『こんな工事もします』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

区画の敷地面積広すぎる場合のお墓

中村 淳
中村 淳
滝野店の中村です。

滝野店のエリアでは非常に敷地面積の広い墓地がよくあります。
従来お墓はご夫婦ごと若しくは個人ごとに建てられていました。
ですので公営墓地や民間墓地は別として、村の墓地は非常に広く割り当てられています。
10㎡前後の区画なんてざらにあります。

しかし最近の建て方として、「先祖代々のお墓と霊標(墓誌、法名碑)」といったセットの建て方が主流となっております。
建て替え(既に何基か墓石がある場合)はいいのですが、ご新宅の場合ですと広い敷地にポツンと墓石が建つことになります。
また、広い敷地を全て巻石で囲ったりすると予算的にも高額になります。
そして何より敷地が広い分、草引きなどお手入れも大変です。

そこで、
「お墓は建てたい。。。でも敷地が広くて・・・。」
とお墓づくりを躊躇される場合もよくあります。

この対策として方法はいくつかあります。
ひとつはその区画を返して新たに狭い区画を確保し直す方法です。
しかしこれは墓地規約によって制限されていたり、そもそも狭い区画がない場合もあります。

今回担当したお客様はまさにそのようなお客様でした。
もうとにかく広い区画しかないのです。

施工前KM.jpg

3.6m×3.1mの11㎡です。

このお客様は、お子様が女性ばかりなのでひょっとしたら今回建てるお墓を使うのは自分たちで最後かもしれないという思いから代々墓のみの建立をご希望でした。
その他デザイン墓をご希望で敷地が広いので草の手入れを簡単にして欲しいとのことでした。

ご要望を踏まえて完成したお墓がこちらです。

斜め前KM.jpg

区画全てを同じデザインのもので囲うではなく部分的に変えることによって墓石がポツンとなる事もなく、コストも抑えることができます。
また犬走りや張石、ファイバーレジンを使い防草対策もバッチリです!

犬走りKM.jpg

FBKM.jpg

今回は2種類の外柵を使う事で、広い敷地で墓石が不自然にならない建て方をご紹介しました。
他にもこういった施工例がありますのでまたご紹介します。
2018年10月13日 08:00

トンネルの銘板

山崎 倫子
本店 山崎です。

先週、工場に大きな黒い銘板が入荷しました。
トンネル銘板.JPG
これは皆さまも何度も目にされた事があると思いますが、トンネルの入口上に取り付けてある黒い銘板です!「〇〇トンネル」と書いてあるアレです。

弊社ではたびたびこのトンネル銘板の工事を請け負っています。車でトンネルを通る際、ふと見上げるとその大きさはなかなか想像できないかもしれませんが、実際はとても大きいものです。

上の写真の黒い石が2枚1組で、片側の銘板になります。大きいものなので、なかなか1枚で採るのは難しく、このように中心で分割して据えます。

ここに「〇〇トンネル」と彫刻します。その文字の多くは、そのトンネルに関わっている方の自筆(私が今まで見たものだと、地元の小学生、県知事さん、市長さんなど・・・でした)であることがほとんどです。

原稿は通常ですと、半紙に書かれていますので、それを実際の寸法に合わせて調整し、写して彫刻へと取り掛かります。一文字一文字がとても大きくなりますので、大変です。もちろん、取付工事にも大きな重機が必要となりますので、大がかりな工事になります。

今回のこの銘板の取付は、11月頃を予定しています。まだしばらくは、工場で出番を待つ事になります。また随時お知らせ出来ればと思います(^^♪


2018年9月29日 08:00

復旧工事②

中道 祥貴
中道 祥貴
本店の中道です。

今回も、復旧工事をさせて頂いた霊園での追加工事の箇所です。(復旧工事①

コンクリートブロックの擁壁が、随分前に傾いています。
今回この箇所は、CB(コンクリートブロック)をやめて、強度、土圧を考えて、スプリットブロックという、建築ブロックで積み直します。

工事前

20180924復旧工事1.jpg

20180924復旧工事2.jpg


工事後
20180924復旧工事3.jpg

20180924復旧工事4.jpg
ブロックが落ちている箇所があります。こちらは、CB(コンクリートブロック)で積み直しします。

工事前
20180924復旧工事5.jpg

工事後
20180924復旧工事6.jpg
2018年9月24日 08:00

復旧工事①

中道 祥貴
中道 祥貴
本店の中道です。

今回工事をさせて頂いたのは、ブロック塀の崩壊箇所の復旧工事です。
最近の災害とは直接関係はないのですが、この辺りの地盤は大雨が降ると至る所で水が通路のひび割れから噴き出しており、今まで何度も通路の補修作業を行っておられます。

作業の内容は、崩壊箇所のブロックを撤去して、ブロックを積み直し通路をコンクリート仕上げにします。ブロックのウラ詰めには砕石を用いず、すべてコンクリートを入れ、ブロックと地盤の強度をたかめました。

工事前
20180908成松霊園1.jpgのサムネイル画像

20180908成松霊園2.jpg

20180908成松霊園3.jpg



工事完了
20180908成松霊園5.jpg

20180908成松霊園6.jpg


2018年9月 8日 08:00

お墓と仏壇じまい

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

墓じまいのご依頼を受けた時に、仏壇も一緒に処分して欲しいとお願いされました。
その時の工事の様子を紹介致します。

まずは、お墓の作業から。
20180820_hakajimai01.JPG
こちらの性根抜き後のお墓(2基)を、丁寧に解体して運び出します。

20180820_hakajimai02.JPG
20180820_hakajimai03.JPG
解体させた墓石はキャタピラに乗せてゆっくりと運んで行き、クレーン付きトラックに移します。

20180820_hakajimai04.JPG
撤去した跡は、コンクリートの区画を水洗いし、表面の土を取り除き新しくバラスを敷きます。

20180820_hakajimai05.JPG
これで完成です。

そして、ご自宅に伺い、お仏壇の撤去です。
20180820_butsudan01.JPG
まだまだキレイで立派なお仏壇ですが・・・こちらの撤去を致します。

仏壇を処分する前には、墓石と同じく動かす前に閉眼法要 魂抜きが必要です。仏壇に入っているご先祖様の魂を、抜いてもらう儀式です。

20180820_butsudan02.JPG
仏壇の中に忘れ物がない確認です。引き出しの中には、大切なものが保管させている場合があります。

20180820_butsudan03.JPG

20180820_butsudan04.JPG
こちらも、一つずつ丁寧に解体して運び出します。

20180820_butsudan05.JPG
跡継ぎのいない実家のお墓や仏壇をどうしたいいかとご相談をいただくことがございます。あとの代のことを考えて、墓じまいや仏壇を処分することも選択の一つだと思います。

それぞれ家には、仏壇やお墓に対して思いがります。各家にあった供養の仕方があると思います。

どんなことでも、ご相談して下さい。
2018年8月20日 08:00
1  2

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方