HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

隠れた銘石「犬島石(いぬじまいし)」②

森田 浩介
森田 浩介
仕入担当の森田です。

前回の『隠れた銘石「犬島石(いぬじまいし)」①』に引き続き「犬島石(いぬじまいし)」のご紹介をします。

前回はその大きさの魅力にクローズアップしました。今回はこの石がなぜ注目されているのかについてお話したいと思います。

犬島石には「白」と「錆」の2系統があります。

inujimashiro.jpg
こちらは白系の石↑↑↑↑↑

白系の石はやや茶色の粒子がまじり、やや温かみを感じます。現在、墓石に使われる石の主流は青味がある色の濃いものが多いですから、時々これぐらいの色合いの石を見るとホッとします。

inujimasabi.jpg
こちらは錆系の石↑↑↑↑↑

錆系の石はしっかりと錆色が入っています。写真は錆系の石のビシャン仕上げ(ビシャンという道具で叩いて仕上げたもの)です。磨いた時とは全く違う柔らかさがあります。

さて、この石が注目されているのは、この味わい深い雰囲気です。磨いた石塔では単に白っぽい印象なのですが、こういう叩いた仕上げにするとこの石の魅力がグッと引き出されるのです。それを具現化されているのがこの石塔です。

inujimagorintou.jpg

これは香川県の翼石材さんが作られている五輪塔です。いつも素晴らしい作品をこだわって作られています。この犬島石もとても良いです。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

以上、2度にわたり犬島石をご紹介しました。まだまだ瀬戸内海には魅力的な石がたくさんあります。『みんなと同じものはやりたくない』なんてお考えの方は、ぜひ選択肢のひとつに加えてみてください。
2018年2月 6日 08:00

いま生命あるは有り難し

上山 典之
上山 典之
こんにちは、篠山店の上山です。

ある禅宗のお寺様に伺った時に「上山さん、カップ麺は食べてか?嫌いじゃなかったら...」お話を伺い、頂いたのは曹洞宗大本山總持寺が監修した「我逢麺(がほうめん)と言う名前のお蕎麦でした。  

総持寺.jpg
 曹洞宗大本山総持寺(大祖堂)

器の側面には『我、人と逢うなり。人と人との出逢い、心と心の出逢い、出逢いこそ命です。
人と麺との出逢いも同じこと、出逢いの尊さを表した三文字が我逢麺です。
この心を大切に味わいながらお召し上がりください』とありました。

1我逢麺1.jpg

曹洞宗の開祖、道元禅師が基礎を築いたと言われる精進料理。坐禅や作務(掃除)と同じように、料理を作ることも食べることも仏道修行のひとつとされており、今もなお修行僧が料理を作ります。「動物性食品」一切不使用でありながら、山と海の恵みを活かし作られたカップ麺でした。

カップ麺大好きの私としては早速、いただいてみました。

3我逢麺3.jpg
5我逢麺5.JPG

昆布醤油をベースに玉葱・椎茸からとったコクのある出汁に、具材として大豆、青梗菜、きくらげ、わらび、ぜんまい、油揚げが入っていて確かに肉っけはゼロです。カップ麺特有の油っぽさが無く少し物足りなくもありましたが、とても美味しくいただきました。

さらに蓋の裏側には全国の曹洞宗僧侶が「我逢麺」のために綴った法話が書かれており出来上がるまでの少しの時間を使い読んでおりました。「禅」の心。 こころに響きました。

       <いま生命あるは有り難し>
1法話1.JPG

       <シイタケの修行>
2法話2.JPG


説法の上手下手
お坊さんのお説法を上手下手という方がいらっしゃいます。説法に上手下手はありません。釈尊の教えに忠実であることと、説法する者の「まごころ」があれば良いのでは。
お経でも同じです。上手下手はありません。棒読みでも構いません。そのお経の「こころ」を読むことが大事なのです。
         『良寛さまに学ぶ』鴻盟社)より

二つ目の法話の<シイタケの修行>を読んで、私もまだまだ修行が足りない、シイタケの修行を思い自らを調える生き方の一歩をいま踏み出していこうと思います。
2018年2月 5日 08:00

シンプルな洋墓を入荷しました!!

義積 由香里
義積 由香里
こんにちは、本店の義積です。毎日寒いですね。1月31日は皆既月食でした。皆さんはご覧になられましたか?普段より赤み帯びた月は幻想的でとても素敵でした。しかし肝心の皆既月食の時間は曇っていて見ることができませんでした。残念です。このような天体に話題になると、改めて私達は地球に住んでいることを実感します。お墓といえば石ですが、この石は地球から採れるものですので地球からの贈り物ですね。

さて、本日本店展示場には洋墓が入ってきました。朝から展示場では展示する作業が行われていました。

20180204-18.jpg

天井に見える黄色のものは、天井クレーンというものでいつも展示場の端においやられています。展示品を移動したり、展示したりする時に力を発揮します。重い石をこの天井クレーンを使用し慎重に施工していきます。

20180204-16.jpg

20180204-13.jpg

展示品といえども妥協は許しません。しっかりと測りながら作業を進めます。

20180204-19.jpg

20180204-11.jpg

作業時間はおよそ1時間と少し。やっと完成です!シンプルな可愛い洋墓ですね~。こちらの商品は本店に展示してあります。施工してくれた技術部の長谷川さん、難波さん、お疲れ様でした。(^○^)

2018年2月 4日 08:00

石張り工事

森田 茂樹
森田 茂樹
この度、守衛室の石張り工事をしました。

材料は、割肌の御影石を外壁面に貼りました。外壁に割肌の石を貼るととても重厚感のある建物になります。IMG_5788.JPG

見た目は、石積みのようですが、板石(厚み4㎝)なので、安価で仕上がります。

家の玄関回りなどは是非使ってください。
2018年2月 3日 08:00

干支の置物入荷しました。

山崎 倫子
本店の山崎です。

以前に、干支の置物を入荷する予定だという事を書きましたが、入荷しました!
大変遅くなりましたが、一部ご紹介します。

干支置物.JPG
↑本店へやって来たワン子たちです(^-^)

リストには、何十という犬の置物の写真が載っていますので、その中から厳選するのは大変でした。でも、到着して、封を開ける時のワクワク感!愛嬌のある顔を見てひと安心です。

私のお気に入りは、一番右の子です。黒目が大きくて、とても愛らしい顔をしています。ぜひ、実際に見て頂きたいです。戌年の方にも、また犬好きの方にもお勧めしたい置物です。
2018年2月 2日 08:00
前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~19時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方