『お客様とお墓づくり』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

墓石の正面文字を考える

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

今回は丸い形の伊達冠に何を彫刻しようかと奮闘している様子を紹介します。
20171119_1.jpg
こちらが丸い墓石。横から見るとわかりますが、正面はやや上向き。

お客様は、気に入った石は決まったけど、何を彫刻したらいいのか決まらない...
この形にあった字を彫刻したい!
一字だけを彫りたい!

とうことで、いろいろご提案をさせていただきました(^^)

文字施工例(1字).jpg
篠山店で施工させていただいた「1文字」の例です。
色々ありますが、やはり「和」が人気。次いで「愛」「穏」です。

提案文字(1字).jpg
施工された文字と意味、その他お勧めの文字を調べました。

--------------------------------
例えば・・・
【 和 】
 読み : わ・オ・やわらぐ・やわらげる・なごむ・なごやか...
 意味 : おだやか。のどか。ゆるやか。あたたか。はげしくない。
「仏教の言葉」より「和顔施(わがんせ)」
優しい笑顔やまなざしは人に安らぎを与えられる
--------------------------------

20171119_2.JPG20171119_3.JPG
お二人で悩み中です。
一生に一度のこと。これはじっくり悩んでいただきたいです(^^)

どの字に決まって、どのような書体になるのか。
書体によって、同じ字でも雰囲気が全く違います。

出来上がりが楽しみです。
2017年11月19日 08:00

台風の被害

中道 祥貴
中道 祥貴
本店の中道です。

超大型の台風21号の接近で丹波市でも記録的な強風と大雨に見舞われました。
このブログでも台風の被害をお知らせしておりましたが、私の担当させて頂いたお客さまも被害にあわれました。

石塔に木が倒れているとの一報・・・木を撤去する前に見てもらいたいと連絡を受けました。
お客様のこの判断は 大正解です。見れる状況であれば見ておくのに越した事はありません(撤去後の点検をするのに良く分かります)。

現場を確認すると、幸いにも石碑の倒壊までには至りませんでしたが、この状況で建っていたのが不思議なくらいです。

11.7 台風 1.jpg

少し前に 周辺の木を山主さまが5m近く奥に切り開き、墓地も明るくなって枝や葉っぱも落ちにくくなったと喜んでおられましたが、まさかこんな事になろうとは・・・

木はすぐに撤去され、その後、細部にわたり点検しましたが、石塔の角や霊標、角置き灯籠の笠に至るまで何一つ無キズの状態でした。

11.7 台風 2.jpg

この墓石には免震施工が施されております。実際この施工をしていたから倒れなかったのかどうかは分かりませんが、「おまえんとこの 地震のヤツしとってよかったわ」とおっしゃって頂きました。
2017年11月 7日 08:00

まもなく11月の相談会が始まります。

義積 由香里
義積 由香里
こんにちは、本店の義積です。

もうすぐ墓石の相談会が始まります。

今、私は相談会のご案内のお手紙の発送準備をしております。お手紙の中には売出のご案内の他に、当社の情報誌「石の上にも3年」などを入れています。

11月の相談会に間に合わせるために10月の中旬から「石の上にも3年」を作成し始めました。この情報誌をつくるにあたり一番考える事は、
「お客様に役立つ情報はどの様なものか?」
「どのような事を知りたいと思われているか?」
といつも悩んで内容を決めます。そして内容が決まれば、次は挿入する写真や図を考えます。文章も何回も作り直してやっと完成です。渾身の一冊が、「石の上にも3年」なのです。

お墓の相談会の発送準備をしている時は、「石の上にも3年」がチラシなどと共に皆さんのお手元に運ばれると思うとワクワクしています。どうぞお手元に届いた時は、是非ご覧ください。

P1017784.JPG


今年最後の展示会は11月11日(土)からいよいよ始まります。
お待ちしております(^-^)


20171111チラシ(本店)ol.jpg
2017年11月 3日 08:00

古い墓を整理して受継げる墓へ

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

今回紹介する工事は、今まで墓地を整理し新しい墓地で新しくお墓を建てる工事です。

<ご依頼の内容は>
1,既存のお墓を撤去する。
2,土葬の塚をならす。
3,土葬の土を少し取り新しいお墓に移す。
4,五輪塔を建て撤去した仏様をそこで祀る。
5,代々墓と霊標を建てる

20171102_01.jpg
1,既存のお墓

20171102_03.JPG
20171102_04.JPG
2,土葬の塚をならす

20171102_05.JPG
4,五輪塔を建て撤去した仏様をそこで祀る。
5,神道墓は移設。代々墓と霊標を建てる。

お墓建てた理由は、今までのお墓は家からは近いけど、お参りもしにくくあとあと守っていくのが大変かと思いと、後の代が困らないようにきっちりとした形で受け渡したいとの思いがあったそうです。前々からお墓のことを気になっていたが、仕事に切りがついてからとの思いがあり、ようやく切りが付き今回建てるに至ったとのことでした。

20171102_06.JPG
(開眼式風景)

新しいところは、菩提寺の墓地で広く整然とし、お参りのしやすい墓地です。
2017年11月 2日 08:00

神道のお墓

髙橋 圭司
髙橋 圭司
本店の高橋です。

私どもは毎日お墓のお手伝いをさせて頂いてますが、そのほとんどが仏教のお墓でなんです。もちろん臨済宗、真言宗・・・と宗派はいろいろですが、みんな仏教です。この度は神道のお墓建立のお手伝いでした。

神道のお墓は、形にいくつか特徴があります。 

KIMG5597.JPG

このように墓石最上部が四角錐で先が尖っています。神道において三種の神器と言われる「鏡・玉・剣」のひとつ剣を模しています。神話において須佐之男命が退治したヤマタノオロチから出てきた天叢雲剣(アメノムラクモノツルギ)のことで、愛知県の熱田神宮のご神体です。

仏教のお墓は次のように平らになっています。

KIMG5659.JPG

墓石手前には「八足台」と言って榊をお供えする台があります。仏教では香炉・水鉢の台ですね。

KIMG5603.JPG

この日は工事も無事完了し仏教で言うならお性根入れをむかえました。ご登場はもちろん神主様です。

KIMG5556修正.jpg

祝詞をあげて頂き、おごそかに御霊入れが行われました。
2017年10月30日 08:00
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~19時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方