『石工のひとりごと』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

森田の基礎工事

中道 祥貴
中道 祥貴
本店の中道です。

お墓の外柵(区画)の工事には、一般的には基礎の工事が必要です。不必要な場合や、新たに基礎工事をしない場合もありますが、ほとんどの場合には、鉄筋入りの基礎ベース(コンクリート)をします。

基礎工事には大きく分けると 杭打ち基礎と直接基礎の2種類のに分けられます。杭打ち基礎は名前のごとく、地盤に杭を打ち、その上に基礎のコンクリートをします。直接基礎には 独立基礎・布基礎・ベタ基礎 といった、3種類の施工方法があります。

今回は 森田のベタ基礎がどの様に行われているのか ご案内したいと思います。


まずは 施工前、これから工事が始まります。
4.17基礎 1.JPG


ユンボを使ったり、手作業で掘り方をします。
4.17基礎 2.jpg

根掘りの完成です。
4.17基礎 3.JPG

次に、ランマー(転圧機)を使って 丁寧に地盤を締め固めます。
4.17基礎 4.JPG

充分に締め固まった地盤に、三分鉄筋を敷き詰めます。
4.17基礎 6.JPG

コンクリートを流し込みます。
※中央部分は 納骨堂の位置なので、土の状態を残します。
4.17基礎 7.JPG

ベタ基礎の基礎工事の完成です。
4.17基礎 8.JPG

2018年4月17日 08:00

表面文字はお墓の顔です。

上山 典之
上山 典之
こんにちは、篠山店の上山です。

弊社では、表面文字は基本的には義積書体を使うことが数多いです。

義積書体と言うのは、亡くなられて数十年になる丹波市の書家の先生で、書かれた文字を彫刻出来る文字に微修正しオリジナル書体として使っております。

  <義積書体>
義積4.JPG義積2.JPG

他には、揮毫(きごう)の文字で岡田書体も使っておりました、この先生も一昨年にお亡くなりになり、もう書いていただく事も出来なくなりました。

  <岡田書体>
岡田1.JPG岡田2.JPG
岡田3.JPG

先生は亡くなられても書はお墓として末代まで残る、どちらの書体もお墓の顔として良い文字で自信を持って勧められます、元工場長の私としては、彫刻文字の彫りの深さにも気を配り満足して頂けるお墓になる事と思います。
2018年3月 8日 08:00

日本の石建築~迎賓館赤坂璃宮~

森田 浩介
仕入担当の森田です。

先日、機会があって「迎賓館赤坂離宮」へ見学に行ってまいりました。迎賓館は国賓の接遇に使用されるもので、私たちもテレビなどでよく目にしています。私もそうとはあまり気づかず、中の説明や写真を見ながら「あ~、この風景ってここだったんだー」というものばかりでした。

迎賓館の歴史
かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった場所の一部に、明治42年に東宮御所として建設されたものだそうです。一部といっても東京ドームの2.5倍の広さです。その後、昭和49年に現在の迎賓館に改修されています。そして平成21年にさらに大規模改修されています。外壁は茨城県産の花崗岩と記されています。おそらくですが、真壁小目と中目だったと推察します。


まずはセキュリティーチェック
一般公開されている日は10:00から開館されます。9:45に正門前に集合し、それから西門へ列をなして移動します。ここで飛行機と同じようにセキュリティーチェックが有ります。まずカバンの中身を確認されます。そして金属探知機を通ります。ペットボトルを持っていると「その場で飲んでください」と言われます。当然ですがなかなかの念の入れようです。


ほんの一部を見て
チェックも終わり入場券を買って中へ入ります。入口付近でもうすでに圧倒的な石の量に感動します。例えば、階段の親柱や手摺の作りもひとつひとつが凝っています。外壁のデザインも素晴らしくこれをやった職人さんにも頭が下がります。当時の日本人のパワーって凄かったのですね。
IMG_9029.jpg

中は撮影禁止
残念ながら室内はすべて撮影禁止のため写真でご紹介することはできません。通路には赤い絨毯が敷かれており、歩いている感覚もそれなりに分厚いものの上を歩いている感じです。置いてある調度品すべてが異次元のものです。

花鳥の間では見事な七宝焼きの絵が30枚が圧巻です。天井絵も素晴らしいです。ここは大食堂として使用されます。公式の晩餐会ですね。奥に隠し扉があり、そこから料理が出てくるようになっているそうです。料理は地下からエレベーターで上がってくるようです。

中では写真が飾ってあり説明があります。その写真は昔のものもありますが、多くは最近のもの。それも先月の写真も結構ありました。こうして見ると総理大臣とか天皇陛下とかかなりハードスケジュールなんだなという印象です。私たちはテレビぐらいでしか見ませんが、海外から国王などを迎えることってかなり頻繁ですね。


室内にも多くの石が
これだけの建築物ですから、室内にも多くの石が使用されています。柱、腰壁、手摺、欄干、テーブルの天板やエアコンのボックスに至るまで、随所にポイントを外すこと無く使われていました。使用されている石は大理石も多く、色を中心に選ばれているのだなあと感じました。大理石は亀裂が入っているもろいものが多く、裏張りをして使用されているのでしょう。でも味があっていいです。


再び外に出て石を堪能
外壁は統一性のあるデザインで、近くで見てもいい仕事をしています。R部分のキレイに揃っています。コーナーでの石の使い方も大きく使ってあり、長年使っても狂いの無いように設計されています。このほんの一部分のパーツを作るのもかなりの神経が注がれています。

IMG_9022.jpg

ちなみに雨樋は銅製でピカピカです。本当に細部までいい仕事が徹底しています。
IMG_9024.jpg

また裏口の軒のレリーフも一見の価値があります。表ではありません、裏口なのにこのクオリティーです。
IMG_9028.jpg

正面玄関にまわる
ピンコロが敷き詰められた前庭から入ります。ん~、この中をセンチュリーに乗って入ってくるのですね。
IMG_9032.jpg

正面玄関でも様々なレリーフ彫刻があります。それも随所に余すところ無くあります。
IMG_9035.jpg

そして柱の作りもこんな感じで凝っています。
IMG_9037.jpg

そして玄関の扉がコレです。
IMG_9036.jpg


正門も国宝
迎賓館では、本館と噴水の他にこの正門も国宝に指定されています。フランス製の巨大な門はベルサイユ宮殿のようです(行ったことないけど)。
IMG_9042.jpg

ここを通って正面の建物が見える風景はまさに別世界です。日本にもこんなところがあるんだなと思うばかりです。
IMG_9043.jpg
2017年12月19日 08:00

お墓を建てるときのポイント~あせらないで~

中村 淳
中村 淳
滝野店の中村です。

先日、私がご契約頂いたお客様の開眼式をさせて頂きました。
やはり自分のお客様の開眼式は、ご供養のお手伝いが出来た事の喜びで格別です。
また参列された方々の「よい墓が出来たなあ」というお言葉は、自分のことのように嬉しかったです。

私事で恐縮ですが、父が6年前に他界し墓石を建立しました。
残念ながら、その時は森田石材店を知らずに他の石屋さんでつくりました。
今から思えば「とにかく早くお墓を建てなければ」という思いが強すぎ、少々焦り過ぎたと思っています。

弊社に入社して、弊社の施工したお墓を見れば見るほど「ああすれば良かった、こうすれば良かった」と後悔しております。
それと同時にもう少し業者の方にはアドバイスして欲しかったなとも思いました。

例えば墓石の形について。
ひとくちに和風の墓石と言っても、兵庫県に多い神戸型、大阪に多い大阪型、京都に多い京都型など様々です。
我が家は新宅で、父の実家も他府県にあるので形はあまり関係ないと言えば関係ないのですが、そのような説明は一切ありませんでした。

その他、線香立てや水鉢などの細部においても特に話はなく、石の種類についても説明がありませんでした。
私の勉強不足と言えばそれまでですが、大半の方は当時の私のように墓石に特別な知識もなく、説明がなければ恐らく一生知らないままだと思います。

また建てた後のアフターフォローも無く、「建てたら終わり」といった感じが拭えません。

弊社では「建ててからが本当のおつきあい」です。お墓の保証は10年。保証期間内であれば、ご希望により無料点検も実施しております。
その他お墓を建ててからもずっとお客様のお役に立てるように、ご縁のあったお客様には機関紙「石の上にも三年」をお送りしております。

お墓は本当に一軒一軒違います。そのお家の歴史や想いがよくわかります。判で押したような対応でなく、それぞれのお客様の想いに寄り添ったご提案が出来ればと、自らの体験、また先輩方の仕事を見て痛切に思う今日この頃です。
2017年7月30日 08:00

聖の社会学

森田 浩介
仕入れ担当の森田です。

今日は最近読んだ本の中で、「聖の社会学」という本をご紹介します。
著者は勝桂子さんという方。
仏教に精通されており、行政書士として様々なご相談を受けておられます。
聖の社会学.jpg

内容はしっかりと取材されており、今の現状を鋭く分析されています。
きっと今のお寺さんとの関係や仏教ってどうなのとお考えの方には、参考になると思います。

例えば、この中のエピソード。一般市民対象の講演で、
「ご自身の葬儀はどのようにしたいですか?」と尋ねると、
「簡単でいい」「直葬でいい」「かけるお金は最低額でいい」
という意見がほとんどだそうです。

同じ人に「親の葬儀はどうしたいですか?」と尋ねると。
「きちんとしたい」「やれる限りのことをしたい」が大半を占めます。

これは人に頼りづらい世の中になっているということだそうです。自分の家族にも負担を掛けたくない。でも自分は「今までもそうしてきたし、自分が行きている間はそうする」という方が多いようです。後を継ぐ私たち世代から見れば、「死ぬ時ぐらいはお金の心配なく死んで欲しい」と心から思います。


もう一つのエピソードは、母一人子一人で育った娘さんが、お母さんが亡くなり墓じまいをする話がありました。
親戚には、「お寺にはそれなりのことをしないと恥ずかしい」といわれ、葬儀の時も言われるがままにお布施を工面したが、若い彼女にはそれ以上の用立ては難しく、今後のことを考えると、お寺さんのつきあいもお墓の維持も無理だと思っていた。

しかし実際には、お寺さんにすべての事情をお話しするとその状況を理解してくださる場面が多い。この娘さんも救われたという。


著者の勝さんは、こういったお寺さんのことを「聖(ひじり)」としてご紹介されています。こうしてみれば、今の家族構成がもたらす跡継ぎやお墓の継承、最後の看取りなどお寺さんに相談すれば解決することもたくさんあると思います。

私もお寺さんが様々な取組みをされていることを目にすることはあります。本当に真摯に人助けをされている方はたくさんおられます。
ぜひ「敷居が高いから・・・」なんて言わずに、現代の聖に会ってみてください。
2017年5月19日 08:00
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~19時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方