『お客様とお墓づくり』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

擁壁工事~完成~

中道 祥貴
中道 祥貴
本店の中道です。

墓地の後ろの擁壁の工事です。

基礎の工事も終わり、コンクリートも固まり、いよいよブロックを積んでいきます。

今回積むブロックはスプリットブロックを積みます。石材の割肌加工に似た小型のブロックです。

↓基礎のコンクリートです
20190616擁壁1.JPG


↓ブロックを積んでいきます
20190616擁壁2.JPG

↓水抜きのパイプをいれます
20190616擁壁3.JPG

↓ウラ詰めコンクリートです
20190616擁壁5.JPG

↓天場の仕上げコンクリートです
20190616擁壁6.JPG

↓ブロック積みの完成です
20190616擁壁7.JPG

20190616擁壁8.JPG

工事は舞台工事、墓石建立工事等に入ります。

2019年6月16日 08:00

地盤工事をしっかりと①

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。

今回いたします工事は「地盤をしっかりとしたい」との施主様からのご意向もあり「D-BOX」施工をさせていただきます。

「D-BOX」の詳しい説明は次回にさせて頂きまして、今回はその事前準備からです。

地盤1.JPG

上の写真の通り、建てる墓所は昔からの土葬墓地で、しっかりと基礎工事をしないと、先々では傾く可能性も考えられます。

ということで、「D-BOX」を施工するにあたっては、まず地盤調査から入ります。

地盤2.jpeg

写真は地盤調査中の様子です。

この調査方法は、一般的な「スウェーデン式サウンディング調査(SS式)」と呼ばれるもので、鉄のスクリュー(捻じれた矢のような先)を錘(おもり)で下に落としていきます。当たりが出たところから鉄の先を回転させてスクリューのように刺していき、硬い地盤の地層に当たるまでの深さや土の状態を調査します。

調査の結果、この場所は心配したほどには緩くもなく、空洞の地盤でもありませんでしたが、「より安心、より安全」を求めて施工いたします。

次回はいよいよ本工事に入っていきます。
2019年6月15日 08:00

後世にまで残るように

上山 典之
上山 典之
こんにちは、篠山店の上山です。

木漏れ日が気持ちの良い季節になりました、このお寺の供養碑の工事をしました。

英霊.JPG

昨年の7月の西日本豪雨による災害で8基のうち2基が倒壊した為、現状のまま再建するか、新たな場所で建て直すかどうかなど今度のことも思案して新しく移設しました。

殉2.JPG

殉3.JPG

皆様にも各々思い入れがあるため、現存碑に刻まれている彫刻内容は出来る限り忠実に新しい碑に刻みました。

殉4.JPG

殉5.JPG

殉6.JPG

殉7.JPG

今までは山裾に有るため棹石後面の文字など経年劣化で安易には読み取ることが困難な状況でした。

殉8.JPG

殉9.JPG

移設場所は墓地入口最前列の皆様がお参りで最初に通られる場所です。

殉10.JPG

殉11.JPG

殉12.JPG

竣工式には皆様に参列して頂き、ありがとうございました。

英霊15.JPG

今まで以上に地域の先人の方々が皆様の身近な存在であることを願います。

2019年6月 9日 08:00

お参りのしやすいお墓~仕上げ・ファイバーレジン編~

藤井勇輔

滝野店の藤井です。


ブロック・外柵ベース編外柵・墓石建立編にわたって紹介させていただいたお参りのしやすいお墓の工事も今回で最後になります。


前回でお墓の建立までが終わったので、今回はその続きのファイバーレジン施工からになります。

養生写真.JPG

まずは外柵の部分にファイバーレジンの溶剤が付かないようにテープで養生をしていきます。

ファイバーレジン.JPG

凹凸が無いように何度もコテを使ってならしていくことで平らにしていきます。

この施工をすることで雑草が生えなくなるうえに、落ち葉の掃除もほうきでササッと掃くだけで済みます。


最後に墓石の前の舞台にコンクリートを打っていきます。

鉄筋画像.JPG

強度を上げるためにコンクリートを打つ前に鉄筋を敷いていきます。

コンクリート打ち終.JPG

コンクリートが打ち終わりました。
足の不自由なお客様がお参りしやすいように拝み場までの通路はスロープ型になっています。

完成.jpg
型枠を外して完成です。


お客様にも喜んでいただけてうれしい限りです。
2019年6月 6日 08:00

ご先祖様のお墓の整理

眞下 尚利
眞下 尚利
篠山店の真下(ましも)です。

先日、お墓づくりのお手伝いをさせていただいたお話です。

ご夫婦のお墓などが8基ありました。
初代のお墓含め6基は建立予定地から10mくらい離れた所にあります。
残りの2基は、建立予定地建っていた曾祖父母、祖父母の夫婦墓です。

20190602ご先祖様のお墓整理 (2).JPG
6基が初代含むご先祖様のお墓です。


20190602ご先祖様のお墓整理 (1).JPG
曾祖父母、祖父母のお墓です。

この2基は解体して、新規墓石の横に並べて、6基は当分そのままというお話でした。ですが、同じ墓地内とはいえ、バラバラでそれぞれのお墓にお花も必要でしたので、竿石(仏石)を移動しませんかというご提案をしました。内容もご納得していただき、完成しました。

20190602ご先祖様のお墓整理 (4).JPG

20190602ご先祖様のお墓整理 (3).JPG

皆様のご意向で初代のお墓のみは下の台から移動しました。

まとめた竿石の土台は、新しい台を用意することもできましたが、曾祖父母、祖父母の一番下の台を有効活用させていただきました。

土葬のお墓も数ヶ所あり、その土を少しづつ取らせていただき、新しい代々墓の納骨堂に納めました。

いづれかには、その土葬のお墓も参らないように、お考えなられるようです。

20190602ご先祖様のお墓整理 (5).JPG

2019年6月 2日 08:00
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方