『お客様とお墓づくり』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

施主様こだわりの文字

福島正弘
福島正弘
滝野店の福島です。

先日、お客様の開眼式(お性根入れ)にお立会いさせていただきました。
こちらのお客様は数基のご先祖様の石塔があり、それらをまとめて「先祖代々之墓」として新たに石塔を建立なさりたいとの事でした。

こちらが施工前の様子
20191224①.jpg

こちらが施工後、開眼式のご様子です。
20191224②.jpg
20191224③.jpg

石塔の正面文字には、施主様がこだわりの書家の先生による文字を彫刻致しました。
20191224④.jpg

彫刻の打合せの際、紙面による見本をお持ちしてお話をさせていただきましたが、実際に出来上がったものを見て頂くと「想像以上に味のある、立派なお墓が出来ました」とお喜びいただきました。

2019年12月25日 08:00

防草対策施工のお墓②

中村 淳
中村 淳
滝野店の中村です。

今回施主様からの第一のご要望は「丸墓前灯籠」でした。

OD1.jpg

実は灯籠というのはお墓にとってなくてはならないアイテムです。

仏様のお供えに必要なものは5つあります。それを「五供(ごくう)」と言います。そのうちのひとつ「灯燭=ろうそく」をお供えするためのものとして「灯籠」や「ロウソク立て」があります。

詳しくは機会を改めて。。。


今回、灯籠を青御影石ではなく錆石でご提案しました。
そして灯籠の雰囲気に合うよう乱張りとファイバーレジン施工でのご提案をさせて頂きました。

施工前の様子です。

OD2.jpg

張石施工の様子です。

OD4.JPG

ファイバーレジン施工を施して完成がこちらです。

OD5.jpg

乱張りは非常に手間ひまかかりますが、非常に施主様にも大変喜んで頂き、いいお手伝いができて感無量です。

2019年12月24日 08:00

大型クレーンを使って建立

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

今回は一周忌の法要に合わせて墓石建立をしたご紹介です。

20191218_工事02.JPG
場所は・・・この上です。

20191218_工事01.JPG
上から見ると、とても景色がよいところです。が、、、機材が・・・。

20191218_工事03.jpg
ということで、またまた登場しました。クレーン車です。
クレーン車を使い、一気に墓石を墓地の近くまで運びます。

20191218_工事04.JPG
建立場所は、急勾配且つ敷地面積が狭い。という問題があります。

今回のご要望は、
 ・通路からでなくちゃんとお墓の前で拝みたい。
 ・既存のお墓を残して、そこにも行きやすいようにして欲しい。
 ・来るだけで、手入れのしやすいように欲しい。

20191218_工事06.JPG
工事の開始です。段々に区切りをつけ、掘り起こします。

20191218_工事05.JPG
ランマーで踏み固め、転圧します。

20191218_工事07.JPG
基礎ベースです。

20191218_工事08.JPG
延石と延石との組合せ部分は、ステンレスの金具を取り付けます。

20191218_工事09.JPG
上り下りがしやすいように階段式としました。
最後は、花立と水鉢台、後ろに塔婆立が建つと完成です。

20191218_完成02.JPG
これで完成。

20191218_完成03.JPG
後ろから見るとこんな感じ。古碑にも花立を新設しました。

お客様からは、これでお墓の前に立ってちゃんと拝める。
また、滑りそうで急斜面を登るのが怖かったけど、新しく出来た階段のおかげで、古いお墓にもお供えもできる。
周囲の墓は、ほとんど傾いてる墓ばかりで、その中で今回の新しいお墓は、しっかりとした土台の上に建っているので傾く心配もない。
これで安心した。と喜んで頂きました。
2019年12月18日 08:00

2種類のファイバーレジン

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

先日の彫刻のお客様のお墓が完成し、無事開眼納骨式も終わりました。

18平米もある敷地で、「拝み場の区画」と「お墓の区画」とに分けて建立させていただきました。

かなり広いお墓地ですので以前からお墓掃除には困られていて、新規墓石建立時には防草対策は必須条件でした。周囲はコンクリートを打設して、区画内はファイバーレジン施工をご採用いただきました。

せっかくの広いお墓ですから、2種類の骨材のファイバーレジンで施工いたしました。拝み場の区画は巻石に合う骨材を選択し、お墓の区画は墓石に合うような骨材にて施工しております。

開眼式に立会いに来られておりました兄弟様ご夫婦も、自然石タイプの墓石と防草施工のお墓をご覧になって喜んでおられました。

ファイバーレジン全体.JPG 上の段のファイバーレジン.JPG 下の段のファイバーレジン.JPG

2019年12月17日 08:30

草の生えない墓地(ファイバーレジンその⑱)

髙橋 圭司
髙橋 圭司
本店の高橋です。

いつもの通り草の生えないシリーズです。

既存の囲い石はあって新規に墓石を建てるお手伝いです。
少し前に仏さまが出られて、仮の埋葬をしています。

20121215-1.JPG

白く細長い石の下にプラスチックケースで保護されたお骨が納まっています。
仮の埋葬ですのでお骨はまだ壺のままの状態です。

金川晃家転圧.JPG

石製の納骨室を据え付けてから、全体を転圧します。

金川晃家一枚板.JPG

真ん中の大きな板石は当社自慢のオリジナル墓石「匠型」自慢の一枚板です。
墓石全体を一個物の板石に乗せることで格段に安定します。
真ん中の穴は勿論納骨穴ですね。

20151219-3 (2).JPG

墓石や付属品も設置した後は、縁をテープで養生します。
ここにバラスで下地を作りファイバーレジンを敷いていきます。

金川晃家完成右前.JPG

金川晃家完成左前.JPG

今回の骨材は淡路砂利と言って細かい砂のようで自然な感じです。

20151219-3 (1).JPG

完成です。
今回も良いお手伝いが出来ました。
2019年12月15日 08:00
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方