岡崎ストーンフェア

2007年10月24日 08:28

アバター
森田石材店

5年ぶりに岡崎ストーンフェアーに行ってきました。
愛知県岡崎市は、私が修行時代を過ごした第二のふるさとです。
久しぶりに行くととても懐かしいですが、20年の時代の流れを感じます。
とにかく街の変わりようにビックリで、道もナビがないとちょっと???ぐらいです。

今回はストーンフェアー会場へ行く前に、お世話になった親方のお墓参りをしました。
やっぱりお墓の前に立つと、当時の想い出が頭一杯に浮かび(ほとんど叱られた事ですが)、
今こうして仕事が出来ていることに改めて感謝しました。
そして当時の兄弟弟子たちと近況報告をしながら、楽しい一日となりました。

さて、今年のストーンフェアーですが、やっぱり本場の手作りの作品が数多くありました。
結構気に入ったものが何点かあったのですが、さすがに値段も高く現在思案中です。
でも本物の古代奥之院灯籠は、ず~っと見ていても飽きないですね。(あ~ほしい!)

さて、以前「ラーメンにうるさい」友人に、
「おいしいラーメン屋さんて何処で見分けるの?」
て聞いたことがあります。その時、彼が言ったのは、
「何日食べられるかどうか」
良いもの(気に入ったもの)って、やっぱりそうなんでしょうね。

墓石を販売する創業92年の株式会社森田石材店のブログ(丹波市・篠山市・多可郡・西脇市・加東市・小野市・加西市・三田市・神戸市・南丹市・福知山市・猪名川町):

【カテゴリ】

職人が熱い

2007年10月22日 12:10

アバター
森田石材店

ある雑誌で平成建設という会社を見ました。
この会社、よくありがちな普通の大きめの工務店なのですが、大工さんが全員正社員。
しかもここ数年は大卒のエリートみたいな人も大工を志して入社しているらしい。

実はうちの会社も職人(10人います)は全員正社員です。
これって当社ぐらいの規模では、実は結構珍しいんです。
まあ大卒でもなければエリートでもありませんが、仕事は好きなやつばかり。
平均年齢29才ながら、みんな石を叩く時には、時間を忘れて没頭しています。

しかし、最近は石を叩く機会がめっきり減りました。
”切って磨く”ものばかりで”叩いて仕上げる”ものが本当になくなったからです。
お墓も磨いたものばかり。
やはりこうなってしまったのは、私たち石材店の責任だと思っています。

磨いたものはキレイですが、年月が建てば汚れます。
叩いたものは地味ですが、年月が建てば味が出てきます。
最近それを切に感じています。

「丹波市・篠山市・多可郡・西脇市・加東市・小野市・加西市・三田市・神戸市・南丹市・福知山市・猪名川町で墓石を販売する創業92年の株式会社森田石材店」

【カテゴリ】

散骨について

2007年10月20日 08:42

アバター
森田石材店

散骨についてちょっと考えて見ました。
といっても自分も自分の周辺にも散骨したいという人を見たことがなかったので、
正直、ちょっと遠い話題だと思っていました。

ところが先日、お客様とお墓についてお話をしていたところ、
「父は散骨してほしいと言ってました。」とおっしゃるではありませんか。
話を聞いてみると、元海軍兵学校で筋金入りの海の男。
でも残された家族は、「やっぱりお参りできるお墓がほしい」との事でした。

散骨が合法か否かについてはこの場では深入りしませんが、
こういったケースは最近テレビなどでも時々耳にします。
そもそも日本で散骨が世間の注目を集めたのは、石原裕次郎さんぐらいからだと思います。
その後、勝新太郎さん、横山やすしさん、ミュージシャンのHIDEさんなどが散骨されていますが、
みなさんいづれもお墓がないわけではなく、遺骨の一部を散骨されているようです。

テレビの番組などで紹介される例は、
「お墓はいらないから海に流す」「誰もあとの面倒を見てくれないから・・・」
という方が散骨しているというような印象を受けますが、実際には少し違うようです。

葬送の形は多様化しているようにも見えますが、この仕事をさせていただいて感じることは、
日本人の内面の感覚はあまり変わっていないということです。
テレビではチョット極端に表現されるのかもしれませんね。

「丹波市・篠山市・多可郡・西脇市・加東市・小野市・加西市・三田市・神戸市・南丹市・福知山市・猪名川町で墓石を販売する創業92年の株式会社森田石材店」

みんなモデル!?

2007年10月19日 10:00

アバター
森田石材店

今日は朝から広告用の写真撮影をしました。
いつもとはチョット志向を変えて「商品」ではなく「人」にクローズアップした写真撮影です。

ということで、まずは施工の職人から撮影。
カメラマンにポーズを指示されると素直に従っています。
普段は口数も少なく割と無愛想な職人たちも、照れくさそうにニッコリと写っています。

こんな感じで、社内の至るところ、あらゆる人の撮影は終了。
みんな撮影前は照れるのですが、写真にすると案外いいのがあります。

この写真は近々ホームページやチラシに使います。
また見てやって下さいね。

「丹波市・篠山市・多可郡・西脇市・加東市・小野市・加西市・三田市・神戸市・南丹市・福知山市・猪名川町で墓石を販売する創業92年の株式会社森田石材店」

【カテゴリ】

お墓の展示場

見学会 320日(金)~29日(日)

山南本店
山南本店久下小学校近く
滝野店
滝野店JR加古川線滝駅すぐ前
たんば篠山店
たんば篠山店丹南篠山IC近く