『2009年2月』【ブログ】 兵庫の墓石店「森田石材店」

「先祖の話」を読む会

森田石材店

12日は「柳田國男『先祖の話』を読む会」の理事会に
参加してきました。

会場は銀閣寺近くの「白沙村荘」という所。
ここは画家の橋本関雪記念館なのですが、
ここの庭がスゴイんです。

個人の庭が「国の名勝」となっています。

30年かけて作ったといわれる庭には、本人が集めた
石造物があちらこちらにあり、さながら展示会のよう。

ここで昼食&会議を行いました。

会議後、西村金造さんの展示場にお邪魔しました。
新しく制作中の庭(展示場?)はすばらしいものでした。

石を知り尽くした使い方は、学ぶべきところばかりです。
これからも頑張らねばと思いました。

2009年2月14日 10:25

高校の恩師と一杯

森田石材店

先日、高校時代の恩師とお酒を飲む機会がありました。

ちょうど定年退職を迎えられ、そのお祝いも兼ねての一杯でした。
当時の裏話も聞けて、本当に楽しいひとときでした。

そんな中で印象に残った言葉があります。それは、

「教育者として定年を迎えられたのは、子どものお陰や・・・」

でした。先生は自分の子どもに

「やりたい事は何でもやれ。ただ不祥事だけは起こすな!
もし不祥事が起こったら、お父さんは即、退職をする」
  
とだけ常に伝えられたそうです。だからこそ、
「つつがなく定年を迎えられたのは、子ども達のお陰」
というセリフになったのだと思います。

先生お疲れ様でした。

2009年2月 9日 11:07

技能士の交流会

森田石材店

平成20年度兵庫県技能士大会に行ってきました。

今回は当社 宮脇の昨年のグランプリ大会3位の表彰と
来月開催されますの全国技能士グランプリ兵庫大会の
決起大会があり参加いたしました。

決起大会は立食パーティーで私のテーブルは出場選手ばかり。
職種、年齢層も様々で、お話をしていると、それぞれの分野の
職人としての技術の奥深さを感じました。

同じ丹波市出身の女性の方(洋裁技能士)に

「手作業で作る服とミシンや機械で作る服では
違いはあるのですか?」

と質問しました。すると、

「やっぱり違いますよ。とくに「襟」などは、
微妙な柔らかさが出ますね。・・・」

なるほど!!まったく私も共感しました。

石の加工も同じで、機械でカットすると定規も吸い付くほど
真っ直ぐな面ができますが、温かみはまったく出ません。
手加工は、微妙なふくらみ(むくれ)を作ることができ、
何ともいえない温かみのある「わびさび」の作品となります。

そんな会話をしながら、お互い「兵庫県」のゼッケンを背負った
プレシャーを噛み締めた決起大会でした。

2009年2月 8日 10:55

44歳になりました

森田石材店

年を重ねるスピードが年々加速していく感覚は、
みなさん同じだと思いますが、本当に一年が早く
感じられます。もう44歳になりました。

さて、この年まで健康状態はすこぶる順調だったのですが、
昨年の健康診断以来、血圧が高いのが気になっています。
(チョッとやばい?)

そのおかげか、現在禁煙中です。
もう2週間になります。
このまま止められそうな気もしますが、まだ辛いです。

禁煙と同時にダイエットは非常につらいのですが、
体重も10キロぐらい減らさないとまずいと感じています。

しかし体調も会社も同じだなと感じます。
健康な状態というのは少し足りないぐらいで丁度です。
人が余っているようでは、血液の流れも悪くなります。
気を引き締めていかなければなりませんね。

2009年2月 1日 21:27
1

お問い合わせの後のしつこい営業は一切行いません

0120-4-14830 受付時間 9時~19時 年中無休(土日祝日も営業)
メールでのお問合せははこちら
このような方はお気軽にお問い合わせください
  • お墓について相談したい方
  • 無料小冊子を請求したい方
  • 墓地について相談したい方
  • 工場見学をしたい方