『お墓のリフォーム』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

巻き石の開き

髙橋 圭司
髙橋 圭司
本店の高橋です。
10年ほど前に新規霊標建立のお手伝いをさせて頂いたお客様から
「巻き石が開いてきている。なんとかならないか?」とのお問い合わせがありました。
こちらの巻き石はかなり古く数十年は経過しています。

藤原家施工前.JPG

写真では1本に見える巻き石ですが、実は3本の継ぎ合わせであります。

藤原家延開き角.JPG

藤原家延開きつなぎ.JPG

その3本の全部の継ぎ目に隙間が出来ていました。
解体して補強しなくてはなりません。

藤原家金具角.JPG

藤原家金具平.JPG

解体してみると、継ぎ目の補強は何も施されていませんでした。
巻き石を加工し、ステンレス製の金具を取り付けます。

藤原家塗り上げ角.JPG

藤原家塗り上げ平.JPG

さらに金具をコンクリートで覆い隠します。

藤原家完成.JPG

綺麗になりました。
修繕はお墓の後ろ部分だけでしたが、前部分は10年前にやり替えていますので、心配はありません。
今回も良いお手伝いが出来ました。

2019年8月18日 08:00

延石の修理

中村 淳
中村 淳
滝野店の中村です。

お盆を迎えるにあたって皆様様々な準備をされているかと思います。私もお墓に行くと酷暑の中お墓掃除をされているのを見かけます。

夏場は墓石の表面温度は60~80度にもなると言われています。皆様くれぐれも、熱中症、火傷にご注意ください。

さて、お墓そうじに行かれると、日頃気になっていること、普段は気が付かないけど掃除していて気付くことがあるため、この時期は墓石の建立工事もさることながら、リフォーム工事や修理のご依頼もよく頂きます。

今回は延石の修理(据え直し工事)のご依頼を頂きました。


昔は今のようなボンドや金具で延石を固定してるわけではないので、年数とともにずれたり外れたりします。

ks前1.JPG

ks前2.JPG

ks前3.JPG

これらの延石に金具をつけて据え直します。

まず区画内の土をスキ取ります。

ks鋤取り.jpg

延石は現在のものとは違い内側は加工されておらず"あら"が残ったままになっています。

ksあら1.jpg

これらの"あら"を機械を使って削り、金具を取り付けられるようにします。

ksあら2.jpg

ksあら3.jpg

次に延石を据え直し、金具を取り付けます。

ks据え直し.jpg

ks金具1.JPG

最後に取り付けた金具のゆるみ・サビ防止のため、コンクリートを塗り上げます。

ks塗上げ1.JPG

ks塗上げ2.JPG

土を戻して完成です。

ks完成1.JPG

ks完成2.JPG

お盆前に修復することが出来たと、お施主様にも大変喜んで頂けました!
2019年8月10日 08:00

お盆前の洗浄

眞下 尚利
眞下 尚利
篠山店の真下(ましも)です。
今回は、お墓の洗浄です。

ご不幸があり、洗浄もご依頼いただきました。
お墓掃除を定期的になさっている方で、唯一されていなかった部分が、花立と線香立や水ためがある水鉢の隙間でした。

20190809洗浄 (1).JPG
花立と水鉢を動かすと、隙間から入った砂や汚れが付いていました。

20190809洗浄 (2).JPG
花立と水鉢には隙間があるお墓がほとんどです。

20190809洗浄 (3).JPG


20190809洗浄 (4).JPG
スクレーパーやスポンジ、ブラシなどを使って洗浄しました。
お盆前のお掃除にやってみられてもいいと思いますが石はすごく重く、石と石が当たると簡単に欠けてしまいます。ご心配であれば、石屋さんに相談されてもいいと思います。
2019年8月 9日 08:00

お墓のリフォーム

中道 祥貴
中道 祥貴
本店の中道です。

今回は、ファイバーレジンのリフォーム工事の様子をお伝えします。

今、弊社の中で、リフォーム工事で一番多いのが、このファイバーレジンの工事です。理由はもちろん、"草引きが大変で"と皆さん口をそろえておっしゃいます。

このお客さまの場合はその他に、車の免許証を返納してしまい墓地までの足がなくなり、お墓そうじや草引きに行きたいけれど行けない。また、年々歳を取り体力的にも衰え、お墓の守が大変との理由で、今回のご依頼となりました。

↓施工前、キレイに整備されたお墓です。
20190806ファイバーレジン1.JPG

↓玉砂利でキレイに仕上がっています。
20190806ファイバーレジン2.JPG

↓一度、玉砂利と下地の土をすきとります。
20190806ファイバーレジン3.JPG

↓下地に砕石を敷きます。
20190806ファイバーレジン4.JPG

↓コテで均しながら、ファイバーレジンの施工をします。
20190806ファイバーレジン5.jpg

↓キレイに仕上がりました。
20190806ファイバーレジン6.JPG

↓完成
20190806ファイバーレジン8.jpg

大変喜んで頂けました。
2019年8月 6日 08:00

初盆を機にリフォーム工事

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

今回は初盆を迎えるにあたり、リフォームをしたお話です。
20190804_施工前.JPG

ご依頼内容は、
・古い石塔をきれいにして欲しい。
・剥がれた家紋や薄く汚くなったペイントをきれいにして
・古い石塔前の花立を使いやすくして
・防草対策
・亡くなった方の彫刻

20190804_施工前02.JPG
草がお墓とお墓の間ひきが出てきて大変、花立も地刺しで使いにくい。

20190804_花立020.JPG 20190804_花立01.JPG
花立はボーリングをするには狭いので、このように石の上に取り付けるタイプに変えました。

20190804_施工後05.JPG
ステンレス製でカップ式になっているので、耐久性もよく水の入れ替えもしやすくなりました。

20190804_ファイバーレジン作業.jpg
防草対策にはファイバーレジン施工を採用。
墓石を動かすことなく施工が可能です。

20190804_淡路砂利.JPG
ファイバーレジンの骨材はいろいろありますが、今回は淡路砂利を使用。

20190804_施工後03.JPG
黒ずんだ台石も洗浄し汚れを取り除きました。

20190804_施工後06.JPG
家紋も霊標の凡字も色を塗り直しすっきりきれいに。

20190804_施工後.JPG
25年以上前に建てたお墓もリフォームしたら、思った以上にきれいで、使いやすくなった。ファイバーレジンは淡路砂利を選んだので、全体的に明るくスッキリしました。

これでお盆にご先祖様を無事に迎えれると喜んでいただけました。
2019年8月 4日 08:00
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方