HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

ほっこりするお墓

上山 典之
上山 典之
こんにちは、篠山店の上山です。

7月に建立させて頂いたお宅のお墓です、出来上がってから何か寂しい感じがするということで、ご家族で大事にされているネコをお墓にも置きたいとのことで、先日お墓にネコの置物を据付けました。

猫1.JPG


猫2.JPG

薄茶色のタマちゃんと茶色のトラちゃんです、とても仲の良い2匹だったそうです。(タマちゃんは一昨年に天国に・・・)
ご家庭の居間に居る様なほっこりした気分になり、お墓参りが楽しくなる様なお墓になりました。


2017年9月24日 18:09

広~い机の上

義積 由香里
義積 由香里
こんにちは、本店の義積です。
私は今朝から、とてもすがすがしい気持ちで仕事をしています。

弊社ブログで時々ご紹介しております「そうじの力」の一環で、事務机の上を片付けました。パソコンと電話のみになりました!私は、心配性でもしかしたら今後要るかもしれない?!と思うものを大量に残しておりました。しかし、それでは増える一方です。整理整頓の前にする、要らないものと残すものの分別をしました。そこでおもいきって捨てました。捨てたおかげで、机の引き出しにスペースができ、机上の上の物を入れることが出来ました。

P1017603.JPG

机の上は綺麗になりましたが、まだまだ他の場所ができていません。これから少しづつ行います。机の上が綺麗だと、心に余裕ができた気がします(^-^)
2017年9月23日 08:00

お墓全体をお祀りする方法

森田 茂樹
森田 茂樹
最近では少なくなりましたが、夫婦墓(位牌墓)がたくさん並んでいるお墓の仕事をしました。お墓の作り方で「本式」と言われます。最近の(◯◯家先祖代々の墓+戒名板)は、これの「略式」の形です。

本式の場合には、それぞれの墓石にお花と線香をお供えしますが、そうすると沢山の数のお花も必要になります。例えば、墓石が5基建っていたら、お花は10束も持って行かなくてはなりません。花立の間に汚れもつきますので、お掃除も大変です。

そんな時は、このかたちをお勧めします。

IMG_5324.JPG

お墓の入り口左右に「線香立・ロウソク立・花立」を付けることです。これで全体のお墓にお供えする形となります。これなら花は1付ですみ、お掃除もやりやすく、お墓参りも苦になりません。

さて今回のお墓は、昔の古い墓石は台石の二段目を取り除いて設置しました。左に建つ新しい墓石は、台石を通常より小さくして墓石の高さを低く抑えました。仕上げてみて、とても上品なお墓となりました。また、空きスペースには「石んこ地蔵」を置きました。とてもやさしい「ホッとする」お墓に仕上がりました。
2017年9月22日 08:00

鳥居がやってきました!

山崎 倫子
本店 山崎です。

今、弊社工場には2基の鳥居が到着しています。

鳥居の工事をさせて頂く機会は結構あるのですが、こうやって2基が一度に、同じ時期にというのは滅多にありません。今回は8尺と9尺の鳥居です。長い柱が4本並んでいます。
0919鳥居.JPG

皆さんご存知の通り、鳥居とは神社などにおいて「門」の役割を果たし、神社の内と外とを分ける堺として建てられています。この鳥居の形状は大きく分けて2種類に分ける事ができます。それがこちら↓↓
鳥居種類.jpg
左が神明鳥居(しんめいとりい) 右が明神鳥居(みょうじんとりい)です。
この形状を基本としながら、数多くの鳥居の形が存在しています。

さて、弊社の鳥居に戻りますが、どちらも柱に「奉納」と彫刻をします。大きさや位置がなかなか難しいのですが、このような場合はやはり、弊社会長に登場してもらいます!建った時を想定して・・・長年の経験と石屋の目で大きさと位置を見てもらいました。この後、彫刻をして、工事日がやってくるのを待ちます。立派な鳥居が建つのが楽しみです。


2017年9月21日 08:00

石材の単位

福島正弘
福島正弘
滝野店の福島です。

普段私たちが物の大きさを計測するとき、長さの単位はcmやm、体積は㎥(立法メートル)などが使われています。しかし私ども石材店では、このような単位ではなく昔ながらの長さの単位で寸や尺を使います。さらに石の量(体積)を表す単位が「才(さい)」で数えるのが一般的です(「切(さい)」と表記される地域もありますが意味は同じです)。今回は石の体積の数え方「才」についてご紹介します。

大きい段ボールに入った荷物を受け取ったとき、箱に「才(さい)」と書かれているのを見られたことがありますでしょうか?

私たちは普段、物の体積を計るときには、「ccや「㎥」などを使うのが一般的です。しかし、昔は船の積み荷を量る際に、一辺が1尺として計算をする「尺貫法(しゃっかんほう)」が使われてきました。ちなみに1尺は約30.3cmですが、1辺が1尺で出来た立方体の体積は「1才」という単位で表されます。これの10倍=10才が「1石(こく)」となり、木材や石材のための体積の単位になります。

まとめると、石材の体積は次のような単位で計算されています。
・一辺・・・1尺
・縦1尺✕横1尺✕高さ1尺の立方体=1才(30.3cm✕30.3cm✕30.3cm=27818.127cm3=0.0278㎥)
・10才=1石(1才0・0278✕10=0.287㎥)

ちなみに運送業界では1才を約8kg~10kgと仮定されているようです。石の場合は種類にもよりますが約70~80kgといったところです。

こうして荷物の大きさからだいたいの容積を導き出し、トラックに積み込める質量が計算されているのです。
2017年9月20日 08:00
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~19時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方