【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

大型クレーンを使って建立

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

今回は一周忌の法要に合わせて墓石建立をしたご紹介です。

20191218_工事02.JPG
場所は・・・この上です。

20191218_工事01.JPG
上から見ると、とても景色がよいところです。が、、、機材が・・・。

20191218_工事03.jpg
ということで、またまた登場しました。クレーン車です。
クレーン車を使い、一気に墓石を墓地の近くまで運びます。

20191218_工事04.JPG
建立場所は、急勾配且つ敷地面積が狭い。という問題があります。

今回のご要望は、
 ・通路からでなくちゃんとお墓の前で拝みたい。
 ・既存のお墓を残して、そこにも行きやすいようにして欲しい。
 ・来るだけで、手入れのしやすいように欲しい。

20191218_工事06.JPG
工事の開始です。段々に区切りをつけ、掘り起こします。

20191218_工事05.JPG
ランマーで踏み固め、転圧します。

20191218_工事07.JPG
基礎ベースです。

20191218_工事08.JPG
延石と延石との組合せ部分は、ステンレスの金具を取り付けます。

20191218_工事09.JPG
上り下りがしやすいように階段式としました。
最後は、花立と水鉢台、後ろに塔婆立が建つと完成です。

20191218_完成02.JPG
これで完成。

20191218_完成03.JPG
後ろから見るとこんな感じ。古碑にも花立を新設しました。

お客様からは、これでお墓の前に立ってちゃんと拝める。
また、滑りそうで急斜面を登るのが怖かったけど、新しく出来た階段のおかげで、古いお墓にもお供えもできる。
周囲の墓は、ほとんど傾いてる墓ばかりで、その中で今回の新しいお墓は、しっかりとした土台の上に建っているので傾く心配もない。
これで安心した。と喜んで頂きました。
2019年12月18日 08:00

2種類のファイバーレジン

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

先日の彫刻のお客様のお墓が完成し、無事開眼納骨式も終わりました。

18平米もある敷地で、「拝み場の区画」と「お墓の区画」とに分けて建立させていただきました。

かなり広いお墓地ですので以前からお墓掃除には困られていて、新規墓石建立時には防草対策は必須条件でした。周囲はコンクリートを打設して、区画内はファイバーレジン施工をご採用いただきました。

せっかくの広いお墓ですから、2種類の骨材のファイバーレジンで施工いたしました。拝み場の区画は巻石に合う骨材を選択し、お墓の区画は墓石に合うような骨材にて施工しております。

開眼式に立会いに来られておりました兄弟様ご夫婦も、自然石タイプの墓石と防草施工のお墓をご覧になって喜んでおられました。

ファイバーレジン全体.JPG 上の段のファイバーレジン.JPG 下の段のファイバーレジン.JPG

2019年12月17日 08:30

収納力抜群のモダン仏壇

井上
こんにちは(^-^*)/
篠山店スタッフです☆彡

今回は、小さいながらも収納力抜群の仏壇のご紹介です。
20191216_モダン仏壇01.JPG
タモ×ウォールナット素材、高さ約120cmの小さなモダン仏壇。
今年は、この仏壇が2台でました。同じものが続けて出ることは少ないのですが、理由としては、小さいのに収納抜群既存位牌や仏像も置ける祀り棚の高さです。
20191216_モダン仏壇02.JPG
下の収納は、取り外しが可能な棚が付いていて、棚を外すと奥行33cm×高46cmもありたっぷり収納が可能です。
20191216_モダン仏壇04.JPG
上には引出しが付いてて、お線香やロウソクを入れるのにちょうどよいスペースです。
20191216_モダン仏壇05.JPG
さらに上の板を引くと、お供えの棚になります。
20191216_モダン仏壇06.JPG
49日が過ぎ、納骨するまでに置く場所が欲しい。という声も聞きます。
49日までの祭壇より小さめの祭壇を作って安置するか、このように下の収納棚に安置することも出来ます。

大きさや価格など、ご要望をお聞かせください。
2019年12月16日 08:00

草の生えない墓地(ファイバーレジンその⑱)

髙橋 圭司
髙橋 圭司
本店の高橋です。

いつもの通り草の生えないシリーズです。

既存の囲い石はあって新規に墓石を建てるお手伝いです。
少し前に仏さまが出られて、仮の埋葬をしています。

20121215-1.JPG

白く細長い石の下にプラスチックケースで保護されたお骨が納まっています。
仮の埋葬ですのでお骨はまだ壺のままの状態です。

金川晃家転圧.JPG

石製の納骨室を据え付けてから、全体を転圧します。

金川晃家一枚板.JPG

真ん中の大きな板石は当社自慢のオリジナル墓石「匠型」自慢の一枚板です。
墓石全体を一個物の板石に乗せることで格段に安定します。
真ん中の穴は勿論納骨穴ですね。

20151219-3 (2).JPG

墓石や付属品も設置した後は、縁をテープで養生します。
ここにバラスで下地を作りファイバーレジンを敷いていきます。

金川晃家完成右前.JPG

金川晃家完成左前.JPG

今回の骨材は淡路砂利と言って細かい砂のようで自然な感じです。

20151219-3 (1).JPG

完成です。
今回も良いお手伝いが出来ました。
2019年12月15日 08:00

墓じまい 約9割が改葬?

森田 浩介
森田 浩介
仕入担当の森田です。

先日の日本石材工業新聞にこんな記事が載っていました。

「墓じまい 約9割が改葬」

20191115_日本石材工業新聞.jpg

このアンケートは全国石製品協同組合さんがされたものです。
記事によりますと、

【墓じまいをした理由】

1.継承者がいない...48.6%
2.お墓が遠い...29.4%
3.お墓の維持費が高い...11.9%
4.継承者はいるが子供に迷惑をかけたくない...10.1%

だそうです。

3の維持費とはお寺さんの費用のことなのでしょうか?
4については残念な話です。でもどんな迷惑なのでしょう?ひょっとしたら、2のお墓が遠いやお寺さんとのおつきあいを想定されているのかもしれません。いずれにしても、私たちの親の世代が私たちの世代に「大人としての頼もしさ」を感じていないのかもしれませんね。


さて、気になるのは墓じまいをした後の行き先です。アンケートによりますと、

【墓じまい後の遺骨の行き先】

1.永代供養墓...27.5%
2.新しいお墓を建てた...26.6%
3.既にある別のお墓へ移動...14.7%
4.納骨堂...14.7%
5.海洋散骨...10.1%
6.樹木葬...4.6%
7.自宅、実家に安置...1.8%

海洋散骨と自宅に安置以外は何らかのお墓に納骨されているようです。この内、海洋散骨される方の中にも、一部を散骨して何らかのお墓に入れられている方はおられるのでしょう。

この結果を見ると、当然ですが「墓じまい」といいながら形を変えて「別のお墓」になっているようです。

テレビ等でよく伝えられる「墓じまい」では、お墓はキレイになくしてしまって、お骨は散骨してスッキリしましたというイメージですが、実際には近くでお祀りしたい、便利なところに移したいという要望が90%ということなのでしょう。
2019年12月14日 08:00
前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11