『仏具』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

旧家の仏壇を撤去

中村 淳
中村 淳
滝野店の中村です。

先日、築100年以上になる旧家にある仏壇の撤去のご依頼を受けました。
こちらのお宅は今は途絶えてしまって空き家になっていているのですが、ご親戚の方がレンタルスペースとしてご利用されるという事で今は利用していない巨大な仏壇を撤去して欲しいとの事でした。

こちらがその仏壇です。

仏壇前①.jpg

仏壇前②.jpg

仏壇というより家具です。
幅2m、高さ2m・・・。
当然そのままでは出せないのでばらしていきます。

ばらし①.jpg

職人さんが非常に丁寧に作られたのがよくわかるくらい、頑丈でばらすのもひと苦労です。

ばらし②.jpg

100年分の埃です。年季を感じます。

ばらし③.jpg

そしてようやく撤去完成です。

撤去完成.jpg

片付けをして全て完成です。

完成2.jpg

途中こんな懐かしいものも出てきました!

新聞2.jpg

新聞1.jpg

土間にはこんなものも。古いラジオです。

ラジオ.jpg

非常に貴重な体験をさせて頂きました。

2018年11月14日 08:00

仕込み仏壇

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

この度のお客様は、ご新宅のお宅で、半間を仏間としてご用意されておりました。

当該エリアは、大工さんに造り付けの仏壇を依頼される方が多いので同じように依頼しようかと思われたのですが、弊社の展示場には、半間の仏間をつくり「仕込み仏壇」を納めている展示がありますので、足を運んでいただいてご覧いただきました。

通常の唐木仏壇は、仏壇の上の笠(支輪)が段々になっており仏間の柱との空間がどうしても出来てしまいます。一方「仕込み仏壇」は、笠(支輪)が真っ直ぐですから、柱との隙間もはぼなくスッキリ納まります。

後日、息子様と一緒に御来店いただきまして、ご契約をいただきました。

展示場仕込.JPG

下の2枚の写真は、お客様宅の仏間に納めさせていただいたお仏壇です。イメージどおりだと喜んでいただきました。

納入仏壇1.JPG納入仏壇2.JPG

2018年11月 7日 08:00

喪中はがきが届いたら

井上
こんにちは(^-^*)/
篠山店スタッフです☆彡

今年も早11月。11月に入ったら喪中の悲しいお知らせはがきが届きます。
最近は、家族葬が増え葬儀に行くことも少なくなり、親しい人が亡くなってた。とこの時期に知ることがあります。
そんな時には、ぜひ、喪中お見舞い(御供え)として「お線香」をおすすめします。
花の旅2000円.JPG
各メーカーから、いろいろな種類の贈答用線香が出ています。
桐箱入でTHE贈答用。という感じが多いです。
これは、ちょっと。と思われるは、小さい線香を贈ってはいかがでしょうか?
20181104_zoutou06.JPG
郵便局のレターパックライトは、高さ3cm、重さ4kgまで送ることができる便利なアイテムです。
しかもポストにポンと入れるだけでOK。
20181104_zoutou01.JPG
日常よく使う小さい箱のタイプ。
20181104_zoutou02.JPG
箱の高さが約3cm。
20181104_zoutou03.JPG
包装して、熨斗をつけて。
20181104_zoutou05.JPG
一言付けて・・・送る。

少し気持ちを届けたい。という場合におすすめです。

いろいろなお線香を揃えていますので、故人を思いならお線香をお選びください。
2018年11月 6日 08:00

お遍路さん~ファッション編~

義積 由香里
義積 由香里
こんにちは、本店の義積です。

最近は朝夕涼しくなってきまして段々秋が深まって参りました。丹波市は霧が有名でこの時期朝に冷え込むと霧が発生します。更に私が住んでいる近所の山では雲海が見えるということで朝の五時くらいになるとたくさんの人が来られます。私も何回か山に登り雲海を見たことがあります。幻想的でとても綺麗な景色でした。

最近の私の密かな楽しみはサンテレビの日曜日に放映されている「西国三十三所音巡り」という番組があることを知り、それを時間がある時に見ています。

そもそもお遍路さんは「お遍路」とは、弘法大師(空海)の 足跡をたどり、八十八ヶ所の霊場を巡拝することです。目的は、健康祈願、自分探しや開運・縁結びなどそれぞれです。そして巡礼者が持つ笠には、「同行二人」という文字が書かれており、ひとりは自分、そしてもう一人は弘法大師を意味します。つまり、弘法大師様と二人で巡礼の道を歩くという意味です。

金剛杖、菅笠、白衣といった伝統的なお遍路さんファッションが基本です。本来ならば他にもたくさんの用品が必要となります。下の写真は基本的なものです。

20181102お遍路さん.jpg

【菅笠(すげがさ)】日除けや雨帽になります。

【金剛杖】杖には弘法大師が宿るといわれています。頭部の五輪は直接手で触れない様、金襴で巻きます。橋の下で弘法大師さんが休んでおられるということで橋の上では杖をつかない約束です

【白衣(びゃくえ・はくえ)】道中衣と判衣があり、一般的に着られるのが道中衣です。判衣は納経帳と同じように御宝印をいただくもので、一般的には着ません。

また、車で移動する場合や、歩いて回るのかで必要な物が変わってきます。最近は「お遍路ガール」という女性もおられるそうです。ご自身にあった服装でお遍路の旅を始められたらいかがですか(^-^)
2018年11月 2日 08:00

あると便利な仏器膳

井上
こんちは(^-^*)/
篠山店スタッフです☆彡

今回は、あると便利な仏壇用品のご紹介です。
仏壇用品、物はだいたい揃っている。特に痛んでいない。まだ使えるので。という方が多いかと思います。

先日ご来店された方は、お嫁入りした時から同じものを使ってて、まだ使えるけど何かきっかけがないと新しい物を買えないから。新仏様には新しい物で気持ちよくお祀りしたいから。
とのことで仏具一式をご購入いただきました。

その際に、おすすめしたのが【仏器膳】です。
20181021_butuzennki01.JPG
仏器膳は、仏器飯や茶器を乗せて仏壇にお供えする時に使う仏具のひとつです。
20181021_butuzennki02.JPG
この仏具は、必ずしも必要というわけではありませんが、お給仕をする際に安定してとても便利です。
また、台を付けて高さを出すことにより、より丁寧なお供えになります。
20181021_butuzennki06.JPG
<長手仏器膳> 高さ6.6cm~、巾18.2cm~奥行9.6cm~
造り付仏壇のように、大きな仏壇にはこちらがおすすめ。
仏飯器・茶器をたくさん乗せることができます。
20181021_butuzennki05.JPG
<仏器膳> 高さ4.5cm~、巾15.4cm~、奥行6cm~
奥行きが少ないので、中型仏壇に向いています。
20181021_butuzennki04.JPG
<ガラス仏器膳> 高さ1.4cm、巾15cm~、奥行6cm
小さな仏壇、上置き仏壇にはこちらがおすすめ。
20181021_butuzennki03.JPG
仏器膳は、直接、仏飯器・茶器を置かないので仏壇の汚れも心配ありません。
一般的な並べ方は、ご本尊様の下の段に、左側:茶器、右側:仏飯器を置きます。

材質は、以前は木製のものでしたが、最近はPC製がほとんど。
軽くて、強度があり、汚れた際には洗えることが利点です。

1プラス仏具として、おすすめ致します。
2018年10月21日 08:00
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方