『神社仏閣』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

神殿をあたらしく①

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年末にある町のお社を新しくさせて頂きました。

神殿1.JPG

木製のお社で一部腐食し始めていました。

これをまず神主さまに御祈祷(修祓の儀)をしていただきます。

神殿2.JPG

今、この白布の中ではご神体が取り出されております。

しかしながら一般の目には触れないように遮断されているのです。

ご神体は一旦、別の神殿に移されました。その際、ご神体がお通りになる道のりには塩を撒き、清めながら徒歩で行かれました。

神殿4.JPG

次回は工事をお知らせ致します。
2019年1月13日 08:00

マニ車②

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

前回は、マニ車の出荷準備中でしたが、年末に工事を行いました。

据え付ける場所は、篠山市の旧西紀町にある弘誓寺です。

当日は大変寒く、前日の晩から降り積もった雪が薄っすらと残っていました。

20190112_マニ車01.JPG

マニ車の取り付け工事の様子です。

20190112_マニ車02.JPG

マニ車は、今後多くの方によって、ぐるぐるぐるぐると回されます。
なので、しっかりと固定しなければなりません。今回は、30センチ柱を埋め込み動かないように据え付けました。

20190112_マニ車03.JPG

本堂前の一番目立つところに配置しました。後ろに見える賽銭箱も弊社で取り付けました。

20190112_マニ車05.JPG

年末の営業最終日の工事となりましたが、何とか年内にお引き渡しが出来ました。

20190112_マニ車06.JPG

最後は、職人とご住職とで記念撮影。

正月に檀家さんへお披露目出来たと、喜んで頂けました。

2019年1月12日 08:00

鳥居と狐さまを設置しました。

山崎 倫子
本店の山崎です。

弊社には、社員が毎日朝夕と手を合わせているお社があります。このお社に、昨年末、鳥居と狐様を設置しました。本社のすぐ前の駐車場の一角に設置していますので、工事の様子を見る事が出来ました。

設置位置を決め、トラックで鳥居の柱をつり、運びます。

本店鳥居①.JPG
一つずつ部品を置いていき設置していきます。
この据付日の朝、工事を始める技術部へ社長が一言。

「しっかり据え付けてよ!!」

とハッパをかけていたので、自社のものとは言え、技術部のみんなは真剣そのものです。レベルを合わせたり、ここはこうすればいいのではと話し合いながら工事を進めていました。

本店鳥居②.JPG

その後、狐様も据付して完成です。

本店鳥居③.JPG

立派さにびっくりですが、今年も1年しっかりお祈りしたいと思います。

弊社は5日の土曜日より仕事はじめです。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

追伸・・・今年も頑張ってみんなでブログを書いていきますので、どうぞお楽しみに☆彡
2019年1月 3日 08:00

取り敢えずは...応急処置

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。

先日ユーザー様からお電話いただきました。
「お宮の鳥居にヒビが入ってるんやけど修理できるやろか?」との事でしたので、早速現地へ。

鳥居1.png

白い目印部分がその亀裂です。柱を一周はしていないものの半周しています。かなり危険です。
この鳥居には「宝暦〇年・・・」と彫ってありました。ですので少なくとも250年程は経っていますが立派な御影石製です。
聞けば昔はもう少し西側にあったものを移設してきたとの事。しかも一度大きな台風で神社の木がこの鳥居に倒れて来て
中の貫と額が折れて交換したそうです。村の方々は「もしかしたら、その時の衝撃でヒビが入ってたんかな~。それが何年もかかって
こうやって大きくなったんやろ。こんな傷なかったからな。」と言われてました。

さて修理ですが・・・正直この段階で修理は出来ず、亀裂箇所と周囲のヒビ割れにセメントを詰める応急処置しかできません。
正直、この処置をしても石の強度としては復活はしません。亀裂から水が入ったり、大きくならないようにする予防策だけです。

鳥居2.jpg

安心は出来ません、少しでも早く再建されることをお薦め致します。
2018年12月27日 08:00

マニ車

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

今回は入荷したマニ車(摩尼車)の紹介です。

マニ車は、主にチベット仏教で使用される仏具です。チベット、ブータン、ネパールはもとより中国、台湾そして日本の寺院などにも、設置されているところがあります。

publicdomainq-0005458qcldkk.jpg

マニ車は、円筒形で回転させることができるようにできています。大きさは手に持てるものから、仏教寺院などに設置された数メートルという大きさのものまで様々です。円筒の側面にマントラ(真言)が刻印され、内部にロール状の経文やマントラが繰り返し書かれたものが納められているものが一般的です。

マニ車は、中にお経が入っていて、それを回転させることで、お経を読んだのと同じ功徳を得られるといわれます。
20181226_mani01.jpg
日本のお寺で見かけるのは、このような形のものが多く、真ん中の輪に文字が刻まれます。

20181226_mani04.jpg

その準備として・・・彫刻する文字を決めます。

20181226_mani03.jpg

【如意輪=如意輪観音】 人々を苦悩から救い、あらゆる願いを叶える観音菩薩

20181226_mani02.jpg

【止悪修善】悪い行いをやめ善のつとめをおこなう
こちらは、手書き文字をそのまま彫刻します。
文字の大きさやバランスを確認して。

完成を待ちます。どのような仕上がりになるのか楽しみです。

年内に据え付けの工事を予定しております。
年明けにはぐるぐる回るマニ車をご紹介できると思います。

2018年12月26日 08:00
1  2  3  4  5  6

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方