『滝野店』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

知人からの相談

福島正弘
福島正弘
滝野店の福島です。

先日、私の知人からも相談がありましたが、皆さまは「墓じまい」という言葉はご存知でしょうか?
当社のブログでも度々掲載されておりますし、「何を今さら」とおっしゃる方も多いかもしれませんが、最近よく耳にするこの「墓じまい」という言葉、意外にも「お墓を無くしてしまうこと」と思われている方が多いように思います。


「墓じまい」の定義
墓じまいとは本来「管理が出来なくなったお墓を撤去して、遺骨を取り出し、新しいお墓に移すこと」です。
墓じまいという言葉は、最近になって誕生した造語であり、それまでは「改葬」という言葉が使われていました。


改葬の一連の流れとして
① すでに建っているお墓の閉眼供養(魂抜き)したあと、お骨を取り出す
② 元のお墓を撤去して更地に戻す
③ 新しい墓地にお墓を建てる(墓石の移動もしくは新規建立)
④ お骨を納め開眼供養をする
こうしたことから、墓じまいとは「お墓を無くし、供養を放棄することではない」ということがわかります。


「墓じまい」が注目される理由
墓じまいが注目されているのは「お墓が遠くてお墓参りに行けない」や 「今後、お墓を守ってくれる人がいなくなる」という方が増え、その背景にある「無縁墳墓(継承者が不在となった墓)の増加」という社会問題が影響しているのかなと思います。


墓じまいという言葉が普及する一方で、墓じまいに対する情報は十分であると言えません。墓じまいにあたって、離檀料をめぐる菩提寺とのトラブルや、親戚関係とのトラブル等々・・・。意外と忘れがちですが、お墓は親族皆さんのものになります。まずはご家族で十分に話し合われることが大事だと思います。

2018年10月30日 08:00

展示場を見るメリット

福島正弘
福島正弘
滝野店の福島です。

お墓を建てようと考えたり、リフォームなど建て替えを検討されている方は、どのような石で、どのようなデザインにすれば良いのか悩まれると思います。
インターネットやチラシ、カタログなどで検討する方も多いかと思いますが、私どもからのご提案としましては展示場の見学をお薦めします。

展示場を見るメリットとして・・・

①実物大のお墓が見れます
インターネットの画面やカタログでは、表示されている寸法から大きさをイメージするしかありませんが、展示場には実物大のお墓があります。やはり実物サイズの物を見るとイメージもしやすく、デザインもしっかりと確認する事ができます。

デザインの種類は、インターネットやカタログの方が多いかもしれませんが、実物のデザインで比較すると違いもはっきりと理解する事ができると思います。ご自身の体型と比較して段差やお墓の大きさが確認できますし、お花の交換やお掃除の時に手が届く位置など細かな部分も確認できるのが実物大の魅力です。


②実際の石で色や石目が確認できます
石材の種類はたくさんあります。もちろん全ての石を確認できるわけではありませんが、実物で確認することにより、カタログより鮮明に色や石目を見ることができます。同色系の石の微妙な色目の違いなども実物で比較しないとわからない部分です。

同じ石でも形状によって見え方が変わったり、光の当たり具合で見え方に変化がある事もあります。


③お墓の構造が理解できます
ひとくちにお墓と言っても、構造によって使用方法(特に納骨方法)が違います。実際に墓地に建てられるお墓と同じ構造が見れるわけですから、カタログなどでは分かりにくい部分も、しっかりと確認する事ができますし、不明な点も確認する事ができます。

カタログなどでは見れない裏側や内部が見れるのも展示品の魅力のひとつだと思います。天候も良いこの時期にご家族で展示場見学などいかがでしょう?

福島20181014①.jpgのサムネイル画像

福島20181014③.jpg



2018年10月14日 08:00

私のお墓参り 倶會一處

福島正弘
福島正弘
滝野店の福島です。

お彼岸も明け、朝晩はすっかり涼しくなりました。
8月のお盆、9月のお彼岸とお墓参りをされる機会も多かったのではないでしょうか?
私も先日お墓参りに行きました。

当社のブログでも度々「お墓の正面文字」について書かれておりますが、私の出身地であります京都市の墓地では、下の写真のように彫刻されているお墓を見かけることがあります。


DSC_0618.jpg

「倶會一處(くえいっしょ)」と彫刻されており、浄土真宗の方のお墓です。
「倶(とも)に一つ処(ところ)に会う」という意味で、先に浄土に往生なさっているご先祖たちと共に同じ浄土に生まれたい、亡くなられてもまた大切な人と会いたいと思う気持ちのあらわれになります。

自分が亡くなったら、自分に会いたいと思ってくれる人を一人でも多く持ちたいなと改めて感じた帰省になりました。
2018年9月28日 08:00

9月のお彼岸~お墓の相談会が始まります~

福島正弘
福島正弘
滝野店の福島です。

9月に入りました。間もなく「秋のお彼岸」になり、その時期に合わせて9/15(土)~24日(月)まで各店では「お墓の相談会」が始まります。

お彼岸は3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間の計7日間。もしくはこの時期に行われる仏事(彼岸会)を指します。 年に2回あるお彼岸では、それぞれの初日を「彼岸の入り」、終わりの日を「彼岸明け」といい春分の日・秋分の日を「お中日」と言います。

「彼岸」とは、「彼方にある岸」のことで向こう岸です。大きな海や川を挟んだこちら側は「此岸」です。仏教では、二つの岸を「悟り」と「迷い」の世界、あるいは「極楽浄土」と「娑婆」にたとえます。別の表現をすれば「あの世」と「この世」という言い方がしっくりと来るかもしれません。

「お彼岸」には寺院などにおいては「彼岸会」という法要を行い故人の供養を行われる所もあります。また、一般的にはお墓参りを行い、お寺様にお経を読んでいただき先祖供養をなさる方もおられます。「お彼岸」の時期は「お盆」の暑い時期と比べ気候も良いので、お墓参りに行かれてしっかりとお掃除なさったり、不具合などを見つける事が出来る良い機会だと思います。

お墓参りでお気づきの事がございましたら些細な事でもご相談下さい。


2018年9月12日 08:00

展示場の大洗浄

中村 淳
中村 淳
滝野店の中村です。

弊社には屋外展示品が現在22基あります。
毎朝墓石は水拭きしています。

それでも1年経つと普段掃除しないとろこは結構汚れが目立ちます。
特にコンクリートの立ち上げ部分は下の写真のように黒ずんでしまいます。

展示洗浄前.jpg

そこで高圧洗浄機で洗浄していきます。

展示洗浄中2.JPG

展示洗浄中1.jpg

墓石の洗浄や拝石の洗浄もこれを使って洗浄していきます。
洗浄後がこちらです。

展示洗浄後1.JPG

布袋さんも洗浄していきます。気持ち良さそうです(笑)

布袋洗浄.jpg

展示洗浄後3

1年間の汚れも綺麗になりさっぱりしました。

2018年9月11日 08:00
1  2  3  4  5

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方