『仏具』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

過去帳回位牌

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

前回にも書いておりましたが、今回は過去帳にて御先祖様をまとめるお位牌を御紹介させていただきます。

過去帳回1.JPG

見た感じは、木の札の回出位牌とあまり違いがないようですが、同じ大きさならば牌身の巾が回出位牌より広いです。
扉を開けると、過去帳が納められているのがわかります。右の写真のように、塗板(〇〇家先祖代々之霊位などと彫刻)を表面ガラスとの間に入れることも可能です。

過去帳回2.JPG

過去帳回3.JPG

過去帳には、年月に関係なく亡くなられた日を基準としてで31日間に配分してまとめるものと、亡くなられた順番に書く年表順のものの2種類があります。

上側が日付け入りで下が日付け無しの過去帳です。

過去帳1.JPG

2018年9月20日 09:00

グッドデザインなモダン位牌

井上
こんにちは(^-^*)/
篠山店スタッフです☆彡

今回は、モダン位牌のご紹介です☆
お位牌といえば・・・
55-2純面金京中台.jpg  
従来型のこんな感じ、黒と金色のものが多いかと思います。
お位牌は、ご先祖様の位牌の形や大きさに合わせることが多い。

ですが、最近は仏壇も家具のようなモダンなものが出ています。
それに合わせて、位牌もいろいろなデザインのものが増えていて、
「グッドデザイン賞」を受賞している位牌もあります。

20180917_ihai_yutoku01.JPG
2012年度グッドデザイン賞
[絆印 新世紀位牌 優徳 シリーズ]
とてもシンプルなデザイン。曲線がやさしいイメージを出しています。
20180918_moji.JPG
文字の色は、縁の金色と同じ、少し落ち着いた色の金色です。
20180917_ihai_yutoku03.JPG
モダン仏壇に。
20180917_ihai_yutoku02.JPG
パーソナル壇に。
シンプルな位牌なのでどこにでもマッチします。

お位牌もいろいろありますので、ぜひ、ご参考にしてみてください。


【位牌関連_過去ブログ】


2018年9月19日 08:00

回出位牌

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

お位牌のまとめ方について書かせていただきます。

どのお仏壇でも、お位牌をお祀りするスペースには限りがあります。実際にお位牌が10基以上もあるお宅もあり、これ以上お位牌をお祀り出来ないので、相談にのってほしいとのご依頼も多々受けます。

大きくは、木の札にてまとめる方法と、過去帳にてまとめる方法があります。今回は、木の札にてまとめるお位牌を御紹介させていただきます。

繰り出し位牌1.JPGのサムネイル画像繰り出し位牌2.JPG繰り出し位牌3.JPG

上記のお位牌は、回出位牌(繰出位牌)で、右側が扉を開けた状態です。

位牌のなかには、黒塗りの板が1枚と白木の板が12枚(5枚・10枚・15枚もあり)あります。黒塗りの板には「〇〇家先祖代々之零位」というように彫刻をして白木の板にはまとめるご先祖様の位牌のご戒名を名入れします。

夫婦連名であれば1枚に2名となりますが、多くは1枚に1名でお祀りされます。あとは、お仏壇の大きさやご先祖様の人数によってお位牌を選択されれば良いでしょう。



2018年9月 4日 08:00

ロウソクのサイズ選び

井上
こんにちは(^-^*)/
篠山店スタッフです☆彡

毎日のご供養の中では、ロウソクは必要なものです。
そもそも、ロウソクはなぜ必要なのか?
20180902_hono1.JPG
意味として「不浄を清める」「仏壇やお墓において周りを明るくすることで煩悩の闇に光を当てる」があり、ロウソクは供養には必須アイテムの一つなんですね。
この、ロウソク、いろいろなサイズがあるのはご存知ですか?
20180902_size.jpg
小さいものは燃焼時間が5分からあります。
燃焼時間によって、大きさが違ってきますが、これらの種類がよく出るサイズです。
毎日使うのに、長いものだと火が心配。という理由で短いものを選ぶ方。
法事があり、お経が長いので、長いものを。と選ぶ方。
いろいろです。もちろん100分以上のものもあります。
20180902_菜300分.jpg
300分(約5時間)や、720分(約12時間)、1320分(約22時間)など...
長いものは四六時中火を灯していたい時に使うことが多いようです。
燃焼時間が長い=ロウソクサイズも大きい。ので、小さな仏壇には不向きです。
使う場合は、周りに注意が必要です。

これからの季節は、乾燥します。毎日使うものなので、仏壇の大きさや用途にあわせたサイズをおすすめします。

各店、様々なロウソクをご用意しております。お気軽にお問い合わせください。
2018年9月 3日 08:00

不動明王の坐像

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。

真言宗では特にお馴染みの「不動明王」。大日如来の脇侍として向かって左側に居られます。大日如来の化身とされるこの不動明王、「お不動さん」と親しまれています。

一般には立像のイメージが多いのではないでしょうか。

不動明王.JPG

今回は坐像を納めました。

この鎮座されております台の部分は「盤石(ばんじゃく)」呼ばれ、「金剛石」つまりダイヤモンドの原石で出来ているのです。そして「一切の人々を救うまではここからは動かない」のだそうです。

須弥山の護り神で四天王の一体「持国天」が握っている剣は「片刃」であるのに対し、この不動明王が握っている「倶利伽羅剣(くりからけん)」と呼ばれるこの剣は「諸刃(もろは)」であることから「自分の命を懸けてでも皆を守る」と言われています。

考え方にも存在感にも圧倒されますね。
2018年8月 5日 08:00
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方