『仏具』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

お位牌の手入れ

義積 由香里
義積 由香里
こんにちは、本店の義積です。
先日の大雨では、日本各地に大きな爪痕を残しました。私が住んでいる丹波市でも山崩れや床下浸水など大変な状況になり、私が住んでいる自治会も避難勧告が出るのかもしれないととても不安な毎日でした。ふと避難場所に持って行くものを考えていると、お位牌が浮かびました。ご先祖様と両親の位牌、これは絶対だと思いました。昔子供の頃にテレビで、おばあさんが避難しないといけない時に位牌を風呂敷に包む姿がとても印象的でした。お位牌は、魂が入ったものであり、代々受け継がれていく大切なものだと子供心に思いました。

さて、お盆も近いので仏壇や仏具には普段よりも目に付く機会が多いと思います。仏壇に納めてあるお位牌の手入れをしようと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、お位牌は繊細なものですので、そっとしないと表面に傷が残ったりするので注意が必要です。
kouya39.jpg
このような位牌は表面に金箔が貼られていたり、金粉が施されているお位牌です。表面を強く拭くと金が剥がれてしまったり、下地の面が出てきてまだらになるのでご注意ください。


20180713位牌.jpg

こちらの位牌はほこりを払う程度で良いです。どうしても拭きたい場合は仏壇仏具用の柔らかい布で拭いてください。水分があるとお位牌の表面が浮いてきたりする事もありますのでご注意ください。

どのようなお位牌もできる限り素手で触る事は避け、柔らかい手袋をしてください。手の皮脂が付いて跡が残ってしまうこともあります。手袋はホームセンターや百円均一の店で購入できます。

20180712位牌手入れ (2).JPG

20180712位牌手入れ.JPG

仏壇・仏具・お位牌にはこのようなクロスがおススメです。当社の各店で販売しております。

2018年7月13日 08:00

お好みのお線香を・・・

山崎 倫子
本店 山崎です。

今日はお線香についてです。仏壇でもお墓参りでも用いるお線香。私たちにとっては、一番身近な仏具の一つです。そして、お線香に似た「お香」も最近では、雑貨屋さんなどでもよく見かけるようになりました。さて、では「お線香」と「お香」の違いとは何でしょうか?・・・実は、この2つは、原料や作り方など基本的なことはまったく同じです。ただ、「お線香」は仏事に用いるもの、「お香」はその香りを楽しむもの、として区別されていますが、好みの香りで「お線香」を「お香」として、「お香」を「お線香」として使用する事もできます。

そもそも「お線香」は仏教伝来の頃に用いられるようになったと言われています。今回調べてみて初めて知ったのですが、「日本書記」によると淡路島に漂着した「香木」を島の人達はただの流木と思いかまどで燃やしたところ大変に良い香りが立ち上り、これに驚きこの香木を朝廷に献上したそうです。これが線香のルーツだそうです。

仏壇やお墓にお線香をあげるという事は、我々の習慣になっていますが、お線香はご先祖様にとって食事の役目でもあります。亡くなった故人が仏の世界に行くまでの間、お線香の香りがあれば空腹を抑え無事にたどり着くと言われているのです。また、故人のためだけでなく自分の心を清める事も出来るという意味合いもあります。最近は、様々な香りの線香もありますので、自分の好みのもの、また故人様の好きだった香り・・・そんな事を思いながらお線香を選ぶのも良い供養になると思います(^^)
お線香.JPG

2018年7月11日 08:00

香りに癒されてみませんか?

義積 由香里
義積 由香里
みなさん、こんにちは。本店の義積です。

さて、問題です。こちらは何でしょうか?
20180627アロマ1.JPG

20180627アロマ.JPG

貯金箱のようですが、これはアロマのミストの吹き出し口です。無印良品の商品にカバーとしてこの石を被せます。そうすることで、おしゃれな石から出るアロマミストを楽しめます。

20180627アロマ4.JPG


20180627アロマ3.JPG

電気を灯すと、おしゃれなランプにもなります。石から出る暖かい光がなんとも言えない良い雰囲気ですね。この商品は先日庵治の石の展示会で目に留まり購入してきたものです。香りと光に癒されそうです(^-^)この商品は本店にございます。


2018年7月 5日 08:00

夏は涼やかなイグサ座布団

井上
こんにちは(^-^*)/
篠山店スタッフです☆彡

7月に入りました。
7月1日は、「釜蓋朔日(かまぶた ついたち)」といい、《地獄の窯の蓋が開く》日とされています。
精霊たちが家に帰るといいます。
8月のお盆に向けて、いつ仏様が戻ってもいいように準備をはじめましょう☆彡
obon_bonchouchin.png
お盆の準備とえば、いろいろあります。
地域によっても内容が異なります。
篠山店がある篠山エリアでも、同じ宗派でも準備をする内容が異なる場合が...
ご住職に確認の上、ご準備されるのがよいかと思います。

仏具類だけでなく、揃えたいのは「ご寺院様用座布団」です。
20180701_1.JPG
仏前のご寺院様用座布団は、通常より一辺が大きく縁は金襴で華やかな仕立てになっています。

イグサ座布団は、いろいろな効果があります。
 「抗菌」   病原菌に対して抗菌性を有することが認められています。
 「癒やし」  イグサの香り成分には森林浴と同様のリラックス効果があります。
 「湿度調整」 空気中の水分を吸収・放出し、自然に湿度調整をしてくれる。
などと...
メーカーさんからいただいたチラシに載ってました(^^)

額蓮.jpg  回り菊.jpg
ジワーーっとする暑さもイグサの香りでとてもさやわかになります。
各店、いろいろな柄を揃えています。

お早めに、お問い合わせ下さい。

2018年7月 1日 08:00

葬儀用提灯と盆提灯

義積 由香里
義積 由香里
こんにちは、本店の義積です。

先日の休みに両親の3ケ月ぶりにお墓そうじに行きました。少し来ない間に墓地には草が生え、枯葉が散乱しかわいそうな態でした。一時間ほど掃除をし、両親のお墓と六地蔵さんに手を合わせすっきりした気持ちになりました。

今週で6月も終わり、来月は7月です。季節の移り変わりは本当に早いですね。7月に入るとお盆の準備をされる方がたくさんいらっしゃいますが、もう始められていますか?盆用品の一つに提灯があります。葬儀で使用した提灯を初盆に使うという地域もありますが、形は似ていても本当はそれぞれの意味があるのです。葬儀の提灯は、故人の魂が安らかに成仏する事を願うためのものです。盆提灯は、仏さまになられた故人を含むご先祖さまをお迎えし、お送りする為のものです。

また、お盆には、先祖様が戻って来られると言われています。あの世とこの世の距離はどの位の距離なのでしょうか。正直よく分からないですが、調べてみますと「十万億土」だそうです。ピンとこない距離ですが、おそらくとても遠いのでしょう。とても遠いのであれば、ご先祖様はよく道を間違えないなと思います。毎年通う道なので大丈夫なのでしょうか⁉しかし、まだ霊に成り立てのご先祖様の場合は、やはり少々不安。家の目印のために、新盆(亡くなって最初に迎えるお盆)のお宅は霊が道に迷わないよう盆提灯を飾るそうです。提灯の優しい灯りはそのような意味があったのですね。

20180627盆提灯.jpg



提灯も良いですが、こちらのローソクも素敵です。

20180627いろは1.JPG 20180627いろは2.JPG

高さは約15cmのLEDローソクです。本物の炎のように揺らめきます。

大切なご先祖様をお迎えする準備をし、お盆に楽しいひと時になると良いですね。



2018年6月27日 08:00
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~19時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方