HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

春のお彼岸の仕事はお早めに!①

森田 浩介
仕入れ担当の森田です。
今日はとても仕入担当者らしいお話です。

10月も下旬にさしかかりますと、私の仕事は年末モードになります。それは、中国で加工した商品が入ってくるタイミングが年末に近くなってくるからです。


お彼岸まで何ヶ月もあるのに
きっとこの様に思われた方は多いのではないでしょうか?確かにまだ何ヶ月もありますので、さほど急ぐ必要はないように思います。もちろん、すべて国内で加工する場合は全く問題はありませんが、中国で加工するとなるとなかなかそうは行かないのです。その理由は中国の春節と日本の春のお彼岸にあります。


中国の春節
来年2019年の春節は2月5日だそうです。この日がいわゆる元旦です。日本でも同じですが、大晦日まで仕事はしませんよね。つまり、その前の週でほとんどの工場が仕事じまいをします。

中国人にとって春節は最大のイベントです。すご~いお祭り騒ぎです。まさに待ちに待ったお正月です。そしてその休みは1週間以上はあります。また田舎ほど長く休みを取りますので、実際には1ヶ月近く工場が止まってしまう場合もあります。


日本の春のお彼岸
お彼岸までにお墓をキレイにしたいとおっしゃる方は、昔に比べて減りましたが、それでもそれなりにおられます。日本人にとってはお彼岸はひとつの節目になっています。特に春の彼岸は、寒い時期から暖かくなるタイミングですので、多くの工事が集中することになります。
この春節のタイミングが、お彼岸前の工事のタイミングに重なってしまうため、石屋さんの業界ではアタマが痛い問題になっているのです。


ギリギリは怖い!
ではどんなリスクがあるのでしょうか?

1.期日に間に合わない可能性がある
2.仕事が悪い商品が入ってくる可能性が高くなる

そして一番怖いのが...
不合格品がごまかされて入ってきてしまうことです。

これはどんなに注意をしてもゼロにすることが出来ないのが悲しいところです。ですから、余裕のある時に良い加工をしてもらい、しっかりと検品をして、いいものを納めてもらうことが最優先となります。そのための余裕になります。

次回へ続く
2018年10月27日 08:00

お墓の地鎮祭

中道 祥貴
中道 祥貴
本店の中道です。

「地鎮祭(じちんさい)」とは、家や建物を新たに建てる際に、工事の安全や家の繁栄を祈るために行われる儀式のことです。 その時、お供え物をして、神主さんにお祓いをして頂きます。

実際 お墓を建てる際に、地鎮祭やお祓いをするのは少ないと思います。 ただ、地域によってはお墓を建てる際に、きちんと地鎮祭を行うところもあります。

今回神主さんをお呼びする事はなかったのですが、お施主様のご希望で、ご自分たちで行うとの事でしたので、地鎮祭のお手伝いをさせて頂きました。

初めに祝詞をあげられ、次にお酒(お神酒)、お塩を土地(墓地)の神にお供えします。お供えはすべて右まわりで、お酒、お塩の順序で行われました。最後に鍬(クワ)入れをして、終了しました。


・祝詞をあげられている様子
20181024地鎮祭1.jpg

・お酒、お塩を土地の四隅に
20181024地鎮祭2.jpg

・鍬入れの様子
20181024地鎮祭3.jpg

※地鎮祭は、地域の慣習、神式・仏式、順序・内容など異なる場合があります。
2018年10月26日 08:00

1mmの狂いもないように

義積 由香里
義積 由香里
みなさん、こんにちは。
本店の義積です。

今朝、卓球の福原愛さんの引退会見を報道番組で見ました。「泣き虫愛ちゃん」の愛称で呼ばれていた小さな女の子が日本の卓球界を牽引し、数年後には素敵な女性になられました。愛ちゃん、長い間お疲れ様でした。

今朝、会社につくと記者会見のような状態になっていました。これはカメラではなく「レベル」という機械で、この機械を使用し、目標物が水平であるか測れるものなのです。工事現場や道端で見かけるアレです。

20181025レベル1.JPG

当社では、墓地の周りに使用する延べ石や間知(けんち)を据付けする時に使用します。今朝はレベルに狂いがでないように調整していました。ちょっと覗かせてもらいました。

「おお~すごい先のものが拡大して見れる!!」望遠鏡を見ている感じです。

望遠鏡と違うのは覗いているレンズに十字の線が入っています。これで水平か見るのですね。

20181025レベル5.JPG

レベルの先では、数メートル先には、柱に印を付ける者がいました。詳しい調整の仕方は良く分かりせんが、この調整でmm単位の調整ができるそうです。

20181025レベル3.JPG

20181025レベル4.JPG

技術部のみんな真剣な中、邪魔して質問してしまいました。

墓石工事は工事をする技術はもちろん大切ですが、道具を大切に、道具が正しく使用できるかのメンテナンスも大切ですね。この一つ一つがお客様の満足に繋がるはずです。(^-^)
2018年10月25日 08:00

長ーい歴史

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。

この仕事に携わって約15年、この度初めての製品を納めさせて頂きました。

霊標1.JPG

2m50cmの霊標です。
初代様~15代様まで約450年弱。始まりは桃山時代です。
そしてもちろんこの後も代々続きます。

しかし、もっと驚くことは...こちら

霊標2.jpg

工事前の状態なのですが、なんと15代全ての墓石は夫婦で揃っており、なおかつ個人で亡くなられた方のお墓までしっかりと管理されておられたのです。

ご自宅にはお位牌や過去帳はもちろん、先代様はご自分で先祖様をまとめた一冊まで作られていました。のちのち、家の歴史を知っていかれる方にとってはこれ以上ない物ですし、素晴らしい供養ですね。

僕のお客様では、現段階で一番長い歴史のお仕事でしたが、スムーズに先祖様の整理をさせて頂けました。
2018年10月24日 08:00

山の上の狭いスペースでの建立

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

今回は隣接した狭いスペースの中で、お墓を建てるお話です。
20181023_boseki09.JPG
今回の場所は、見ての通り、山の上です。
20181023_boseki10.JPG
お墓へ行くにはこの狭くて舗装されていない道を使うしかありません。
通常は、キャタピラーやカートクレーンという運搬機(台車のようなもの)を使用するのですが、急勾配の坂を何度も重い墓石を運搬することは、転倒の危機も伴いますし通路を痛めことにつながります。
20181023_boseki02.JPG
20181023_boseki01.JPG
そこで今回はラフターを使いいっきに墓石の前まで運びました。
これで、材料が整いました。
20181023_boseki03.JPG
建てる場所は、この赤線の枠内。墓石が一つ入るだけの幅。
まず、この既存の夫婦墓の水鉢+花立(黄色い部分)の小物を省き、下がれるところまで後ろに下がり、広さを確保することから作業をはじめます。

<お客様のご要望>
・既存墓は先代が建てものだから残して欲しい。
・代々墓と霊標を建て出来るだけ拝む場所を広く取りたい。

20181023_boseki07.JPG
既存碑を、後ろのブロックにあたるまで下げて、据え直しました。

20181023_boseki08.JPG
そして、前に8寸角(一枚板付)の墓石と省スペース型の霊標を据付完了。

20181023_boseki11.JPG
上からの写真はこちら。一列にきれいに並びました。


今回、少しでもスペースを広く確保する為にした事は
 ①右隣の方と話しをし少し霊標を移動してもらう。
 ②霊標を通常より幅の狭い省スペース型にする。
 ③既存墓を出来るだけ後ろに配置する。
 ④既存墓の花立を撤去し、場所を取らない地挿しの花立パイプにする


お客様よりバランスよく配置されてスッキリしたと喜んで頂きました。
2018年10月23日 08:00
前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方