『石のお話』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

苔がつくといいお地蔵様

森田 浩介
仕入担当の森田です。

苔がついたお地蔵様はいいなあと思います。例えば、私が好きなのは、京都大原の三千院の庭にあるお地蔵様です。

こちら↓↓↓↓↓
三千院地蔵1.JPG

こんな感じのもあります。

三千院地蔵2.JPG

何と言いましても庭がいいです。一面苔に覆われている庭に表面が叩かれたお地蔵様を数年置いておくとキレイに苔がつくようになります。

そこで、今回はこんなお地蔵様を作ってみました。

竜山石童地蔵.jpg

ちょっと写真では分かりにくいですが、少し青味がある竜山石(青)をつかって作りました。もちろん庵治の職人さんの作品です。表面は程よくノミが入りいい仕上がりです。これが苔の中に数年置かれていたら、きっといい味が出てくるでしょう。大きさは約7寸(21cm)ぐらいです。

ちなみに竜山石とはどんな石かと言いますと・・・
高砂市で採れる石で、なんと1700年前から使われていた由緒正しい石なんです。有名なのが「石の宝殿」といわれ、重さ500トンとされる石が浮いてます(浮いているように見えます)。現在も松下石材店さんが採石されています。
2018年4月18日 08:00

石の採掘場所(石切場)のお話

森田 茂樹
森田 茂樹
代表の森田です。

今から約40年前、日本の石の採掘場所は175産地あったそうです。その中でも花崗岩が85産地でおよそ半分が花崗岩(みかげ石)といわれる石です。現在は、外国産の石材輸入の増加と人件費の問題で半分以下に減少していると思われます。

さて、石の価格は安価なものから高額なものがありますが、私はすべての石が好きです。それぞれの特徴(色合い・硬さ)があり、用途によってすべて生かされると思っていますので、良い石・悪い石の判別はありません。

ここで2つの石切場をご紹介します。


まず茨城県のやさと石の石切場です。
IMG_1059.JPG

石の切り口が、きれいな石壁になっていて、かなり大きな原石が採れています。通常の大きさで1.5m✕1.5m✕4m(重量は約20トン)。

この様は石は、使える用途はたくさんあります。墓石は勿論のこと、墓地を区画する石や、記念碑、建築材など・・・どんな物でも使える万能な石だといえるでしょう。



香川県の庵治石の石切場です。
IMG_4230.JPG

やさとみかげ石と比べると壁面が四角くきれいな面になっておらず、切り口もガタガタです。大きな材料として採掘するのはかなり難しく、墓石にできる石は約7%です。大半は石積みの材料になったり、庭灯籠になったりします。

ただ石を研磨した石目は、世界中探してもないほど美しい模様が出ますので、希少価値の高いものとなっています。食べ物に例えると「マグロの大トロ」や「牛肉のシャトーブリアン」に値するのかな?と思います。
2018年3月22日 08:00

仙台石のお墓

上山 典之
上山 典之
こんにちは、篠山店の上山です。

このお墓は昭和23年に建立され、5年前に墓石の舞台を改築し、最近に戒名彫刻をしたお墓です、棹石が仙台石です。
 
仙台1.JPG
仙台2.JPG

「仙台石」(井内石とも呼ばれています)名前の通り宮城県石巻市の井内地区で採掘される硬質な堆積岩です。その歴史は古く、文永5年(1268年)に建てられた宮城県河北町の板碑に使われています。

特徴として、古いものでもほとんど風化作用を受けません。石材の角が欠けることもほとんどありません。石碑には細かい文字が刻まれていることが多いですが、その文字も明瞭に読み取ることが出来ます。そのため、古文書に匹敵するほどに資料性が高いと言われています。

記念碑などにはよく使われる石で、ご覧になられた方も多いと思います。
 
仙台3.JPG

黒光りしない石で独特な木目のような縞模様があり、和風な色味です。

仙台4.JPG

墓石では'至高の石とも称され、山形の文人である斉藤茂吉が「父のために」と墓標の石を求めにきたという逸話も残されています。

最近ではあまり使われなくなった石ですが、威風堂々としていて年月を重ねるとともに、より味わい深くなる石です。
2018年2月21日 00:08

インドから来た自然石

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

毎日寒い日が続いてますね。
今日は、新しく篠山店へ入荷した暑い国インドからやって来た貴重な皮の付いた玉石の墓石を紹介します。
20180209-06.JPG

<石のプロフィール>
石種:M1-H
物性データは以下のとおりです。
 見掛け比重:2.969t/m3
 吸水率:0.000%
 圧縮強度:119.41/mm2
 (日本石材産業協会 カタログより抜粋)
インド産緑系の石では、高級な石となります。緑色が明るく、目が整って出ています。

今回、このM1-Hの皮付墓石が登場!
↓かなりいい味が出ています。
20180209-01.JPG
この玉石は採石場の上層からしか採れません。
自然の形を石本来の風合いをそのまま残していますので、ひとつとして同じものはありません。
20180209-02.JPG 20180209-03.JPG
皮の部分と磨き部分のコントラストがたまりません。
20180209-04.JPG
日本の伊達冠石にとても似ていますが、磨き面の色はグリーン系なのでやさしい色合いです。
写真ではわかりにくいので、ぜひ、現物を見てください。

インドの石材彫刻の歴史は古く、2000年以上の歴史があるとも言われております。アジャンタ石窟寺院やエローラ石窟寺院、タージマハル霊廟など歴史ある石造物が多くあります。昔から石に携わっていることもあり、インドの石工職人さんのレベルは高いと言われます。実際に石材加工に関しても伝統が生み出す丁寧な仕事が多く見受けられます。

こんなお墓がいいなと思う方は、ぜひご来店して下さい。
2018年2月10日 08:00

お墓と凍結

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

ここ最近の寒波の影響で、このあたりでも随分と寒くなりました。お墓の花筒の水もすっかり凍っております。

DSCN2178.JPG

これだけ寒くなりますと、納骨の時に困ることがあります。一般的なお墓では、水鉢(家紋の彫刻してある石)を動かして納骨をいたします。

DSCN2176.JPG

水鉢と下の石(写真は芝台といいます)が、凍結して簡単には動かないことがあるのです。あらかじめ分かっていれば、お湯を持参して掛けて溶かすと良いですが、お湯がない場合は、車に積んである道具の中のゴムハンマーにて対処いたします。

花立をどけて、横からハンマーで叩きますと衝撃で凍結部分が外れます。ゴムハンマーは直接石をたたいても問題はないのですが、無い場合は木を用意して石に当てハンマーで木を叩きます。このような事が、寒い時期にお客様のご納骨のお手伝いさせていただく時に、偶ににございます。

ご自分で、ご納骨される時には念のためにお湯を用意されたらスムーズに出来ると思います。

2018年2月 9日 09:45
1  2  3  4  5  6  7  8  9

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~19時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方