【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

祭壇掛け

吉田 正和
吉田 正和
滝野店の吉田です。

仏壇のリフォームを承る時に、よく敷物の交換をいたします。今回は、敷物についてのお話しさせていただきます。

当地域は「半間・約90cm}の造りつけのお仏壇が多く、通常の祭壇掛けでは巾が足りません。間口の広いお宅では、「一間」のお仏壇もあります。祭壇掛けの一巾の仕上がり寸法は、65cmですから「半間」でも20cm程度足りません。ですから柄をあわせて縫い合わせることになりますが、お客様の希望のサイズにて納めさせていただけます。

生地継目.JPG

このような仕上がりです。
写真の中央付近をご覧下さい。

規定の寸法にて縫い合わせた金襴の生地の裏には、唐草牡丹の白生地を使用して仕上げます。弊社で納めさせていただく金欄生地は、赤と紫の金襴で、各々3種類の中から選んでもらっております。

白・裏生地.JPG 生地見本紫.JPG  生地見本赤.JPG 

紫の一番左の金欄にて仕上げた祭壇掛けで、「半間」のお仏壇に納めさせていただきます。

SK3紫.JPG SK3紫裏地.JPG
2019年6月13日 11:00

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方