『お墓以外の話』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

お盆の御詠歌

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

皆さん、お盆はどう過ごされましたでしょうか。私の住む地域では、毎年8月13日と8月14日の2日間、暗くなってから西国三十三所の御詠歌を詠みます。お盆は15日までですが、なぜか昔から14日にて盆おくりとなっています。盆おくりの14日は、御詠歌が終わってから皆で近くの橋までいってお線香をお供えして手を合わせて帰ってきます。昔は、川辺まで降りれたのですが、護岸工事以降は、橋の上からの盆おくりとなっています。我が家では、途中休憩をとりますので線香のお供えも合わせると約1時間程度の時間がかかります。また、抑揚をつけた節回しで詠みますが、家によって多少の違いはあります。他所では、お盆に御詠歌を詠まなくなっている家も多くなっているようですが、数少ない昔からの習俗は守っていきたいと思います。
2018年8月19日 08:00

お盆ですね

山崎 倫子
本店 山崎です。

旅先で、また帰省先でのお盆をお迎えでしょうか。
皆様のご家庭でも、お盆飾りをしてお盆を迎えられましたでしょうか。

日本の伝統行事であるこの時期に、ご先祖様が里帰りして来られると言われています。「お盆」とは、仏教による行事で、古くから行われています。仏教用語では、「盂蘭盆会(うらぼんえ)」または「盂蘭盆(うらぼん)」とも言われています。

盂蘭盆経という経典に書かれている内容からこのように言われるそうですが、簡単に言うと亡くなったご先祖様が地獄に落ちたりしないように、落ちていても救えるように始まったのが「お盆」という行事です。


まずは、お盆提灯を飾ります。そして、お盆飾りによく見られるのがキュウリとナスでできた馬と牛です。
20180812ナスキュウリ.jpg
幼いころはこれを作りたくて仕方がなかったのですが、上手く立たなくて母や祖母にやり直しをされていた事を思い出します( ;∀;)

このキュウリとナスでできた馬と牛を精霊馬と言いますが、これはこの世に戻ってくる時は馬に乗って速く、あの世に戻る時は牛に乗ってなるべくゆっくりと荷物を持って帰っていただくと言った意味が込められています。迎える時は内側(お仏壇側)を、送る時には外側に向けます。

弊社でも取り扱っていますが、真菰でできた物もあります。今年は、猛暑のせいで野菜の育ちが悪かったのか・・・もしくは、この猛暑の中で飾るとすぐ傷んでしまうと懸念されたのか・・例年よりも多く売れたように思います。


簡単にお盆のことを書きましたが、お盆の形にこだわりすぎず、ご先祖様を親族一同でお迎えする、元気な姿を見せに行くことが一番です。私も今からお墓参りへ行って来ます!
2018年8月12日 08:00

初盆飾り2

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

前回のブログにも書きましたが、実際に8月1日にお客様宅にて初盆飾りを作ってきました。

初盆飾り.JPG

忌中の間に使用していた祭壇を組み立て、ゴザを敷いて最上段に精霊堂をおきます。そしてハシゴをかけて白木膳・花立・供物台を用意し、前には白木の経机をおいて、ロウソク立て・香炉をならべます。

祭壇の両横には、回転灯を組み直して設置します。精霊堂・ゴザ・ハシゴ以外は、全て忌中の間に使用していたものでお祀りいたします。

あとは、7日盆からのお祀りにあわせて、牛・馬・水の子を作りお供えいたします。このあたりでは、8月7日~16日までお祀りされるお宅が多いようです。盆飾りでお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。
2018年8月 3日 08:00

自然石に銅板取付②

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

今回は前回に紹介した水島弘一氏の作品釈迦三尊仏銅版取り付け工事の様子です。

20180516-01.JPG

自然石の表層から浮いた石を石頭(せっとう)ハンマーで叩き剥離していきます。

ちなみに↓これです。
20180516-10.JPG 20180516-11.JPG
通常使うハンマーより大きくて重たいです。店用にあるのは1.1kg。
石材、アスファルト、コンクリート等に釘打ちしたりする場合に使います。

ディスクグラインダーで、銅板の型どおりに切り込みを入れいく。
20180516-02.JPG 20180516-03.JPG
ディスクグラインダーは、ダイヤモンドカッターのディスクが高速回転するため、非常に危険です。
片手で持 つと振られてしまうので、両手でしっかりと持って作業をします。

20180516-04.JPG

石の表面にいく筋も入った切り込みを、石のみと石頭(ハンマー)を使い叩いて落とします。

1526359003169.jpg

石ノミなどと呼ばれ、石を割っ たり、表面を彫ったり削ったりする鋼鉄製の道具です。
石の表面に当ててせっとうで叩くことによっ て石を割ったり彫ったり削ったりします。

20180516-05.JPG 
表面を3センチ削り取るでけの作業ですが、硬い石を削る作業は一歩間違えば 怪我をしたり、振動や衝撃から思わぬ傷害すら負いかねません。

20180516-06.JPG
やっと、銅板を取り付ける準備ができました。

20180516-07.JPG 20180516-08.JPG

石材専用の耐水性・耐久性に優れた特殊なボンドでしっかり固定します。

20180516-09.JPG

完成~★

著名な木像彫刻家である水島弘一氏の作品に関わる機会を頂き、大変光栄に思います。

2018年5月16日 08:00

宮の谷池竣工記念碑

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

この度、農村地域防災減災事業としての、ため池の提体工事竣工記念碑を納めさせていただきました。竣工式当日は、朝から天気も良く絶好の竣工式日和となりました。県の職員様・施工業者様・区長様はじめ町民の方々が参集され、定刻通りに竣工式が始まりました。

神主様による修祓(お祓い)の後、降神の儀・祝詞奏上・清祓の儀・玉串奉奠とすすんでいきます。

開式.JPG祝詞.JPG

次は、竣工記念碑の除幕です。2人づつに分かれて紅白の紐を引っ張り除幕・お披露目です。

その後、区長様のご挨拶があり、無事に閉会となりました。

除幕.JPG閉会挨拶.JPG

お世話になりました。有り難うございました。

2018年5月15日 08:00
1  2  3  4  5  6  7  8  9

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方