『神社仏閣』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

鳥居竣工式

園中 憲二
園中 憲二

篠山店の園中です。

5月に執り行われた安全祈願祭から着々と工事が進み、無事竣工を9月26日大安の日に迎えることが出来ました。
今日は、当時と工事の様子をご紹介致します。
20191011_工事01.JPG
まず、クレーンで柱を吊り上げます。
20191011_工事07.JPG
柱を支える土台(沓石)です。
20191011_工事02.JPG
角度を調整し内側に傾くように、慎重に柱を下ろしていきます。
20191011_工事03.JPG
中貫を両方の柱にはめ込みます。
20191011_工事04.JPG
外貫を取り付け。
20191011_工事05.JPG
額石です。
20191011_工事06.JPG
大歳神社と彫刻した額を中貫石の上に引っ掛けるように乗せ、位置や角度を調整します。
最後に楔と笠部分を乗せて完成。
20191011_完成.JPG
木製の鳥居から石製に変わり存在感が増しました。
そして、竣工式です。
20191011_竣工式01.JPG 20191011_竣工式02.JPG
20191011_竣工式03.JPG 20191011_竣工式04.JPG
竣工式の日は、天気も良く宮司様 役員様ご参加のもと執り行われました。
20191011_記念写真.JPG
祓い清めたあと、新しいなった鳥居の前に移動し、役員さんと宮司さん一緒に記念撮影★

毎年多くの石工事を請け負いさせて頂いておりますが、鳥居の工事に携わらさせてもらうことは滅多にないことです。 
また、役員さんから、以前にあった木製の鳥居は、
いつ倒れるか心配だけど、新しく立派な石の鳥居で再建立出来て良かったと喜んでいただきました。

2019年10月11日 08:00

お社工事増えてます

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。

最近お社工事が急増中です。
今回の工事は家を新築されたお客様です。

お社①.JPG

まずは土を掘りだし、基礎部分の転圧です。

お社②.JPG

次に基礎コンクリート部分の施工です。
ひび割れ防止も兼ねて、鉄筋を巻きます。
今回は地面との通気孔をご要望で設置しました。

お社③.JPG

土台石の設置です。
通気孔部分へはこの後、お清めの塩と卵を施主様が納められました。

お社④.JPG

あとは職人二人が人力で組み立てていき、完成致しました。
2019年8月22日 08:00

鳥居建て替え工事①(解体~ベース)

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

6月のブログで、古くなった木製の鳥居を撤去し、新しく石の鳥居にする工事に際して、5月27日に執り行われた安全祈願祭の様子をご紹介致しました。

今回はいよいよ始まった工事の様子です。
20190821_工事前.JPG
工事前の木製鳥居。倒れないように支え木が付いています。

20190821_01.JPG
まず、足場を組み、部材をチェーンでカットします。

20190821_02.JPG
カットした部材は、ユニックで吊り下げ撤去。

20190821_03.JPG
鳥居の根本の木は朽ちていました。

20190821_04.JPG
土をコンボで掘り起こします。

20190821_05.JPG
ランマーで踏み固めます。

20190821_06.JPG
砕石を全体に敷き詰めます。

20190821_07.JPG
鉄筋を配筋します。

20190821_08.JPG
バイブレーターを使用し空気を追い出します。

20190821_09.JPG

20190821_10.JPG
お盆前にニュースでは、超大型台風がやって来ると連日連夜ニュースで報道されていました。役員さんは、台風で足元の木が腐りかけている鳥居が倒れるのではと心配されていましたが、台風が来る前に、解体工事を済ませましたので、難を逃れました。

次回の工事は、基礎コンクリートがしっかりと固まることも考慮に入れ、1ヶ月ほど先になる予定です。

10月の秋祭りに無事に引き渡しが出来るように、安全第一で関係者一同勤めてまいります。
2019年8月21日 08:00

お社を一新しました

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。

先日、お社がガタガタしてるから新しいのに変えたい。
屋根とかも外れたし...訪問致しました。

お社1.JPG

こんな感じになってまして、実は扉は写真向かって左側。
そう、屋根が反対になってました。

そしてよ~く見ると

お社2.JPG

丸い不安定な石の上に置かれたコンクリート材(人造石)のお社は
レベル(水平)をとるために、何か下に挟んでいるのですが、これは...

そう!お社の前に設置する神殿への階段です。
それを逆さにして挟んでいました。

台もなく、屋根も外れて欠けている部分もありましたので、今回は全て新しくさせて頂きました。

お社3.jpg

2019年8月 5日 08:00

住之江の庭

上山 典之
上山 典之
こんにちは、篠山店の上山です。

以前に地元紙などで報じられていた重要伝統的建造物群保存地区の丹波篠山、福住の住吉神社境内にある、世界的に著名な作庭家の重森三玲(しげもりみれい)が手掛けた枯山水庭園「住之江の庭」の修復が完了したので見てきました。

suminoe1.JPG

suminoe2.JPG

この修復工事は、地元住民をはじめ市内外の関心のある人たちに参加してもらうワークショップ形式で行われすべてボランティアによる工事でした。1966年(昭和41)の作庭以来、初めての大規模修復ということです。

前庭です。
suminoe3.JPG

社務所の裏庭、こちらが「住之江の庭」です。
suminoe5.JPG

大阪の住吉大社の分霊である海の神を祀ることから海の景色をテーマとし、枯山水の様式を用いられています。
全体に敷き詰められた白川砂の砂紋は小波、白い曲線は大波をあらわしています。
徳島県産の青石を20石配置し、仙人が住むという蓬莱島に宝船が向かう様子を表現しています。

実はこの住吉神社とはご縁があり、鳥居は15年前に弊社が建立したものです、18尺八幡型でかなり大きいです。
suminoe6.JPG

suminoe7.JPG

建立当時の工事写真がこちらです。
torii1.JPG

torii2.JPG

torii5.JPG

torii6.JPG

torii8.JPG

torii9.JPG

「住之江の庭」も「大鳥居」も、もちろん住吉神社も末永く地域の信仰の対象として守り続けていかれることを願います。
2019年6月26日 08:00
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方