『お客様とお墓づくり』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

ラフタークレーンを使っての作業

中道 祥貴
中道 祥貴
本店の中道です。

ラフタークレーンを使っての墓石の撤去作業をしました。

ご依頼頂いたのは、年々歳をとり、山の中腹にあるお墓参りが困難になり、
お墓の移動してほしいとの事で、今回のお仕事を頂戴しました。


施工前
20191203レッカーを使って1.jpg


ラフタークレーンのブームを現場まで伸ばします。
20191203レッカーを使って3.jpg

20191203レッカーを使って4.jpg


台石を吊り上げます。

20191203レッカーを使って5.jpg

20191203レッカーを使って6.jpg

トラックに積み込みます
20191203レッカーを使って7.jpg


巻石を解体します。
20191203レッカーを使って8.jpg

20191203レッカーを使って9.jpg


完了です。
20191203レッカーを使って10.JPG

20191203レッカーを使って11.JPG

墓石は後日、別の霊園に建立されます。

2019年12月 3日 08:00

上下に分かれた墓地をまとめる

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

今回は上下2ヶ所に分かれていた墓地を1つにまとめたお話です。
20191201_上と下のお墓.jpg
上の段はもともとは墓石を建てる場所で、下の段にはお骨を納める役割だったそうです。
20191201_工事前01.JPG
お客様は、「今までは、お墓参りの度に2ヶ所を掃除して、それぞれのお墓に花を供えていました。それも大変でしたが、お墓に登るのがもう怖くなった。膝が悪くなったのもあるけど、階段は急だしガタガタで今にも崩れてしまそうで怖い。」
20191201_完成02.JPG
とのことでしたので、石を積みなおし踏み台部分をコンクリートで固め上り下りがしやすい仕様に。
20191201_工事前06.JPG
上にあった、代々墓は、下の墓地に移設し、横に並ぶ夫婦墓は、お寺の供養塔へ納め、仏様には新しい五輪塔に戒名を彫刻して入っていただきました。
20191201_完成04.JPG
墓石がなくなった上の墓地は、草の生えないファイバーレジン仕上げに。
20191201_完成05.JPG
下の墓地には、上から持ってきた代々墓と新規の五輪塔。
真ん中に据えていた霊標は大きな台を外しサイドに設置。
地面は、上と同じくファイバーレジン仕上げに。

自分の代で一つにまとめる事が、いいことなのかとずいぶん悩まれていましたが、お子さんや住職とも相談しながら、とことん考えて結論を出されました。

上の墓地にお墓はないけど、先祖から受け継いで場所なのでこれからもお墓参りに来た時には掃除はしたいと思っています。
下のお墓は、狭くなって窮屈になりそなイメージだってけど、ゆったりしてるし掃除も簡単に出来そうと喜んで頂きました。
2019年12月 1日 08:00

お墓の文字位置決め

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

この度、自然石風の墓石を建立させていただきました。洋型のお墓も同じですが彫刻位置・内容など自由度が高いので、お客様との打ち合わせが特に必要になってまいります。

今回もお客様に立ち会いいただき、倍率を変えた文字を幾つか用意して、現物の棹石に貼り付けてバランスを確認していただきます。

奥様とご一緒に来社いただきまして、工場内で確認していただきました。

配置1.JPG   配置2.JPG   
配置3.JPG

「もう少し右、もう少し上」という具合に指示していただきまして決定です。

お墓も展示現物を見に行ってもらったり彫刻も見に行ってもらったりお時間をたくさん頂戴しましたが納得いただけるお墓のお手伝いをさせていただきました。

     決定.jpg

2019年11月30日 08:00

お墓の新しい形式

髙橋 圭司
髙橋 圭司
本店の高橋です。

前回のお手伝いは夫婦墓を建てるという比較的数が少ない伝統的な形式でした。今回は今最も多い形式のご紹介です。

20191128-1.JPG

ご覧のように昔からあるご夫婦ごとのお墓です。右端にはもっと古いご先祖様の戒名が五輪塔に刻まれています。私共の地域で一番良く見かけるお墓です。

左の前に木製の墓標が建っています。まだ墓石として供養されていません。今回はこの仏様の為の工事となります。

これまでの形式を継承するならば、もう1本夫婦墓を建てることになります。しかしこの形式を続ける限り墓石が増え続けることになってしまいます。スペース的にもお墓の管理においても大変です。

「◯◯家之墓」と刻んだ代々墓と戒名を刻む霊標を建てれば、もう新しい墓石を建てなくとも大丈夫です。私共のお手伝いで一番多い工事の形式です。

20191128-2.JPG

まずは全て解体します。
右端にあった五輪塔は残し、2基あった夫婦墓はその戒名を五輪塔に刻み墓石は処分します。

石井貴美子家転圧.JPG

墓石を建てるところを良く転圧します。
白い石で組んである四角いのは納骨室です。

20191128-3.JPG

綺麗に出来上がりました。
今回も良いお手伝いが出来ました。
2019年11月28日 08:00

ファイバーレジン施工⑦

中村 淳
中村 淳
滝野店の中村です。
この度新規の墓石建立工事をさせて頂きましたのでご報告します。
過去の施工はこちらです。

工事前の様子です。

fy3.JPG

施主様が「縁起のいい日」の工事開始を希望されましたので、鍬入れの儀式を行いました。
まず四方を塩と洗い米でお清めしました。

fy1.jpg

いよいよ鍬入れです。

fy2.jpg

工事の無事を祈願して、お骨あげをします。

fy8.jpg

fy9.jpg

掘り方をして基礎コンクリートを打設します。

fy4.JPG

fy5.JPG

通路が陥没していたので修復します。

fy6.JPG

完成です。

fy7.jpg

長年仮の埋葬だったのが気になっていたがようやくお墓を建てることが出来たと大変喜んで頂きました。
またお手入れがしやすいとファイバーレジンも大好評でした。
2019年11月20日 08:00
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方