『2017年1月』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

想いの詰まったお墓

中村 淳
中村 淳
滝野店の中村です。

お墓はどれも同じに見えますが、実はそれぞれに個性があったりご家族の想いが詰まっています。

最近では従来の和型のお墓だけでなくデザイン墓も増えています。
思い思いの形にしたり、手書きの文字や絵を刻んだりします。

私が好きなのはSF小説作家の星新一さんのお墓です。
小学校や中学校の教科書にも載っていたこともあって、子供の頃はよく星さんの小説を読んでいました。
SF小説作家にしてはシンプルで、どことなく癒される風情があって私は大好きです。

星新一墓.JPG

先日あるお客様との打ち合わせの中で、生前ご主人が大変車が好きだったというお話を伺いました。
その想いを形にしたいと思い、石の車のオブジェを飾ってみたらどうかとご提案しました。

細かい加工が多かったので、私の予想に反してかなり高額になりましたがご家族様には大変好評を頂きました。

ビートル図面.jpg
設計図

ビートル.JPG
完成品

また打ち合わせのお部屋で拝見した家族写真が、皆さんとてもいい笑顔をされていました。
お話を伺うと最後に行った家族旅行のお写真とのことでした。
場所は和歌山県の千畳敷。
お墓には、その千畳敷をイメージして諏訪鉄平の石張りを施しました。

鉄平.JPG

私はまだまだ未熟者ですが、少しも早く先輩方のように
お客様の想いがいっぱい詰まったお墓を提案できるようになりたいです。
2017年1月31日 08:00

リフォームあれこれPart1~玉砂利交換~

眞下 尚利
眞下 尚利
篠山店の眞下(ましも)です。

お墓も家と同じで、建てて数十年経つと気になることも出てきます。
お墓は建てられた方から、時々お問い合わせがあります。

「この前、お墓参りに行ったら、◯◯が気になるのですが・・・」
「どうも、ウチのお墓が乗っている、グルッと囲んでるやつが、歪んできているようやねん」

このようなお問い合わせがあった時のお墓のリフォーム(手直し)をした例をご紹介させていただきます。


まず、最初は玉砂利の交換です。
お墓は屋外にありますので、どうしても枯れ葉が落ちたり、草が生えたりして、玉砂利が汚れたりします。

先日、三田市で玉砂利を交換をしました。

P1320013.JPG

こちらのお家は、ご不幸があり、霊標(戒名を彫刻する板)に彫刻する依頼に追加して、玉砂利交換しました。

P1320014.JPG

お墓の後ろ側に竹やぶがあり、雑草だけでなく竹の葉も多く落ちています。
そして玉砂利を交換すると、このように↓↓

P1320028.JPG

このように玉砂利を交換するだけで、キレイになります。


P1320027.JPG

ご納骨の際には、参列の親戚の方々もキレイになって、喜んでおられました。


玉砂利も、さまざまな種類をご用意しています。
まずは、どんなことでも構いませんので気になることがありましたら、相談してくださいね。


2017年1月30日 08:00

ノミの音

中道 祥貴
中道 祥貴
本店の中道です。

カーン カーン カーン ・・・・
この時期になると仕事が終わって人影のない工場から
小刻みに何とも心地よい音が聞こえてきます。

ノミで石を叩く音です。

施工部の者が石材施工技能士(加工作業)の
試験を受けるので その練習をしています。
今回は一級技能士を受験する1名です。

試験の内容は みかげ石を電動工具を使わず
昔ながらの道具を使っての手加工で
浮き彫り紋様のある規定の
寸法・仕上げに加工するといった内容です。

石材施工技能士には
石材加工作業・石張り作業・石積み作業がありますが
現在 森田石材店には石材加工部門で
 一級石材施工技能士5名、二級石材施工技能士6名の
資格保持者がいます。



 
練習風景 
KIMG0672.jpg



奥:加工前の石(右)と作業中の石(左)  手前:加工の道具

KIMG0675.jpg




実は私も資格を持っています。
しかし今はなかなか腕の見せどころの仕事はありませんが
 こうして一度身につけた技術は一生身体が覚えています。

2017年1月29日 08:00

加古川市営日光山霊園のご案内

髙梨 剛
髙梨 剛
滝野店の髙梨です。

最近、お客様より「息子らは町に出てしまってるから...」と口にされ、お墓を建てる事を躊躇される方をよく見受けられるようになったと感じます。

昔の霊園の暗いイメージとは違い最近の霊園は明るいイメージのものが増えてきました。
私がおススメする霊園を一つご紹介します。


加古川市にある「加古川市営 日光山(にっこうざん)墓園」です。

広大な敷地にゆったりとした広さの区画、和・洋問わず様々な墓石が山へ向かって雛段のように建てられています。
トイレやごみ箱、休憩所に自販機と施設もしっかり整っています。
そしてこの墓園は加古川市外の方でも申し込みが出来るので、弊社も昔から墓石工事をさせていただいております。

西脇市や加東市から車でわずか30~40分の便利さ。
年3回のお墓参りの時期にはJR加古川駅から直通バスも出ますので、町からのアクセスも心配ありません。

※合祀墓もございます


KIMG0049.jpg

KIMG0062.jpg

くわしくは加古川市ホームページをご覧ください。
http://www.city.kakogawa.lg.jp/shiseijoho/kakogawashinoshisetsu/sonota/nikkoyamaboen



2017年1月28日 08:00

自然石のお墓は縁起が悪いの?

森田 浩介
仕入れ担当の森田です。

Q.自然石のお墓は縁起が悪いのか?

A.全く問題ないと私は思っています。

昔は石の加工が高価だったため、自然石に文字だけ刻んだものが多くありました。
特に身寄りの無い方のお墓はこういったものが多かったため、
自然石のお墓はイメージが悪かったのかもしれません。

それを見て後から、「縁起が悪い」「血縁が途絶える」と言ってしまうのはどうかと思います。
地域の名士と言われる方の墓地には、立派な自然石のお墓をお見受けすることがあります。
供養のために建てられるお墓が、災いを起こす種にはならないでしょう。

さて最近では、自然石のお墓は一時より増えています。
近年の画一的なお墓の形から様々なデザインのお墓が建つようになったと同時に、
その真逆で、自然の石の美をそのまま使ったお墓を好む方も増えてきました。
使用する石も、全国の銘石の味わいのあるものになっています。

例えば、
能勢黒石(大阪府)

他にも使用できる石は、全国にたくさんあります。
特に、研磨仕上げでは捨てられてしまう「皮」や「サビ」部分は、
むしろ歓迎され味わいのあるものになります(使われ方次第ですが・・・)。

私たち石屋から見ると、自然石はとても魅力があります。
加工された石と、自然を残した石とでは、受ける「力」が違います。
石が保つ力が感じられるお墓って素晴らしいですね。
2017年1月27日 08:00
1  2  3  4  5  6  7

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~19時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方