『2018年10月』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

トンネルの銘板~②~

山崎 倫子
本店 山崎です。

さて、先日このブログでトンネルの銘板が入荷した事を書きました。

その後です・・・
文字が本社へ到着し、さっそく実寸に合わせます。手書きですので、機械でカットする事が出来ませんので、手で写して、手でカットです。この時に出来る限り忠実に、綺麗にカットします。

トンネル文字カット.JPG

一文字の大きさが、約40㎝程度あります。前回、記載したように2枚で1枚ですので、1枚にトンネルの「ンネル」の3文字が入っています。そして、こののち彫刻に取り掛かりました。

文字彫刻担当者に話を聞くと、通常の石塔「◯◯家之墓」と「建立年月日、建立者」を彫刻するのに、2~3時間かかるのですが、このトンネルの銘板1枚。ですから、この「ンネル」の3文字を彫刻するのに、おおよそ1日かかるそうです。大きく深く彫刻しないといけないので、かなり大変な作業になります。

彫刻が終わって、白色を入れた分がこちらです。

トンネル彫刻後.JPG

この後、周りのゴムシートを外して銘板は完成です。あとは、取り付けるだけになります。
2018年10月31日 08:00

知人からの相談

福島正弘
福島正弘
滝野店の福島です。

先日、私の知人からも相談がありましたが、皆さまは「墓じまい」という言葉はご存知でしょうか?
当社のブログでも度々掲載されておりますし、「何を今さら」とおっしゃる方も多いかもしれませんが、最近よく耳にするこの「墓じまい」という言葉、意外にも「お墓を無くしてしまうこと」と思われている方が多いように思います。


「墓じまい」の定義
墓じまいとは本来「管理が出来なくなったお墓を撤去して、遺骨を取り出し、新しいお墓に移すこと」です。
墓じまいという言葉は、最近になって誕生した造語であり、それまでは「改葬」という言葉が使われていました。


改葬の一連の流れとして
① すでに建っているお墓の閉眼供養(魂抜き)したあと、お骨を取り出す
② 元のお墓を撤去して更地に戻す
③ 新しい墓地にお墓を建てる(墓石の移動もしくは新規建立)
④ お骨を納め開眼供養をする
こうしたことから、墓じまいとは「お墓を無くし、供養を放棄することではない」ということがわかります。


「墓じまい」が注目される理由
墓じまいが注目されているのは「お墓が遠くてお墓参りに行けない」や 「今後、お墓を守ってくれる人がいなくなる」という方が増え、その背景にある「無縁墳墓(継承者が不在となった墓)の増加」という社会問題が影響しているのかなと思います。


墓じまいという言葉が普及する一方で、墓じまいに対する情報は十分であると言えません。墓じまいにあたって、離檀料をめぐる菩提寺とのトラブルや、親戚関係とのトラブル等々・・・。意外と忘れがちですが、お墓は親族皆さんのものになります。まずはご家族で十分に話し合われることが大事だと思います。

2018年10月30日 08:00

オリジナル文字のお墓

中村 淳
中村 淳
滝野店の中村です。

今回のお客様はお墓の建て替えでした。
秋のお彼岸前の法事に合わせて、今ある夫婦墓を代々墓に建て替えるという案件でした。

ご供養を大変熱心にされていて、お墓に対するお考えもしっかりお持ちでしたので、今回は庵治石をおすすめさせて頂きました。

打ち合わせもスムーズに進み、彫刻の打ち合わせをさせて頂いた時です。
「こちらでいくつかオススメの書体で見本を作ってみました。」
と、文字CADソフトで作成した見本をご提案しました。
するとそれを見たお施主様が、

「う~ん。。。もうひとつやなぁ。一回娘に相談するわ。」

とおっしゃいました。

習字の先生でもされているのかなと思い尋ねてみると、書家をされているとの事でした。

私は鼻息も荒く、
「是非とも娘さんの字で彫刻しましょう!!」
とご提案致しました。

そうして完成したお墓がこちらです。

墓石全体.jpg

正面文字の拡大がこちらです。

正面拡大.jpg

裏面がこのようになっております。

裏面拡大.jpg

お施主様は、墓石に水をかけたときに彫刻部分に水が染み込んでいくのを見て墨で文字を書いていっているようだと大変お喜びになっておられました。
庵治石の目の美しさ、柔らかさと文字がマッチして思わず見とれてしまいます。
社員一同だけでなく、開眼式の際にご住職にからも
「いやぁ~、これはいいお墓ですね」
とお言葉を頂きました。

文字CADソフトも進化していますが、やはり手書きの文字には及びません。
可能な限り、お施主様の書かれた字をおすすめします。
そうすることで、お墓に対するご家族の思いも変わってくるのではないでしょうか。

最後になりましたが大変有難いアンケートを頂戴しましたのでご紹介いたします。

アンケート(稲垣家).jpg

2018年10月29日 08:00

大きなお墓②

眞下 尚利
眞下 尚利
篠山店の真下です。

前回に引き続き、墓地が大きいお墓づくりのお話をさせていただきます。

20181029大きなお墓② (1).JPG
工事前です。

20181029大きなお墓② (4).JPG
前回から、巻石の下に基礎ベースコンクリートをして、巻石を元の所に据え直していきます。

20181029大きなお墓② (2).JPG
もともと、長方形の区画ではなく、巻石の長さも違います。
それを長方形の区画にしたので、このような隙間ができてしまいました。
巻石の厚みも違うので、少し曲がっていますが、金具で固定しました。
これでズレることはありません。
隙間は目地を入れます。

20181029大きなお墓② (3).JPG
角も金具で固定して、セメントを流し込み、ネジの緩みがないようにします。

20181029大きなお墓② (5).JPG
新しく代々墓や霊標を建てて完成しました。
巻石の上には、高さはあまりないですが、玉垣をしました。

20181029大きなお墓② (6).JPG

20181029大きなお墓② (7).JPG

地元に住んでおられず、大きいお墓なので、管理が大変だと思いますが、末永くお墓を守ってもらいたいと心から思ったお手伝いでした。
2018年10月28日 08:00

春のお彼岸の仕事はお早めに!①

森田 浩介
仕入れ担当の森田です。
今日はとても仕入担当者らしいお話です。

10月も下旬にさしかかりますと、私の仕事は年末モードになります。それは、中国で加工した商品が入ってくるタイミングが年末に近くなってくるからです。


お彼岸まで何ヶ月もあるのに
きっとこの様に思われた方は多いのではないでしょうか?確かにまだ何ヶ月もありますので、さほど急ぐ必要はないように思います。もちろん、すべて国内で加工する場合は全く問題はありませんが、中国で加工するとなるとなかなかそうは行かないのです。その理由は中国の春節と日本の春のお彼岸にあります。


中国の春節
来年2019年の春節は2月5日だそうです。この日がいわゆる元旦です。日本でも同じですが、大晦日まで仕事はしませんよね。つまり、その前の週でほとんどの工場が仕事じまいをします。

中国人にとって春節は最大のイベントです。すご~いお祭り騒ぎです。まさに待ちに待ったお正月です。そしてその休みは1週間以上はあります。また田舎ほど長く休みを取りますので、実際には1ヶ月近く工場が止まってしまう場合もあります。


日本の春のお彼岸
お彼岸までにお墓をキレイにしたいとおっしゃる方は、昔に比べて減りましたが、それでもそれなりにおられます。日本人にとってはお彼岸はひとつの節目になっています。特に春の彼岸は、寒い時期から暖かくなるタイミングですので、多くの工事が集中することになります。
この春節のタイミングが、お彼岸前の工事のタイミングに重なってしまうため、石屋さんの業界ではアタマが痛い問題になっているのです。


ギリギリは怖い!
ではどんなリスクがあるのでしょうか?

1.期日に間に合わない可能性がある
2.仕事が悪い商品が入ってくる可能性が高くなる

そして一番怖いのが...
不合格品がごまかされて入ってきてしまうことです。

これはどんなに注意をしてもゼロにすることが出来ないのが悲しいところです。ですから、余裕のある時に良い加工をしてもらい、しっかりと検品をして、いいものを納めてもらうことが最優先となります。そのための余裕になります。

次回へ続く
2018年10月27日 08:00
1  2  3  4  5  6  7

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~18時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方