HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

玉垣改修工事~基礎工事~

中道 祥貴
中道 祥貴

本店の中道です。​​


氷上町の神社の玉垣の改修工事です。


↓施工前・柱にヒビが入り大分傷んでいます

20190513日間神社(基礎) 1.JPG


20190513日間神社(基礎)2.JPG


↓写真では分かりませんが、笠石もグラついています

20190513日間神社(基礎)3.JPG


20190513日間神社(基礎)4.JPG


↓笠石、柱、土台の解体作業です

20190513日間神社(基礎)5.JPG


20190513日間神社(基礎)6.JPG


↓撤去が完了

20190513日間神社(基礎)7.JPG


20190513日間神社(基礎)8.JPG


↓型板をして、鉄筋入りの基礎ベースをします

20190513日間神社(基礎)9.JPG


20190513日間神社(基礎)10.JPG


↓基礎工事の完成です

20190513日間神社(基礎)11.JPG


20190513日間神社(基礎)12.JPG


ただ今、コンクリートが固まる期間を設けています。

5月の末までには完成の予定です。


2019年5月13日 08:00

猫足から丸布団へ

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。

先日お墓の建碑法要が無事終了しました。

こちらの墓地は姫路なのですが、周囲には比較的大きい石碑が並んでいます。
施主様も「周りより大きく。とまでは言わないが、立派なものはしたい。」と亡くされた奥様の事も思われてのご相談でした。

昔ながらのお墓が多く、猫足と呼ばれる加工部分が使われておりました。
最近は強度の問題等もあり、この猫足はあまり需要はありません。

ですので、今回はスリンと言われる丸布団を模った部材をご提案しました。

KIMG9152.jpeg

竿石をしっかりと座布団に鎮座して頂けるのはもちろん、高さも20㎝程高く出来ます。

足元の仕上げはもちろんファイバーレジンを施しました。
これで周囲とのお墓と違わない、それ以上の立派なお墓が建ちました。

KIMG9195.jpeg

2019年5月12日 08:00

高台からの移設

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。

今回のご紹介は、高台にあったお墓を菩提寺の墓地に移設したお話です。
20190511_03.JPG
20190511_05.JPG

お客様からは、
眺めのいいところにあるのお墓けど、坂もきつくお墓に行くまで辿り着くのが大変。
足が悪くなったこともあり、年々お参りに行くのが難しくなり、お参りのしやすいところへ移りたいとのご希望でした。

20190511_01.JPG20190511_02.JPG

確かに、この道を、お花やお供え物、水を持って登るのは大変です。
ということで、移設することになりました。

20190511_04.JPG

移設するにあたり、古いお墓は撤去し、代々墓は引っ越しします。
他の家と間違わないように、印をつけます。

20190511_07.JPG

印を付けたものを撤去or移動。

20190511_06.JPG

撤去した夫婦墓は、お寺の供養塔へ納めました。

20190511_08.JPG

供養塔へ納めた石塔の方は、五輪塔で祀りました。

「先祖が眠ってるところから新しい移すことに少し悩みましが、後の代のことも考えて菩提寺にある境内墓地に移すこときっと先祖も喜んくれてると思います。」と喜んでいただけました。

20190511_010.JPG

当日は、晴天で桜が満開というこれ以上ないというシュチュエーションで開眼式を迎えることが出来ました。

2019年5月11日 08:00

お仏間のリフォーム完成

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

百か日の法要に合わせてお仏壇が完成いたしました。

まず、掛軸を正面よりまた前に座った状態にて、天井からの吊り加減を調整しながら設置していきます。今回は、ご本尊(大日如来)の大きさより1サイズ両脇(不動明王・弘法大師)を小さくした掛軸にて設置しておりますが、両脇も同じ大きさにて設置する場合もあります。

そして、祭壇掛けを全面に敷いて、上に防火と防水のためにガラスを各段(4段分)を敷きます。あとは、仏器膳に仏飯器・湯のみと高月にて日々のお供えをし、鋳物製の花立・灯立て・香炉を置きます。

完成1.JPG

このあたりでは、一般的には初盆までは白木のお位牌でお祀りされますので、白木のお位牌を納めてお花・お供えものをして完成です。

ひな壇下の地袋の襖・部屋の襖も同時に貼り替えをしましたので、非常に明るく気持ちよいお仏間になったと喜んでいただけました。

完成3.JPG
2019年5月10日 08:00

身につける手元供養

井上
こんにちは(^-^*)/
篠山店スタッフです☆彡

先日、ご来店いただきましたお問合わせ仏具?品のご紹介です。
「知人に遺骨を入れるペンダントみたいなのがあると聞いたのですが、ありますか?」と。
20190510_01.jpg
あります。これは、オープンハートのシンプルなペンダントです。
一般的なペンダントと大きさはたいして変わりません。
では、何が違うのでしょう。

そして、どこに遺骨を入れるのか。どれくらいの遺骨をいれるのか・・・。
20190510_02.jpg
ペンダントトップの裏を見てみると、小さなネジのようなものが付いています。
ここから遺骨を入れます。
20190509_03.jpg20190509_04.jpg
専用の工具が付いているので、それでネジを緩めます。そしてこの小さな穴に遺骨を入れます。
20190509_05.jpg
遺骨を入れるポケットの大きさは、口径:3mm程。米粒1つ程を紙の上に取り、細かくしてから入れます。
専用の黒い紙が付いていますので、紙をこのように筒状にして遺骨を入れます。
ペンダントにはいろいろな種類があります。
20190509_06.jpg
ご利用された方の声によると「毎日一緒にいれる」「一緒に出かけられる」という声が多いようです。

以前にも、広がる手元供養ということでご紹介いたしましたが、供養の方法はいろいろあります。

何か、形にしたいがどうしたらよいか。とお悩みの方は、一度、ご相談下さい。
2019年5月 9日 08:00
前へ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方