『お客様とお墓づくり』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

区画に合わせた形でご提案

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

今回ご紹介するのは、亡くなって1年までに洋風のデザイン墓を建てられたお客様のお話です。

20180921_boseki01.jpg

展示場にあるデザインを気に入っていただきこちらの墓石で決定しました。

が、問題が・・・。

20180921_kukaku.JPG

お客様にはすでに既存の外柵があり、そのままの寸法でははみ出してしまうことが分かりました。(区画内寸法:幅126cm×奥行約67cm)

既存の外柵内に納める方法としてご提案したのは

 ①全体的に寸法を縮める
 ②パーツを取り除く

20180921_utiawase03.JPG

お客様は全体的な大きさと雰囲気を重視され、②前のパーツを取り除く方法を選択しました。


次に彫刻の話です。

20180921_utiawase04.JPG

正面に「偲」の一字を彫ることは決めおられましたが、一字だけを当てはめるとなんか寂しいと言うことで、桜の花を上下の斜交いに彫刻することになりました。

20180921_utiawase01.JPG

原寸大の文字とイラストの配置をご家族で念入りにチェックされました。


完成がこちら。

20180921_kansei03.JPG

今回建てた場所は、お寺の境内墓地です。
周りのお墓は、すべて従来型の和墓です。お墓の高さや全体的な雰囲気も突出した形でなかったので、周囲に違和感なく溶け込んでいます。

20180921_kansei02.JPG

桜のイラストもやさしい感じの彫刻になり喜んでいただけました。


住職からもお客様へ「いいお墓が出来たね」とのお言葉を掛けておられました。

限りある場所での建立も、いろいろご提案させていただきます。
2018年9月21日 08:00

お墓のお引っ越し

髙橋 圭司
髙橋 圭司
本店の高橋です。

今回は弊社の地元、山南町から宝塚市へお墓を丸ごと移転するお手伝いをさせて頂きました。

移転前引き画像.JPG

山南町ではよくある林の中の個人墓地です。広さもたっぷりです。
都心部で同じ広さの墓地を確保するとなればウン百万円はするでしょうね。
施主様はずいぶん前に宝塚市へ転居され、そろそろお墓もと言うことでお引っ越しとなりました。

すみれ墓苑全景.JPG

洗練された公園墓地でとても心地よいです。駐車場や水場も整備されています。

すみれ墓苑通路.JPG

通路も綺麗で植栽もよく管理されています。

足立繁和家完成正面.JPG

以前と比べるとかなり狭くなりましたが、コンパクトですっきりしたお墓になりました。墓石、霊標、塔婆立は以前からのものをそっくりそのまま使用しています。

囲いの巻石は大きさに合わせて新調しましたが、墓石まで新しく作る場合と比べると費用はかなり低く抑えられました。一番良かったのはご自宅から近くなったことでお墓参りの回数が増えることでしょう。

良いお手伝いが出来ました。
2018年9月18日 08:00

写経の納め方

上山 典之
上山 典之
こんにちは、篠山店の上山です。

写経と言えば、般若心経などを半紙などに書き写すことです。
今から1000年前、まだ印刷機やカメラなどがない時代に、僧侶の修行のために宗教の根幹である経典を書き写すことが写経という言葉の始まりで、お釈迦様が五種の修行の中で書き写しは仏道修行の一つと定めていました。

写経の1文字1文字には意味があり、そのお経1文字書くたびに仏様現れるといわれています。

般若心経.JPG

書かれた写経を墓石建立後の入魂のお手伝いをする時に墓石の納骨堂に納められることが増えてきました。

多くは、広げたままか二つ折りで入れられますが、この時は住職が
「写経には折り方というのがあるんですよ、折ってみましょうか?」
と言ってされていましたが、久しぶりだったためか思い出しながら折っておられました。

私も折り方を見るのは初めてだったので横で拝見しておりました。

写経1.JPG
微妙な位置から斜めに折る。

写経2.JPG
文字が内側になるのですね。

写経3.JPG
う~ん、もう覚えられません。

写経4.JPG
この折り方は「折り鶴」に似ているような。

写経5.JPG
「メンコ」の折り方の様な。

写経6.JPG
益々覚えられません。

写経7.JPG
完成です。

折り上がってしまうとさほど変わった形でもないですが、でも簡単に開かないような不思議な形でした。

又、あのような機会があれば今度は由来などをお聞きしたいと思います。
2018年9月16日 08:00

秋の展示会始まりました。

義積 由香里
義積 由香里
こんにちは、本店の義積です。

最近は朝夕が涼しくなってきました。夜は私の家では鈴虫など虫の声が聞こえてくるので秋の夜長を楽しんでいます。(^-^)

さて森田石材店の秋といえば、恒例の「お墓の相談会」ですね。毎回多くのお客様にご案内し、来店していただきます。

実は今日このような電話がかかってきました。
「名前は言いたくないけれど、お墓について聞きたい。大体お墓っていくら位するのですか?大きな買い物なので、じっくり調べてから、どの店にするか決めたい。」

多くの方は、大切なご先祖様に入っていただくお墓を簡単に決める事はできないですね。ましてや金額もスーパーで買うような品物ではありません。電話でおっしゃる通りだと私もお話しました。

さて、お墓の相談会は、本日15日から24日まで3店舗で開催中です。本気でお墓をお考えの方はもちろん、いつかはしないといけないけれど、少し気になるというお客様も大歓迎です。是非お気軽にご来店ください。お待ちしております(^-^)

20180915本店展示場.JPG

2018年9月15日 08:00

安全にお参り出来るお墓づくり

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

今日はお母さんの13回忌を機に、新しく代々墓にするお話です。
20180905_kaidan01.JPG
今回、特に強く言われたのが、新しくするお墓の前をお参りしやすいして欲しいとのことでした。
今までお客様のお墓参りの度に、気掛かりだったのが崩れかかった階段でした。
20180905_kaidan02.JPG
20180905_kaidan03.JPG
写真で見てのとおり、いつ崩れてもおかしくない状態です。

だいぶ前からこのような状態でしたが、新しくする時に一緒に直そうとのお考えでした。
階段が前に倒れかかっています。

20180905_kaidan04.JPG
植木も含め、不安定な階段を全て撤去。
大きく掘り、安全に上れる階段を設置するための場所を確保しました。
20180905_kaidan07.JPG
お客様との相談で、登りやすい高さを調整して、新しいブロックをしっかり固定して設置します。
20180905_kaidan05.JPG
以前より範囲を大きくとっているので安定したつくりになりました。
20180905_kaidan06.jpg
最後の塗り上げ作業はまだですが、これでほぼ完成です。
これで、安心してお参りしていただけます。

今まであった場所に、建てなおす場合は、今後に備えて修繕やリフォームすることも出来ます。何か不安な点がありましたら、ぜひご相談下さい。

2018年9月 5日 08:00
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方