『2019年3月』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

万成石の自然石

森田 茂樹
森田 茂樹
代表の森田です。

万成石は岡山県産のピンク色の(桜みかげ石)として墓石にもよく使われていますが、今回は自然石を探しに行きました。

万成丁場3.jpg

たくさんの自然石が積み重なっています。「気になる石があれば出しますよ」っと言われ石を探していると巨大なバックホーが登場しました。

大きなハサミが付いていて・・・何と12トンまで掴むらしいです。巨大な石をあっという間に除けていただき、気になる石を2~3個出してもらいました。

万成丁場4.jpg

この石が第一候補です。約3トンの重さです。お客様に気に入ってもらえたら購入します。
2019年3月31日 08:00

灯籠って何のためにあるの?

藤井勇輔
滝野店の藤井です。


まだまだ新人で日々勉強中の身なので、お墓を見た際に

「なぜこの形をしているんだろう?」「この部材はどういった意味があって置かれているんだろう?」
と疑問に思う事がまだまだたくさんあります。

そんな私が最初に思ったのが
「お墓に灯籠があるのはなぜなんだろう?」という疑問です。

灯籠付きのお墓.jpg

大小さまざまありますが、このような灯籠が付いたお墓をよく目にします。

ではなぜお墓に灯籠があるのか?

それは、灯籠が火をあらわしお墓を守るという意味があるそうです。

また、灯籠の側面にはこのように
太陽と月.jpg

画像手前には太陽が、奥には月が彫られています。

これは、昼も夜も照らしていて、1年中火をともしているのと同じ功德をしているという意味があるそうです。


日々勉強していると、他にもお墓や仏事の「これってどういう理由があるんだろう?」と思う事が多いです。
これからも日々気づいた「なぜだろう?」を紹介していきます。
2019年3月30日 08:00

お墓参り写真コンテストのお知らせ

山崎 倫子
本店 山崎です。

3月も、もう終わりですね。月日のたつのは本当に早いです。東京では早くもお花見の楽しそうな様子がテレビで放映されていました・・この辺はもう間もなく開花といった所でしょうか。早く満開の桜が見たいです☆彡

さて、今年もまた、お墓参りフォトコンテストの時期がやってきました。

これは、お墓100年プロジェクトが主催で、今回で第8回目となります。お墓100年プロジェクトとは・・・「お墓って本当にいいものだ」ということを一人でも多くの人たちに理解し、知ってもらいたいという願いが込められています。その取り組みの一つが、このお墓参りフォトコンテストです。

笑顔でお墓参りをしている様子・また手を合わせる祈りの姿・お墓掃除の様子・・なんでも大丈夫です!是非、素敵な写真を撮って応募してみてください。

大賞は、なんと5万円!!その他にも、各賞用意されています。昨年の応募は少し少なく、29点だったそうです。今年はいくらくらいの応募があるかわかりませんが、昨年程度なら大賞も狙えるかも!?(^^)是非、メッセージをつけて応募してください!

応募期間は、5月31日(金)まで

応募者1人につき、応募は1点。写真は、データでも、現像したものでも可能です!


これから、暖かい季節がやってきます。ふと思い出したら、お墓参りへ出かけ素敵な写真を撮ってみてくださいね!
フォトコン2019.jpg
2019年3月29日 08:00

新元号は何に?

福島正弘
福島正弘
滝野店の福島です。

お彼岸も明けましたが、皆様はお墓参りには行かれましたでしょうか?

お墓に行かれると「霊標(墓誌・戒名板)」を目になさることもあると思います。

ご先祖様の戒名・法名や俗名、命日などが彫刻されており「そろそろお爺ちゃんの○○回忌法要の時期やな・・・」などと思い返されることもあろうかと思います。

沢山のご先祖様がおられるご家庭では、明治や大正、それ以前の元号が彫刻されている方もおられます。

20190327

稀に西暦で彫刻されるケースもありますが、ほとんどのご家庭ではこの様に元号を用いて彫刻をなさいます。

予定では4月1日に発表され、5月1日から新たな元号が施行されます。

5月以後の建立でご依頼を頂いておりますものにつきましては、石塔の後ろに彫刻させていただくことが多い建立年は保留になっております。

私たち石材店にとりましては、西暦よりもなじみがあり、関係が深いのがこの元号です。新たな元号は何になるのか?様々な憶測が飛び交っておりますが、あと数日後の発表を待ってスムーズに移行してまいります。

20190327 2

2019年3月28日 08:00

急勾配な敷地のお墓④

中村 淳
中村 淳
滝野店の中村です。

前回からの続きです。

建前k.JPG

代々墓の建前が終わり、続いてひな壇上部の既存墓石の据付です。

今回のおうちは江戸時代から続く旧家で今の施主様で8代目になります。
そうすると必然的にご先祖様のお墓も多くなります。

今回は敷地のスペースの問題もあり、戒名が彫刻されている部分(竿石)のみを残して据え直しすることになりました。

既存碑据付k.JPG

ご先祖様の順番や墓石の大きさも考慮して並べていきます。

次に仕上げです。
今回の墓地は杉林の中にあり落ち葉も多いので掃除もしやすく防草対策にもなるお馴染みのファイバーレジン施工をしていきます。

ファイバーレジン1k.JPG

ファイバーレジン2k.JPG

さらしを巻いて完成です。

完成k.jpg

段差ができた部分は元々あった石を使って階段にしました。

またそれ以外にもご親切の方のお墓の移設と初代の方の自然石のお墓の花立をリフォームしました。

移設k.jpg

花立リフォーム2k.jpg

10日間ほどの大工事になりましたが無事完成いたしました。

前後k.jpg

先日、開眼式も終わり参列者の方にも喜んで頂けたようでした。

開眼式k.jpg

2019年3月27日 08:00
1  2  3  4  5  6  7

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方