」もある時代です。
年々温暖化のせいでしょうか、自然現象も怖いくらいになっているように感じます。

安易に「簡単で安く」の考えではなく、末代までのお墓は特に「万が一」に備えてしっかりしたものを作って頂きたいと思います。
そしてこの台風の影響も最小限に治まって欲しいと祈るばかりです。
2019年10月12日 08:00

お念仏と御詠歌

森田 茂樹
森田 茂樹
代表の森田です。

父が亡くなって間もなく四十九日を迎えます。

はじめに一番心配したのが「念仏」です。念仏は祖父母の時に唱えていたので何となくわかってはいたのですが、いざ自分が先立をすると勝手が違います。初日は申し訳ないほど下手な念仏でしたが、親戚の方に念仏CDをお借りして唱え始めました。三七日を迎える頃には慣れてきて先立も楽しくなってきました。

さて、「西国三十三所霊場」の御詠歌を唱えるのはなぜでしょう?

まず33ヶ所の霊場(札所)はすべて観世音菩薩を本尊とするお寺です。菩薩さまは33の姿で現世の衆生の嘆き悲しみを救ってくれると言われています。

あらためて御念仏は少しずつ悲しみ寂しさを癒やしてくれる四十九日間だと思いましたし、西国三十三所霊場をお参りしたくなりました。

お念仏冊子1.jpg
お念仏冊子2.jpg

弊社が作っている「御念仏」の冊子です。もし欲しい方ございましたらお問い合わせください。

たまたま石に興味があり撮影した「長谷寺」の御詠歌の石碑です。

長谷寺ご詠歌.jpg

2019年10月 4日 08:00

祖母の遺影写真

山崎 倫子
本店の山崎です。

先日、義理の祖母が満100歳で亡くなりました。
数か月前には、100歳のお祝いを親戚一同で行ったところでした。

祖母は、施設に入る前は90歳を越えていましたが1人暮らしをしており、身の回りの事は人に頼らず自分でやっていました。
施設に入ってからも、会いに行くといつもひ孫の成長に目を細め、ニコニコと出迎えてくれる優しいおばあちゃんでした。
ですから、世間一般には大往生でしょうが、やはり少し寂しく思います。

通夜の日、会場へ入った時、真っ先に目に入った遺影写真に思わず笑ってしまいました。
祖母の遺影写真は、オーストラリアへ旅行へ行った際に撮った、コアラを抱っこして満面の笑みを浮かべているものでした。
生前に「これを遺影写真に!」と自らが希望していたものでした。ですから、一切加工はせずそのままの状態で使用しました。

通常なら、亡くなってから家族が選び、喪服に着替えた加工をし、黒い額縁に・・・というのが昔ながらの遺影写真というイメージがあります。
でも、祖母は何年も前から自らこの写真で!と大事に保管し選んでいたかと思うと、家族みんなが、是非ともこの写真で・・・と即決でした。
そして額縁も薄いピンクのものに黒いリボンではなく、周りに花をあしらった物を選びました。
祖母らしい優しい遺影写真でした。

現在では、終活ブームもあってか生前に遺影写真を撮る人が増えています。
自分らしい1枚を残しておく事が、家族にまた1つの思い出を与えてくれるのかな
・・・と、そんな事を祖母の冥福を祈りながら思いました。
遺影.png


2019年10月 2日 08:00

鹿児島の女子高校生がクラウドファンディング~その後~

森田 浩介
森田 浩介
仕入れ担当の森田です。

以前のブログでご紹介しました「鹿児島の女子高校生がクラウドファンディング」。彼女たちがすすめていたのが「お墓参りタクシー」です。この程、この結果レポートが届きました。

お墓参りタクシーレポート.jpg

実際に5月にも試験運行されています。
その報告がこちら

レポートには、ここに至るまでの苦労や協力を得ることの難しさなどが綴られていました。特に介護施設の事情や、要介護度による対応の違いなど、一般的にはあまり分からないことばかりが立ちはだかっていたことなど、大人でも心折れてしまいそうな内容で、よく実現できたなあと思いました。

これから彼女たちは受験生ということで、本格的な実現は花屋さんとタクシー会社に事業が引き継がれることになるようです。継続のためには、これからも費用がある程度の費用はかかりそうですが、地域のお年寄りがお墓参りが出来るように続いてほしいと願うばかりです。
2019年9月20日 08:00
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方