『森田石材店あれこれ』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

秋のお彼岸の大売出しが始まります。

下中 昌代
こんにちは(*^^*) 滝野店の下中です。

9月16日(土)~24日(日)の9日間、森田石材店の本店、篠山店、滝野店では「秋のお彼岸、お墓の相談会」として、展示会を開催いたします。様々な墓石の展示をしております。後悔しないお墓づくりをお客様と一緒に考えて行きたいと思います。

20170916チラシ(滝野店)ol.jpg

墓石のご商談の方全員にちりめん金封ふくさのプレゼントもご用意しております。
KIMG0293.JPG



是非この「秋のお彼岸、お墓の相談会」にお越しください。

美味しいお飲み物もご用意しております。
2017年9月14日 08:00

大量の石のサンプル

森田 浩介
仕入れ担当の森田です。

当社は石屋ですから石のサンプルがあります。一般的に墓石に使われる石は花崗岩(御影石)とよばれるもので、その種類は100種類をゆうに超えます。

私は仕入れ担当なので、様々な商社や工場、時には採石業者の方までオススメの石、今後の有望な石などを紹介されます。その都度、石のサンプルがあります。

石は自然のものですので、その時の取り口や山の状況で色目が少しずつ違うこともあります。時期によっては全く別物ぐらい違うことさえあります。そんな訳で最新の情報を得るためにも、このサンプルは欠かせないのです。

とはいうものの、放っておくとドンドンとサンプルは増えるばかり。お客様にご紹介する(お渡しする)ものは通常に販売する定番の石のため、減るものには偏りがあります。ということで、私のところにあるのは、珍しいもの・売れないもの・信頼度が怪しいもの。でも、まれにこの石が役立つためになかなか捨てられません。ということで、サンプル置き場はエライことに・・・

一念発起してここを片付けることにしました。
すでに採石が中止になっているもの、複数枚あるもの、古くなって色が変わっているものなどを処分するとおよそ100枚になりました。

こうして見ると、多くの石が採石されては消えていっているのがよく分かります。特に国内の石材では、経営を続けるのが難しくなった石が市場から姿を消しているのはとても残念に思います。もっともっと私たちがそんな石の魅力を伝えていかないとならないのでしょう。
2017年8月29日 08:00

大雨でお墓が陥没

髙橋 圭司
髙橋 圭司
本店の高橋です。

今年は九州の大雨が大変な事になりました。
8月18日には私どもの地域でも・・・。

この日は多可町で大変な雨になったと朝のニュースで見ておりました。夕暮れ頃になってお客様から「雨でお墓に大きな穴が空いた。見て欲しい。」とのお電話。
翌日の朝早々に行くと、ご覧の通り

20170823修正.jpg

KIMG4876.JPG

付属品の物置テーブルはすっぽり穴の中に入ってしまっています。
穴は中で広がっていましたので、墓石や霊標本体にも倒壊の恐れがありそうでした。

いち早く技術部が駆けつけて処置、大事には至りませんでした。
他の要素も原因にあったのかと思いますが、自然の力はすごいですね。
2017年8月23日 08:00

イツキのデザイン ~Raindrop~

森田 浩介
仕入れ担当の森田です。

今回はイツキの看板商品?であるRaindrop(レインドロップ)をご紹介します。
もちろん、弊社にも展示しております。
itsuki_raindrop_02.jpg
私も初めてこのデザインを見た時には、
「なんじゃこりゃ!」
という感想でした。

「こんなん建ててくれる人おらんやろ」という正直な気持ちと「でも、あったら面白そう」という怖いもの見たさもあり作ってみることにしました。

ただ、技術的にかなり難易度が高いデザインです。ものを作るときには必ず「逃げ」の部分が必要となりますが、それがほとんどありません。つまり、失敗したら作り直しという効率からはかなりかけ離れた発想のもと作らねばなりません。

果たして、出来上がったものがこちら↓↓↓↓↓↓
raindrop at hikami.JPG

使用した石材は、
赤系:山東紅(中国マホガニー)
黒系:YKD(インド)

なかなか良くできていました。
実はこの商品は、すでにご購入いただき、無事某所に嫁入りしております。

それもあり、もう一基展示用に作成しました。しかし、棹石(仏石)の仕事が僅かに思惑通りではなかったため、再度、作り直しをしております。なかなか難しいです。

お盆までには、いいものを皆さんにお見せ出来ると思っております。ちなみに、現在は滝野店に展示をしております。
2017年7月19日 08:00

丁稚の自主練 ~文字彫りの練習~

森田 茂樹
森田 茂樹
今年の4月から3年間のお約束で研修生(当社では丁稚と読んでいます)がやって来ました。
彼は岐阜県出身、創業135年の老舗石材店の息子です。

私も若かりし頃、父に「他所(よそ)の飯を食ってこい」と言われ、愛知県岡崎市の石材メーカーに四年間研修生として住込みで修行をさせてもらいました。

実は彼のお父さんとは、この修業時代に通っていた夜間の職業訓練校(石材科)で同じクラスメートだったのです。とはいうもののお互いに顔を知っている程度でした。人のご縁ってどこで繋がっているかわかりませんね!

さて、彼にとっては初めての夏場になりました。本当にこの時期は一番辛くてキツイ期間です。私もこの時期は、何度となく石屋の息子に生まれたことを憎みました。

しかし、彼は私と違って大変真面目です。辛抱もいいですね!この暑さで夕方にはフラフラになるのですが、帰ってきてから文字彫りの練習をしています。

170715藤井.JPG

あまり無理をしない様に。

でも、12月にはたくさんの神社玉垣の彫刻があるので、それまでには彫れるようになれよ!
2017年7月16日 08:00
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~19時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方