HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

大きなお墓①

眞下 尚利
眞下 尚利
篠山店の眞下です。

現在、工事させていただいている、お墓づくりの話です。
現場は三木市吉川町で、「大きいお墓」というのは、墓地の大きさです。

20181012大きなお墓 (1).JPG
間口5.5メートル、奥行き8.1メートルで44平方メートルの墓地の大きさです。

20181012大きなお墓 (2).JPG
私もこんな大きな墓地のお手伝いをさせていただくには初めてです。
墓地が低い所にあり、土が墓地内に流入しています。
上の写真でもわかるように墓地の周りを囲んでいる巻石が見えなくなっている所があるのがわかると思います。

工事初日は既存碑と巻石の解体と2日目に基礎ベースをする為の土出しの作業です。

20181012大きなお墓 (3).JPG
土に埋まっている巻石を掘り出していきます。

20181012大きなお墓 (4).JPG

20181012大きなお墓 (5).JPG

20181012大きなお墓 (6).JPG
出できました。

20181012大きなお墓 (7).JPG
巻石は元の所に据え直すのでナンバリングして、一旦墓地の外に出します。
また、この巻石の上に玉垣を据えるので、洗う作業も必要です。

20181012大きなお墓 (8).JPG

20181012大きなお墓 (9).JPG
工事初日は終了です。2日目に巻石の下に基礎コンクリートをして、養生の為に約10日後に工事再開です。
次回も続きます。
2018年10月12日 08:00

こんな場合の墓地の継承は?

森田 浩介
仕入れ担当の森田です。

お墓を継承する際にも様々なケースがあります。
先日、墓地の使い方について、複数の方がおられる場合のご質問がありましたのでご紹介します。


Q.お墓を二人で継承することは出来ますか?

墓地には「一墓地一祭祀主宰者」という原則があり、継承者は必ず一人と決まっています。

お墓は長い間に継承されていくものなので、今はお互いに何のトラブルもなくても、先々はどのような形でトラブルになるのかも分かりません。ですから、墓地の継承者は一人となっています。

但し、お墓の継承は長男とは限りません。後々のことをお考えの上、お決め下さい。

話はズレますが、お墓と仏壇の二つを二人でそれぞれ継承することは可能です。とはいうものの、一般的ではありませんので、その際には十分に検討してください。


Q.ひとつの墓地を二つの家で使えますか?

両家墓という考え方があります。

少子化の影響に伴い、最近では一人っ子同士や長男長女の結婚も珍しくありません。両家のお墓が近いところにあれば両方をお墓詣りすることは可能ですが、遠方にある場合には管理が行き届かず放置されてしまう場合があります。そんな場合に考えるのが「両家墓」という方法です。多いのは、ひとつの墓石に両方の苗字が入っているものです。

では長男と次男がどちらも所帯を持っていて同じ墓地を使っていいものか。この場合には仕切りを入れてでも別にしておく方が無難です。
2018年10月11日 08:00

石の位牌

中道 祥貴
中道 祥貴
本店の中道です。​​

数年前に位牌を作らせて頂きました。
↓下の写真をご覧ください。

20181010石の位牌2.jpg

お分かりになりますか?

左が通常の塗りの位牌、右は石でできた位牌。


20181010石の位牌1.jpg

細かい細工もしてあります。

普段この石の位牌はお墓に納めてあります。
お墓なので当然屋外です。

屋外・・・と言っても納骨室にあるのですが、石で出来ているので、とても良い状態で残っていました。

今回、ご不幸があり 追加の彫刻をするので、お墓から取り出しましたが、彫刻が完了すれば、またすぐに納骨室に納めます。
2018年10月10日 08:00

一緒にお墓に入ろう

義積 由香里
義積 由香里
こんにちは、本店の義積です。

10月のこの時期は秋祭りがあちこちで行われいます。窓を開けて仕事をしていますと、元気な子供の「わっしょい!」という声が聞こえてきます。お神輿を引いているのでしょうね。

突然ですが、あなたがお墓に入るとすれば、誰と入りたいですか?ご結婚されているのであれば、自分のパートナーと思い浮かべますか?

嫁いだら、姑や舅やと共にずっとお墓に入るのは当たり前?更に「墓守りは長男の役目」「お墓の引っ越しはどうする」

そんな話がたくさん出てくる興味深い本に出会いました。本のタイトルは「一緒にお墓に入ろう」です。銀行のエリート社員の主人公、旦那のお墓に入るのを拒否した妻、主人公と長年密かに関係を持っていた愛人の三人が奔走するお墓の「墓じまい」がテーマの物語です。

20181009一緒にお墓に入ろう.jpg

話の内容がとても面白いのですが、ここの物語を書かれた方は丹波市山南町の方なのと、主人公の実家は丹波市の設定なので福知山線が出てきたり、関西弁が出てきたりするのでとても親近感が湧きます。

私は本好きなので読むペースがもともと早いのですが、この本は3時間で一気に読めました。読書の秋に読んで見られたらいかがですか?(^-^)

2018年10月 9日 08:00

玉垣を一新します<最終回>

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。

前回は、玉垣の固定まで紹介致しました。

玉垣仕上げ2.JPG

樋受の固定金具もステンレスでオーダーにて新調させて頂きました。

足元にあります会所桝も砂利やゴミで中が詰まってしまって排水が出来ていない状態でしたので、設置位置を少し高めにし、配管のパイプも交換しました。

今回の工事で玉垣は新品に変えましたが、その他のものはリフォームで生まれ変わりました。

例えば...こちら

玉垣仕上げ3.JPG

狛犬や灯籠は洗浄をし、30余年ぶりにお化粧をし直し、新品同様な姿に生まれ変わりました。これで心機一転、今年の秋まつりは新たな気持ちで催されますね。

玉垣仕上げ1.JPG

2018年10月 8日 08:00
前へ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方