HOME>【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

お寺で婚活♡~冬~

義積 由香里
義積 由香里
本店の義積です。

寒さが一段と厳しくなってきました。車のタイヤもスノータイヤに交換し、着実に冬の準備が整ってきました。私は雪国(?)から出勤するのでスノータイヤは必須です。車も四駆ですが、雪の道の運転は本当に怖くて緊張します。まだ今年は積雪はしていませんが、出勤の日はどうか降らないで~!と祈るばかりです。

さて、このブログで過去にもご紹介しましたが、またお寺さまより婚活の案内をいただきました。大好評いただいている「お寺婚活・吉縁会」です。

20181212お寺で婚活1.jpg


20181212お寺で婚活2.jpg

初めての方は登録日に登録受付されるお寺にご本人が行き、和尚様と面談し、申込書に記入します。お寺様がご仲介され、費用も一切かかりまんので安心できる会です。本番となる「吉縁会」は来年2月、5月に行われます。人生の伴侶をお探しの方は、ご参加されてはいかがですか?

私は婚活には全く関係ありませんが、来年も多くの方に出会い、良いご縁に恵まれたいです(*´▽`*)

2018年12月12日 08:00

お墓を建てる人にとって大切なもの

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。

お墓を建てるに際して一番重要視するもの、大切にするものとは一体何でしょうか。
石種?大きさ?価格?見た目?・・・人により様々だと思います。

今回お手伝いさせて頂きましたお客様のことをご紹介します。
敷地は2.2m✕1.2mと横に長く、墓地の周囲には9寸角~10寸角で芝台付も見られ大きいお墓がたくさん建っている墓地です。

旧墓地には古碑が2基ありました。このお客様は「この古碑を新墓地に移設したい」と言われました。こうなると周囲のような大きさの代々墓石は出来なくなります。それを説明すると・・・

「このお墓、この家は私の代で終わりです。だから本当はお墓も無理して建てなくてもいいんです。けど先祖さんはみんなこうやって頑張ってお墓を建てて、祀ってきました。だから私もこれは宿命というか供養というか・・・恩返しなんです。これせんと私は死に切れません(笑)」

と明るくお答えになりました。

「だから大きくなくてもいいんです。見下ろされてもいいんです。今できる精一杯のことしたら、それでいいんです。」

この時、この言葉のおかげで何か少しだけ成長出来た気がしました。

大切.JPG
2018年12月11日 08:00

デザイン墓と外柵工事の様子

園中 憲二
園中 憲二
篠山店の園中です。
  
今回はデザイン墓と外柵工事の様子を紹介します。

20181210_01.JPG
1)工事前
 既存の区画はそのままに、内側に新規の外柵をつくります

20181210_02.JPG
2)墓地全体をユンボで土を掘り起こします

20181210_03.JPG
3)割栗石を敷きます

20181210_04.JPG
4)割栗石の上に砕石を敷きます

20181210_05.JPG
5)ランマーで踏み固めます

20181210_06.JPG
6)納骨場所と排水穴を設置し鉄筋を配筋します

20181210_07.JPG
7)コンクリートを流し込みます

20181210_08.JPG
8)10cm以上

20181210_09.JPG
9)延石と延石との組合せの所は、ステンレスの金具を取り付けます

20181210_010.JPG
10)外柵内に採石を入れランマーで転圧します

20181210_011.JPG
11)お墓の下になる部分に納骨堂を据付ます

20181210_012.jpg
12)竿石と台石との間に免震施工をします
(施工方法に一部企業秘密がありモザイクがかかっています)

20181210_013.JPG
13)これで墓石据付は完成。

20181210_014.JPG
14)最後にファイバーレジン施工をして、さらしを巻いて完成です。


20181210_017.jpg

今回、墓誌にワンポイントでシャクナゲの花を彫刻することになりました。

20181210_016.JPG
作成したシャクナゲのイラストは原寸大原稿にし、配置や大きさをお客様に最終確認していただき彫刻します。

20181210_015.JPG
亡くなったお父さんが、毎年シャクナゲの花を咲かせていたそうです。
故人への強い結びつきを感じられるお墓になりました。

20181210_018.JPG
建碑式と納骨式を終えて、これでひと安心できました。とのお言葉をいただきました。

当社では、新規墓石建立の場合において、上記のような工事の記録写真、建碑式(開眼式)の記録写真を冊子にしてお客様にお渡ししております。
一生に一度、大切なお墓づくりのサポートをいろいろな面からさせていただいております。
2018年12月10日 08:00

広すぎるお墓の区画決め

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

4m×7mの広さの墓地があり、広すぎるので部分的に使って代々のお墓を建てようと考えていらっしゃるお客様との「区画決め」についてのお話しです。
西本幸道家建立場所1.jpg

隣のお墓との境界は、通路として60cm空けて、区画割りをしました。水糸を延石の高さに合わせたかったのですが、先祖様の石碑がまだある状態で台石が当たりますので、鉄筋を使用して区画の大きさのみの丁張りになっております。

丁張り1.JPG丁張り2.JPG

後日、墓地にてお施主様と立会いをしてOKならば、最終確認として町の墓地役員さんとの立会いをする段取をしております。
建墓までの一部をご紹介させていただきました。
2018年12月 9日 09:00

ロウソクの火を安全に消す道具

井上
こんちは(^-^*)/
篠山店スタッフです☆彡

毎日のお仏壇のお勤めにかかせないロウソク。
ロウソクの火は、小さいころから「吹いてはダメ」と言われてきたと思います。
なぜなのか・・・調べたところ
仏教では、人間の息は「穢れたもの」「不浄のもの」として認識されている。
から。
20181208_rousoku01.JPG
このように、手であおいで消す。が主流です。
が・・・。なかなか消えない時ありますよね。そして意外と熱い。。。20181208_rousokukeshi00.jpg
そんな時はコレ↑ 「ロウソク消し」がオススメです!
20181208_rousokukeshi02.JPG
使い方はいたって簡単!
20181208_rousokukeshi03.JPG
ロウソクの火にふたをするように上からかぶせるだけ。
20181208_rousokukeshi04.JPG
一瞬で安全に消すことができます。

消した後は、かぶせた部分が熱くなっていますので、ご注意ください。

これからの季節は、とくに火の元に気をつけたいです。

安全に確実に消せるこのアイテムは、各店に置いていますので
お問合わせください。
2018年12月 8日 08:00
前へ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方