『2018年2月』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

無縁塚の撤去

中道 祥貴
中道 祥貴
本店の中道です。

先日 自治会で管理されている墓地の管理委員の方からのご依頼で、無縁塚の撤去のご依頼がありました。

共同墓地の一角に ピラミッド型になっているものや、ひな壇になっているのを見かけた方もあると思いますが、今回はその塚をすべて撤去です。

2.28 1.jpg


2.28 2.jpg


積み込みには バックホー(ユンボ)のバケットの部分を特殊なつかみ(アイアンホーク)=(カニの爪みたいなヤツ) に付け替えて作業を行います。

これがなかなかのもので、積み込み作業を人の手に変わって 迅速に効率よく働いてくれます。つかんだ石は、ダンプカーに流れ作業のように 積み込み引き取ります。

2.28 3.jpg

2.28 4.jpg

山の様に積んである石を撤去していくのですが、見えない部分にも沢山にもあり、今回は40トンもの石を撤去する事になりました。


2.28 5.jpg


2.28 6.jpg


撤去したあとはキレイに整地して作業完了です。
2018年2月28日 08:00

西林寺墓地(西脇市坂本)

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。

今回は分譲墓地のご案内させていただきます。

場所は西脇市坂本の「あじさい寺」としても有名な西林寺墓地です。管理運営は西林寺墓地運営委員会ですが、当社からもご紹介は可能となっております。

---------------------------
・現在新規分譲地区は3㎡と4㎡ (主に4㎡)
・使用権分譲価格は10万円/㎡ (永代使用許可方式)
・管理費2,000~4,000円/年 (遠方の場合は5年分一括)
・宗旨宗派、国籍問わず
・お住まいも、近隣遠方を問いません
・ゴミ処分、水道あり
・その他使用要綱あり
---------------------------

西脇市内の立地で2m×2mの4㎡区画が40万円とはやさしい価格設定です。

KIMG1227.JPG
2018年2月27日 08:00

自然石への貫通工事

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

私たち森田石材店の受ける工事は、墓石に関することが多いのですが、今回は、自然石への貫通工事をご紹介します。
  
20180226-01.jpg
お寺に新しく作った池に、大きく豪華な石組みが池岸に建てられてします。

今回の工事は、そう内のひときは大きくそびえ立つ自然石に、30ミリの穴を約90センチ貫通させる工事の依頼です。
(キイロのラインで水が通る穴をつくります)

最終的に貫通された穴には、池からくみ上げた水を流して、滝のように流れている風景にしたいとのご計画でした。

20180226-02.JPG
ご住職から細かな指示をいただきます。
「ここに穴をあけて」

20180226-03.JPG
「ここのくぼみにいったん溜まってから、下に吹き出させて」

20180226-04.JPG 20180226-05.JPG
両方から位置を確認しながら作業をすすめます。

20180226-06.JPG
穴の位置、具合を確認してもらいながら・・・

20180226-07.JPG 20180226-08.JPG
穴が空いたので、試しに水を流してみます。

20180226.JPG 20180226-09.JPG
完成後、ご住職といっしょに出来栄えを確認しました。
いい具合に水が流れるようで、喜んでいただけました。

今回の貫通工事は、貫通距離がある為に前から開けた穴と後ろから開けた穴を繋ぎ合わせる工法を取りました。
見えない穴どうしを合わせるのは、なかなか難しい作業でした。小さなことでも、石に関することならなんでもご相談下さい。

2018年2月26日 08:00

仏壇の扉

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

以前のブログの仏壇扉の紋紗の部分的な傷みですが、「日光による傷み」が原因と考えられます。

一般的に仏間は、明るいほうが良いといわれますので昼間はカーテンを開けているお宅が多いと思いますが、今回のお客様も、昼間はずっとカーテンを開けておられます。窓と仏壇の扉の位置関係をみますと、日が当たる部分の下側の紋紗の劣化がすすんでいて、上側は日が当たらないので傷みが少ない状況です。

今は、普通のカーテンを使用されていましたので、UVカットのレースカーテンを使用されるようにお勧めいたしました。これで、「日光による傷み」は、随分と軽減されると思います。

扉の蝶番の青錆ですが、以前はぞうきんで拭きそうじをしていたとの事で、水分(湿り気)が原因だと思われます。どうしても固く絞っても水分は残ってしまいますので、それが青錆の発生になったのでしょう。扉を頻繁に開閉していれば、もっと早く気づいたのでしょうが、長い間開けっ放しの状態でお祀りされていましたので、この度初めて気がついたということです。

蝶番も新しく取り替えた扉で、お祀りされて下さい。
2018年2月25日 08:00

値段が高いと高い音?

井上
こんちは(^-^*)/
篠山店スタッフです☆彡

今回は仏具の鳴り物系のお話です。
鳴り物というと一番身近なのは「おりん」ですね。
りん.jpg
「チ~ン」と優しく響く音色は心まで浸み渡ります。

鳴物.jpg
その他、ご家庭にあるもの「木魚」「鉦吾」「木鉦」があります。
いずれも、読経をする時のリズムを整えるものです。
鳴り物は、宗派によって異なりますので、見たことも、聞いたこともない。
という場合もありますが意外と色々あります。

その中で、先日、杢魚を購入しに来店がありました。
おじさん.jpg
いえいえ・・・本当のところは違って、、、
杢魚は木で出来ていて、丸い形の中をくり抜き、空洞を作ることによって音が鳴ります。
KIMG0731.JPG
大きいと低くめ、小さいと高めの音がします。
その他、材質や鳴らす時に用いる撥によっても音の雰囲気がかわります。

それぞれ音が違うので、購入前には異なる撥で異なる大きさの杢魚を叩いていただいています。
お寺にあるような重みのある音をお好みなら大きめの杢魚を選ばれてはいかがでしょうか。

さて、そもそもなぜ杢魚というのか?
名前に入っているように、もともとの形は「魚」の形をした板だったようです。
魚は、日夜問わず目を閉じないので魚のように目を閉じず精進せよ。という意味もあったとか。
そして、彫刻は、魚の鱗のようなものがあります。
杢魚を逆さまにして見てみると・・・
龍.jpg
龍が向かい合って玉をくわえている彫刻になっています。(黄色が龍、緑が玉です。)
これは「龍頭魚身」といって「魚が化かして龍となる」という登竜門の故事によるものとされています。

なんだか奥深い話です。音もいろいろです。

ぜひ店頭で龍を見つけて、音試しして下さい☆彡
2018年2月24日 08:00
1  2  3  4  5  6

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方