『お客様とお墓づくり』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

様変わりのお墓。

髙橋 圭司
髙橋 圭司
本店の高橋です。

私共の中兵庫地区ではこの20年~30年間で多くのお墓が新しく整備されてきました。

今回のお手伝いは下の写真のお墓です。昔ながらの古~い感じのするお墓ですね。
どんなふうに変わるのか楽しみですね。

20191007高橋忠義修正1.JPG

周囲のお墓もほとんどが整備されており、気が付けば自分とこだけが古いままだったとの事です。

高橋忠義家鉄筋.JPG

まずは基礎工事です。コンクリートの中に鉄筋を入れ強度を増します。

高橋忠義家ベース.JPG

納骨室の場所と数か所に水抜き穴を確保して、コンクリートを打設します。

高橋忠義家間知.JPG

石垣を据えていきます。内側の三角の所にコンクリートを詰めて補強していきます。

高橋忠義家金具.JPG

巻石角のコーナー金具は必須です。
これをしとかないと、将来巻き石の継ぎ目が開いてきてしまいます。

20191007高橋忠義修正2.JPG

地味な作業ですが転圧も重要です。

20191007高橋忠義修正3.JPG

完成です。
文字通り様変わりしましたね。

今回も良いお手伝いが出来ました。
2019年10月 8日 08:00

ファイバーレジン施工⑥

中村 淳
中村 淳
滝野店の中村です。

今回はファイバーレジン施工のお話です。
過去の記事はこちらです。
ファイバーレジン施工⑤

今回受注頂いたお客様は既に造成した際に一統で作った既存の外柵があるのですが、その中で新たに外柵を作って外柵をしたいとの事でした。
またお墓の上にちょうど木があり葉っぱが落ちてくるので掃除が大変との事でした。

葉っぱが落ちてくる区画は仕上げを玉砂利にすると、掃除が大変なので従来は石張りか真砂土仕上げにして掃き掃除が出来るようにしておりました。
最近は
①防草対策
②掃き掃除が出来る
③宗教上の風習から仏さんが息ができる(石でフタをしていない)
という理由からファイバーレジン施工が主流になっております。

工事前の様子がこちらです。
ft1.jpg

下地のバラスの上にファイバーレジン施工を施します。

ft2.JPG

今回は下段と上段で骨材を変えました。
下段の骨材は庵治石です。

ft3.JPG

上段は玉砂利仕上げではお馴染みの五色砂利です。

ft4.JPG

完成がこちらです。

ft5.jpg

建碑式に参列されたご親戚の方にも
①草引きが楽
②石でフタをしていない
という点で大変好評頂きました。

2019年9月30日 08:00

土葬のお墓

眞下 尚利
眞下 尚利
篠山店の真下(ましも)です。
今回は、墓石建立のお手伝いの話をさせていただきます。

丹波篠山市の今田町のお墓です。
土葬のお墓の上に新しいお墓を建てさせていただきました。昭和40年代でお亡くなりになった土葬が2霊、昭和60年にお亡くなりなった火葬が1霊ありました。
お寺様に、お性根抜きしていただいた後、工事開始しました。

20190929土葬 (1).JPG

20190929土葬 (2).JPG
立杭焼で有名な今田町なので、土葬の甕が出できました。フタがありましたが、隙間があったのか全体の半分以上に土が入っていました。


20190929土葬 (3).JPG
なかなか、重いフタでした。

お身体は土に還っておられました。

20190929土葬 (4).JPG

20190929土葬 (5).JPG

20190929土葬 (7).JPG
土を取らせていただき、甕を割って、転圧して作業を進めさせていただきました。土は新しいお墓に納めました。

20190929土葬 (6).JPG
昭和60年の火葬の仏様の所には、神戸ユニバーシアード限定缶のビールが出てきました。
良い、お手伝いができたと思います。
2019年9月29日 08:00

切り株撤去からの建立

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。今回のご紹介は、既存の石垣と区画前にある切り株を撤去し、スッキリしたいとのご依頼を受けたお話です。
2_KIMG2723.JPG
問題は、写真の右前にある大きな↑切り株です。

工事をするあたりお客様が一番気にかけていたのが、お墓が建つ前にある切り株です。
この切り株は、数十年前に植えた桜の木だそうです。その木もあれよあれよ言う間に大きくなり、5年ほど前に大きくなりすぎて伐採したそうです。
この切り株は、必ず残さず撤去して欲しいとのご要望でした。
それと基礎はきっちりして欲しいと。

既存の石積も切り株の部分からゆがみができています。
まずは、これを取り除く作業から。
3_KIMG2724.JPG
ユンボで切り株を掘り起こします。
4_KIMG2725.JPG
大きな切り株が出てきました。
5_KIMG2726.JPG
切り株を取り除きすっきりしました。
7_KIMG2730.JPG
割栗石を敷きランマーで転圧します。
8_KIMG2732.JPG
割栗石の上に砕石を敷き転圧します。
9_KIMG2733.JPG
納骨場所と排水穴を設置し配筋します。
11_KIMG2735.JPG
コンクリートを流し込みます。
13_KIMG2832.JPG
石積みをして外柵を据え付けます。
15_KIMG2834.JPG
延石と延石との組み合わせのところは、ステンレスの金具を取り付けます。
17_KIMG2837.JPG
18_KIMG2838.JPG
外柵内に砕石を入れ、転圧します。
19_KIMG2840.JPG
納骨堂を据付。
21_KIMG2843.JPG
墓石と霊標を据付し最後に防草施工をします。
23_KIMG2885.JPG
石垣も新しく、切り株も無くなりスッキリしたと喜んでいただけました。
また、アンケートもいただき嬉しい限りです。
2019年9月24日 08:00

草の生えない墓地(ファイバーレジンその⑯)

髙橋 圭司
髙橋 圭司
本店の高橋です。
いつものファイバーレジンと最近とても多くなってきた、デザイン型墓石のご紹介です。

20190921-3.JPG

土地はだいぶ前に用意されていたので、草も生えて荒れ始めていました。

山岡幸一家転圧.JPG

いつものように、根堀りをしてからしっかりと転圧です。

山岡幸一家鉄筋.JPG

基礎のコンクリートの強度補強のために鉄筋を敷き詰めます。
真ん中の納骨室は空けておきます。

山岡幸一家ベース完成.JPG

コンクリートの基礎が出来上がりました。

2019921-2.JPG

バラスを敷き詰め、ファイバーレジンの下地を作ります。

20190921-1.JPG

完成です。
シンプルだが曲線をたくさん使った外柵、和型とは趣が全く異なるデザイン墓石、ファイバーレジンのコラボとなりました。
今回も良いお手伝いが出来ました。
2019年9月21日 00:08
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方