『2017年4月』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

晋山式

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

いつもお世話になっている、お寺のひとつ、篠山市上板井にある弘誓寺(天台宗)さん。
実は、こちらのご住職はいままで通いでした。それがこの春からこちらに定住され、正式にご住職として着任されることになりました。

正式なご住職になる式『晋山式(しんざんしき)』が5月14日に行われます。

zazen_obousan.png

晋山式とは、新たに住職となった僧が、お寺さんや檀家さんを招き、ご本尊様に晋山《「晋」は進む、「山」は寺の意》報告をする儀式です。

この晋山式の日と同じ日に行われるイベントがあります。なんと、"弘誓寺で"ジャズライブ"が開催されます!

Cafe-Take5.jpg

このライブは住職の晋山式(しんざんしき)を兼ねて、1年前のオープンした弘誓寺山門の「カフェ Take5」とコラボしたジャズライブ♪
ピアノと箏と二胡のセッションとのこと。

IMG_2544 (1).JPG

檀家さんだけでなく、一般のお客様も入場可能です。

この機会に、ぜひ、お寺にお立ち寄り下さい☆彡


2017年4月30日 08:00

お仏壇の飾りつけ

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

自宅を新築されましたお宅の、お仏壇の飾り付けと改修をご紹介させていただきます。
今回は、吊灯籠(LED仕様)と祭壇掛けとガラスでの飾り付けのご紹介です。

CIMG9874.JPG

新しいお仏壇には、真言宗の三幅の掛軸が既にご用意してありました。
まず、天井から灯籠を吊りおろし配線をします。次に、祭壇掛けを敷き各段に汚れ防止と火災防止のためにガラスを置いていきます。
下の写真は、設置後灯籠のLEDを点灯させた写真です。

CIMG9879.JPG

祭壇掛けの部分の写真です。赤色の祭壇掛けで、随分お仏壇が明るくなりました。
祭壇掛けは、お客様のお仏壇の大きさに合わせて、製作いたします。また、金欄の裏地として白生地を使い丈夫に作っています。

CIMG9880.JPG

次回は、このお仏壇の2枚両開き襖から、欄間付き4枚折れ戸への改修をご紹介させていただきます。
2017年4月29日 08:00

御詠歌の音程とリズム

井上
こんにちは(^-^*)/
篠山店スタッフです☆彡

みなさんは、御詠歌をご存知ですか?
篠山店がある地域では、仏様がでてから49日までの毎日とお盆の時期に西国三十三箇所の御詠歌を歌う習慣があります。

御詠歌集1.jpg
 ↑ 家で使っている年代を感じる御詠歌集

西国三十三所の霊所をめぐる巡礼者の和歌で「五・七・五・七・七」から出来ています。

御詠歌の拍子(リズム)を取るために用いるのが鉦吾です。
カ~ン、カ~ン、カ~ン・・・
祖父母と暮らしていたので、このリズムは小さい頃からなんとなく体に染み付いています。
以前は祖父母が筆頭でやっていたのでその後を同じように歌っていましたが、祖父母が亡くなり母筆頭となると、このリズムと節が曖昧に・・・

鉦吾.jpg

そこで店に「御詠歌CD」があるのを発見!∑o(*'o'*)o 
こんな便利なものがあるなんて~。早速購入しました♪

聞いてみると、とてもゆっくりです・・・でも、これが本来のリズム・・・。
リズムは微妙ですが、音程や節は、これでなんとなく取り戻すことができました。

西国三十三ヶ所御詠歌CD.jpg


我が家のようにお困りのお宅は多いようで、お問合せをいただく事が増えています。先日も「御詠歌CD」を探しに来られました。

Aさん「御詠歌CDをレンタルショップ見に行かれたけどなかった~。そんなん置いてる?」と。
はい。意外と置いています(笑)

もちろん大きな字でわかりやすい経本も置いています。

御詠歌集2.jpg

お困りの方は、CDの助けをかりるのもよいかもしれません ( ´∀`)b 
2017年4月28日 08:00

三界萬霊塔

髙橋 圭司
髙橋 圭司
本店の高橋です。

先日、ある一統様の墓地整備工事の中で「六地蔵様」の新規建立をブログで取り上げさせて頂きました。出来上がった「六地蔵様」の横に仲好く「三界萬霊塔」が立っています。こちらの墓地に元からあった石塔です。
山南町周辺にもよく建っている見慣れた石塔です。

KIMG3083.jpg



KIMG3081.jpg

でもこの石塔にはどんな意味があるのでしょうか。

「三界」仏教語で 欲界・色界・無色界の事だそうです。
欲界とは、食欲・性欲・睡眠欲といった生きている物の本能的な欲望にとらわれている世界。
色界とは、色や形はあるが欲望にとらわれない清らかな物質からなる世界。
無色界とは、色や形などあらゆる物質や欲望を超越した精神世界。

「萬霊」あらゆる世界の事。 
 
すなわち、この世あの世全ての世界を供養する為の石塔ということです。
この写真の物は「塔」の文字がありませんが、たまに「等」と刻まれている物があります。
おそらく当て字で先人の遊び心かも知れません。

全ての世界の為に三界萬霊塔、六道輪廻の世界の為に六地蔵様 日本の先人達は念には念を入れたんですね。


2017年4月27日 08:00

お墓の前の灯籠ってどんな意味があるの?

森田 浩介
仕入れ担当の森田です。

お墓の前にある灯籠は墓前灯籠(ぼぜんとうろう)というもので、供養や邪気を払うなど様々な意味が込められています。

まず、墓前灯籠には供養の意味があります。
お仏壇にはいつも明かりを灯しますよね。でもお墓に一日中明かりをつけるわけには行きませんし、必要もありません。お墓では灯籠が置いてあるだけで一年中、火を点している意味になります。火は古代から神聖なものとされてます。邪気を払い、故人の供養にもなります。

また風水では、北に山を配して南に向ける等の吉方がございます。ちょうど京都の町を想像していただければよいのですが、北に山を背にして、東と西から囲まれ南が開いている状態です。でも、なかなかこんな土地はありません。そこで、灯籠を置くことで入口が吉方になるというものです。

こんなにありがたい灯籠ですが、最近はデザイン重視で昔ながらの灯籠も少なくなりました。もっと私たちがこんな意味をお伝えしないとなりません。お墓を経てられる際には、ぜひ置いていただきたいですね。
2017年4月26日 08:00
1  2  3  4  5  6

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~19時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方