HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

お花見気分でチ~ン♪

滝野店事務スタッフ
こんにちは!
滝野店スタッフです(^^)

一雨ごとに春の気配を感じますね。



お店にも春を感じる仏具が仲間入りしました♪






花びらが舞って優しい雰囲気

お鈴



音色を聞くたびお花見してるかな~(*^-^*)


2019年3月 7日 08:00

お社を4基建てました。

中道 祥貴
中道 祥貴
本店の中道です。

お社を4基建てました。

↓施工前
20190306お社1.JPG

↓基礎のコンクリートを打つ所の掘り方と、
  ランマーという転圧機で地面をよく締めます。
20190306お社2.jpg

↓型枠を組み、鉄筋を敷きます。
20190306お社3.JPG

20190306お社4.JPG

↓基礎ベースの完成です。
20190306お社5.JPG

↓土台の一枚板を据え付けます。
20190306お社6.JPG

↓表面を石垣風に加工した舞台を組んでいきます。
20190306お社7.JPG

↓完成です。
20190306お社8.JPG
2019年3月 6日 08:00

真っ白な中での開眼式

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。

先日、建立頂いたお宅の開眼式に立会い致しました。その日は平野部でも5cm以上は雪が積もっている日でした。北へ車を走らせていく毎に白い部分は増えていきます。

白い開眼1.jpeg

見事な光景でした。

白い開眼2.jpeg

さらしを巻いた竿石の上、そして後ろに見える灯籠の笠の上。20cm以上はあったでしょうか。ご家族の方にも出て来られて、一斉に雪かきをしまして無事開眼式は行なわれました。

しかしながら、ご家族様や私共にとっても思い出に残る開眼式となりました。

白い開眼3.jpeg

2019年3月 5日 08:00

100回忌を機に -Part 1-

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

今回のご紹介は100回忌のご法事を機にお墓を新しくしたお話です。
20190304_作業①.JPG
お墓をするにあたり、お客様が一番気になさっていたところは、何トンもある石が乗るところだから基礎はしっかりて欲しいとでした。
その他のご要望は
①お墓はどーんとしっかりしたのがいい
②夏になると草刈りが大変なので、防草対策をして
③お墓の前までスート行けるようにして欲しい

工事の様子を紹介します。
20190304_作業②.JPG
カートクレーンを使って墓石を解体します。
20190304_作業③.JPG
墓地全体をユンボで掘り起こします。
20190304_作業④.JPG
残土を袋に詰め運びます。
20190304_作業⑤.JPG
残土でダンプがいっぱいに。
20190304_作業⑤-2.JPG
割栗石を敷きます。
20190304_作業⑥.JPG
割栗石の上に砕石を敷きランマーで転圧します。
繰り返しの圧縮や振動によって地場は締め固められます。
20190304_作業⑧.JPG
ミキサーで運搬されたコンクリートを一輪車で運びます。
20190304_作業⑨.JPG
コンクリートを流し込みます
20190304_作業⑩.JPG
ベース工事の完了です。


次回は墓石が建つまでの様子をご紹介します。
2019年3月 4日 08:00

お墓の化粧直し

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

今回は、お墓の家紋などの色の補修をご紹介いたします。

お墓を建ててから年数が経ってきますと、家紋であったり霊標の表題・ご戒名など色をいれてある部分は色が剥げてきます。色を入れ直すと随分と見た目の印象が違ってきます。色入れ前の家紋です。

色入れ前.JPG 

ブラシなどで、出来るだけ残っている塗料を剥がします。

ブラシ剥離後.JPG

次に、筆にて色を入れていきます。(スプレーで色を入れる時もあります。)

色入れ.JPG

塗り上げ後.JPG

家紋より塗料がはみ出しておりますが、このままで乾くのを待ちます。

カッター刃.JPG

写真のようにカッターナイフの刃で、はみ出た塗料を削いでいきます。(刃には十分注意が必要!!)

色入れ完了.JPG

以上で、色入れが完了です。

2019年3月 3日 09:00
前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方